ワーストカーオブザイヤー:なぜBMW XMが2023年最悪のクルマなのか?

ワーストカーオブザイヤー:BMW XMが2023年最悪のクルマである理由。その証拠に、BMWの顧客は、実際には、「そのバッジのついたものなら何でも買う」わけではない。

いや、見た目の問題だけではない。猥雑なBMW XMは2023年最大の失敗作である。というのも、どのレベルにおいても成功していないからだ。それを作っている会社にとっても(まだ)。説明しよう。

デザインとしては明らかに大惨事だ。高級車としては、乗り心地が固すぎて操作にイライラする。スポーツカーとしては、まとまりがなく、あまりにバラバラで運転が不器用。ファミリーカーとしては、高価で汎用性がない。ドラッグレーサーとしては、パワフルな4WDの中ではそれほど速くない。ハイブリッド車としては、効率性を追求した形だけのものだ。

一部の車(M3ツーリングなど)は、圧倒的な差で、クラス最高に位置している。たいていのクルマには、それぞれの小さな勝利と独自のセールスポイントがある。X6だって、そのStyled-By-Quasimodo(ノートルダムの鐘に出てくる特徴的で不格好な人物)的な後姿をどう思おうと、運転すれば紛れもなく感動的だ。

しかし、XMは単純に機能しない。他のどのクルマよりもうまくこなせる仕事はなかった。そしてBMWは、あらゆる場面で他車から(BMW自身のX5Mを含めて)圧倒され、打ち負かされるクルマの見返りとして、104,860ポンド(1,895万円)を支払うよう求めている。

もしBMW XMエンジニアを、あなたの話術でかなり楽しく会話させ、同時に何か後悔や悲しみを感じて何かを言いたい状態にさせられた場合、彼らはおそらく、これは無謀なマーケティング部門からダイレクトに送られてきた、あまりにも呪われた仕事だとこぼすと思う。’X'と'M'の世界は、X5Mに期待されるのと同じくらいうまく組み合わされているのだと。彼らはベストを尽くした。勇敢に努力した。しかし、彼らの抗う力は、この動かせない物体を動かすには十分ではなかったのである。

今がクリスマス前のお祝いムードでいっぱいの時期であることは知っている。すべての男性、女性、子供、池の生命、そしてグロテスクで派手な腕時計に隠れてウインカーが見つからないBMW X4のドライバーにさえ、陽気さをもたらし、地球の平和を祈るべき時なのだ。

というわけで、あなたの心の奥底のモヤモヤを晴らしてあげよう。XMは大失敗だった。XMを拒絶したのは、Mカーのファンや不機嫌面のモータージャーナリストだけではない。市場も同様だ。2024年第3四半期、BMW USAの販売台数は第2四半期を下回り、その数でさえ数百台だった。

本来、米国はXMの幸せな狩猟地であり、その放漫なサイズと冒涜的なエクステリアが気分を害することはないはずだった。しかし、XMを特定のディーラーのショールームから撤去するために、ステッカー価格から1万ドル(145万円)を値下げしたと報じられた後も、XMはそこまで普及しなかった。ここでの教訓は、SUVはやりすぎてもいいのだ、ということ。BMWのバッジを付けたものでも、販売チャートの上位を席巻しないものを作ることは可能なのだ。

BMW M部門のボス、フランク ヴァン ミールは反抗的だ。彼はトップギアに対し、XMが数字を残せなかったのはBMWがちょっとしたミスを犯したからだと語っている。

そのミスとは?750bhpのXM 「ラベル レッド」をあまりにも早く公開しすぎてしまったこと。可能な限り攻撃的なSUVを求める人というのは、もっと味気ない仕様が控えているとわかれば、普通のバージョンに満足しないことがわかったから、だと言う。

だから、XMはこの先、BMWにとって良い結果をもたらすかもしれない。そして、いつも期待されていたような、ドル製造機の機能を持った牛のような存在になる可能性もゼロではない。しかし、それは素晴らしいMカーとして覚えられることはないだろう。まともなものの半分にさえ至っているとは言えない。さて、M5ツーリングが楽しみだね。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




=海外の反応=
「BMWは、M1以外のどのBMW製品よりもこれがMをよりよく表していると述べている。彼らは完全に道を見失ってしまった」
↑「これが彼らの最大の失敗であってほしいと思う。それが彼らがやり方を変える唯一の方法だから」
↑「それは失敗ではない。すべての買い手は、ちょうど隣により良いバージョンが待っているだけなんだから!」
↑「隣においてあったら、見えないようにしておけば問題ないよね」
「BMW Xシリーズは取り柄のないスタイル。ほとんどの場合、これまで見た中で最もひどい車だ。BMWの新しい加熱シートを使用するためのサブスクリプションサービスと組み合わせると、それを所有する人は味気ないピエロになる」
「BMWが世界で最も魅力的な車を作ってきたと思うと驚きだ。なお、彼らは最も醜い車も作り出している。どうして1つの会社が一つの極端からもう一つの極端まで行ってしまうのだろうか?」
「とても醜いが、少しずつ成長するものが最も記憶に残るかもしれない」
「M3 CSLは良かったな」
「そうだね、2002年のスタンダードまたはターボ、または507ロードスター、M1、85年の325i、そしてイセッタも。私はそのくらい年配だ。祖父もそれを所有していたし、メッサーシュミットもね(笑
BMWには素晴らしいカタログがあるけれど、彼らは2010年代後半にビジョンを失ってしまった。90年代から2000年代初頭のツーリングも美しかったね」
「目、僕の目がーーーー!」
「この車は、私にとって自動車業界の現在の状態を最もよく表している。これを発売した後、BMWは環境目標や炭素排出量などにまったく興味を持っていないと宣言すべきだ。実際、これを機に、この車は彼らの無関心の最良の証拠なので、彼らは電気自動車全体の非現実的なことを放棄すべきだ」
「確かに60年代のバットモービルのニュアンスがあるけど、60年代のバットモービルらしいかっこよさは一切ない」
↑「むしろバットモービルのように、BMWも架空のコンセプトに基づく架空の車であれば良かったのにと思う」
「この言い訳にもならない車に同じように思っているのは私だけじゃなくて良かった。X4/X6もひどい。なぜか、自分を良く見せるものと考える人によって選ばれたクルマだ。私は常に過剰な虚栄心は危険だと考えており、これらの車は運転を考えるには虚栄心の過剰摂取が原因だと考えている」
「シトロエンはXMの名前を手放してはいけなかった。結果は見ての通りだよ」
「何という、嫌悪感を抱く車だろう。クリス バングルのデザイン時代の製品も、これと比べても美しく見えるよ。信じられないけど、これほどのエンジニアリングの遺産を持つ企業が、時間の経過とともに販売された最も美しい車を生産してきたにも関わらず、道を見失ってしまった」
「中国での販売台数と世界中での販売台数を知りたい」
「目が開けられない…結膜炎かもしれないけど」
「発売された瞬間から、これは惨事だと思っていた。そして実際に自宅の近くで見た後、もっと悪く見えた」
「ヨーロッパで一度見た。BMWの個別の色で「吐き気色」と呼ぶべき緑色だった。この車にとても適しているようだ」
「運転したことがある。あまりにも大きく、あまりにも重苦しく、正直言ってあまり速くない。なぜならそれはその重量を引っ張り回さなければならないからだ。Mの最も微細な解釈でも、これはM車ではない。実際、iXは運転すると楽しいし、内装は素晴らしい。ただし、BMWファンでも愛せない顔が付いている。M部門にとって大きな失敗だ。ヴァン ミールがどう言おうとね(彼もBMWのデザインに感染した「顧客を侮辱する」精神を持っているようだし)」
「アルピナ XB7は彼らの最高のBMWの大型SUV」
「この車は既に売却していなければ、その存在だけで私の心を傷つけただろう」
「卑劣なもの」
「マーケティング部門の誰かが、Mansoryのような会社が過去数十年間行ってきたことを見て、これらの過度に高価な在庫の怪物のほとんどからさらに多くのお金を引き出せるようになる方法を模索していると思う。BMW、言いたくないけど、カスタマイズや醜いデザインの仕事は彼らに任せておけばいいじゃん?彼らの方があなたよりもうまくやっていて、少なくとも彼らは車両の全生産ラインを台無しにしないよ(笑」
「完璧なFxxk車だよね(悪口を含む車)」
「XMが2023年の最悪の車なら、新しいC63は何でだろう?」
↑「GLC63の後、3番目に最悪」
「2023年の最悪の車?余裕があってそれを手に入れることができれば、たくさんの人がそれに乗っているだろう」
「もし私が150,000ドルもの車を買うことができる素晴らしい財政的状況にあるなら、間違いなくこの車ではないだろう。『グレムリン2』の中のあの女性/混乱したグレムリンの車版に等しい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65852/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ