【トップギア試乗】トヨタ bZ4X:優秀だけど、ルックス以外は際立ったUSPがない

ドライビング

ドライビングはどんな感じ?
実力派。それがbZ4Xから受ける最も大きな印象だ。スペインの超スムーズな道路を走ると(オフロードセクションは別として)、ハンドリングは良好だが、重く感じられ、心地よさに向かう途中に陰があり、夢中になってしまうとアンダーステアになりやすくなる。視認性は良好で、ステアリングは正確だが、この種のクルマにその必要はないだろう。乗り心地もなかなか快適だ。ただし、典型的なイギリスのB級ロードのような荒廃した路面では、どうなのかはわからない。気になるのは、ワンペダルのブレーキ回生が、ワンペダルというほどアグレッシブでないこと。トヨタとしては、もっと使い勝手をよくするための改良が必要だろう。ブレーキペダルを使わないのに慣れると、驚くほど速くなる。その代わり、フリクションブレーキは良好で、十分簡単に調節することができる。

パワートレインの中身は?
71.4kWhの中型バッテリーをシャシーにストレスなく詰め込み、重量バランスも良く、駆動方式も2輪と4輪から選択可能である。フロントドライブのみのバージョンは、200ps強の出力と長い航続距離、2モーターバージョンは、基本的にモーターの出力を半分にし、各アクスルに1つずつ搭載して218psとし、馬力の増加が重量増に打ち勝てるようにしている。トップギアはデュアルモーターバージョンにしか乗ったことがないが、速いというより軽快で、100km/hを超えると加速が著しく鈍る。トヨタがbZ4Xに、首が飛ぶような加速をわざわざ与えていないのが興味深い。(改善と)進歩は、温和で…革新的でもある。変な言い方だけど、電気駆動系のスムーズさを最大限に生かし、適切に感じるようになっているんだと思う。トップギアは、204psのユニットが車の両端に収まるかどうかを尋ねたが、どうやら収まるようなので、408psのbZ4Xの可能性が明らかになった。もし、トヨタのモータースポーツ部門にそれをぶつけて、GRbZ4Xを手に入れられるならば、素敵な世界になりそう。

航続距離とチャージについて、買う前に教えて
bZ4Xには150kWのDC充電が標準装備されており、大型の急速充電器で10-80%の充電が約30分、より一般的な50kWで70分で完了する。初期型は6.6kWの交流、2022年以降は11kWの三相交流となるが、三相は産業用電力であるが、倉庫に住んでいる人でなければ、あまり違いはわからないかもしれない。ヒートポンプも水冷式バッテリーと同様に標準装備されているので、効率は限りなく高いはずだ。そして、トヨタはこのバッテリーを長く使うことに自信を持っている。- 保証書の内容からも、そのことがお分かりいただけると思う。
事業資金エージェント「ファクタリング」申込プロモーション

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/45686/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ