【試乗】レクサス LM:超VIP市場に「頼もーう!」と道場破り


インテリア
室内はどう?
横尾貴己チーフエンジニアは、「超多忙なゲストやアクティブなライフスタイルを送るゲストが、自然体の自分に戻れる空間を作りたかったのです」と語る。LMは、日本の伝統的な「おもてなし」「快適さ」「利便性」を重視するレクサスの理念「おもてなし」をベースにしている。これらの人々は、それが流行する前から「ウェルネス」のアジェンダを推進しており、LMのリアコンパートメントは、ロールス・ロイス ファントムの脇で最も落ち着ける空間であることは間違いない。いや、正直なところ。

まずはシートから。レクサスはファーストクラスの空の旅からインスピレーションを得たと言っているが、LMのチェアはおそらくそれ以上だろう。なぜか?ミニバンはジェット機ではないし、シートは通常より高い位置に取り付けられているからだ。重心の位置が問題になり、揺れを感じたり乗り物酔いをしたりする可能性がある。LMの椅子は乗員の視線を安定させ、構造上の特殊なフォームや素材が低周波振動を抑え、構造上のサイドワイヤーが姿勢を改善する。

ヘッドレストは、首だけでなく背中の上部からもサポートし、体幹をより確実に保つ。ヒーターとベンチレーション、エアポケットランバーサポートシステム、7段階のマッサージ設定がある。その結果、これまでに経験したことのない最高のシートとなった。ヒーターはレッグオットマンとアームレストにまで及ぶ。もちろん、シートはほぼ完全にフラットに折りたためる(下図参照)。7人乗り仕様も同様だ。

LMのリアコンパートメントの他の部分は、あらゆる意味で静かで印象的だ。レクサスは控えめな装飾を施し、使用されている素材は比類のないもので、硬質プラスチックはほとんどどこにも見あたらない。各乗員は取り外し可能なスマートフォンサイズのタブレットを持ち、シート、オーディオ、空調、電子ルーフと窓のブラインド、アンビエント照明(癒し、リラックス、興奮(!)、集中、爽快の5つのムードテーマで14色)をコントロールできる。ルーフパネルは、この機能の一部を複製し、ジェット機を連想させる雰囲気を深めている。設定はワンタッチボタンでパーソナライズして保存できる。すっきりしている。

「Takumi」の装いの4シーターLMには、マグネシウムダイキャストのフレームに収まったキャビンパーティションがある。どことなくニューヨークのタクシーを彷彿とさせる構成だが、その他の領域では優れている。上部にはガラススクリーンがあり、ボタンを押すことで瞬時に上げ下げ、調光することができる。また、赤外線表面温度技術を使って乗員をスキャンし、それに応じてキャビンの雰囲気を調整する温度センサーも装備されている。これは、nanoe™-X2空気清浄技術を使用してウイルスやアレルゲンを最小限に抑えるLMのいわゆるクライメイトコンシェルジュと一体化している。この不安の時代には二重にありがたい。

パーティションの下には、LMの目玉のひとつである48インチのウルトラワイドスクリーンモニターがあり、15度傾けて最適な位置で見ることができる。フルスクリーンとしても、シネマスクリーンとしても、また左右のスクリーンを分離して異なるコンテンツを表示することもできる。また、2台のノートPCを接続して2つのインターフェイスを作成し、折りたたみ式のトレイテーブルを使用してLMをモバイルオフィスに変身させ、移動中にZoomやTeamsのミーティングを行うこともできる。

コンテンツはどのようなデバイスからでもストリーミング可能で、広大なリアセンターコンソールにはHDMIポートが用意されている(7人乗り仕様では、ルーフから小型の14インチスクリーンが折りたためる)。BMWのi7に搭載された自慢のシアタースクリーンよりも見やすいが、それでも少し頭を回転させることができる。

オーディオは特注のマークレビンソン3Dサラウンドサウンドシステムから供給され、4人乗りのLMでは23スピーカー、7人乗りでは21スピーカーが使用される。素晴らしい。そこそこの大きさの冷蔵庫もある。

大きな窓は向きを保つのに役立ち(サイドの窓は下げることができる)、後席の乗員が何となく吐き気を感じるのは、LMが曲がりくねった道を急かされるときだけだろう。レクサスは室内に絶対的な静寂を追求していない。断熱材、気密性、防音ガラス、アクティブ・ノイズ・キャンセリングのすべてが、ほとんど修道院のような静けさをもたらす。4人乗りのLMには、5層構造のヘッドライニングも採用されている。このクルマのほとんどは、空港でのランや街中での移動に使われるだろうが、その快適さは最高級のままだ。そう、この日本製ミニバンは、ロールス・ロイスのライバルとして高い信頼を得ているのだ。

ドライバーの注意散漫を最小限に抑えるため、Tazuna(手綱/これは乗馬の騎手が自分の馬を直感的に制御できるという用語)の原則が採用されている。センターコンソールの位置は高く、インフォテインメントインターフェースは使いやすい。フロントシートは、従業員との関係強化のため、後席とほぼ同じ座り心地だ(不機嫌な運転手は誰も望まない)。中央には大きな収納ボックスとカップホルダーがあるが、ドアのものは妙に浅い。

使用されている素材は模範的なもので、日本の伝統的なYebaneヘリンボーンウッドトリムが随所に使われている。ステアリングホイールにはベンガラレッドの顔料まで使われている。そして、もちろん!- クライメートコントロールのノブには面取り加工が施されている。

明らかに、このクルマには多くの工夫が凝らされている。この大きさにもかかわらず、駐車も簡単だ。

スコア:7/10




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/10/64094/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ