これがワンオフの550bhp、シークレットなBMW M5 CSL:昔、BMW MがV10搭載のM5をアップグレードし、モンスターを創造したっけ…

上の写真を見て、あなたが何を考えているかは分かっている。これじゃまるで「リングタクシー」じゃないかってことでしょ?自分もニュルブルクリンクを走り回るプロトタイプを完璧に変装させるためだったのだろう、って思っていたんだが、この施設を運営するハリーによると、このカラーリングは後から追加されたものなのだそう。E60 M5は歴代のM5の中で最もハードコアなモデルだ。そもそも、M5には波があると思うんだよ。E39 V8という比較的ソフトな車種があったかと思えば、この車種はその逆の流れになったし。その次のF10は、ちょっとずんぐりな感じだった。おそらく、試行錯誤しながらスイートスポットを探していたのだろう。

ここで重要なのは、これまでで最も妥協のないM5を作ろうとしたこと。そして、それをさらに強化した。標準車はS85自然吸気507bhpの5.0リッターV10で、ピークパワーは7,750rpmだが、8,000rpmをはるかに超える回転域に達するのが好きなモデルだった。7速シーケンシャルマニュアルギアボックスと組み合わされ、当時でさえ、ちょっとしたモンスターカーとして見られていた。

これらの秘密のCSLには、あるプロセスが存在する。あるアイデアが持ち上がり、カジュアルなプロジェクトに発展する。それがきっかけとなり、開発車両が発注される。フィージビリティスタディが行われる(商業的に実現可能か?会社の収益になるか?)。そして、エンジニア、マネージャー、デザイナーは、自分たちが良いものを手に入れたと確信したら、役員会にそれを提案する。しかし、ほとんどのプロジェクトはここで失敗に終わるものだ。

BMW Mが、秘密のCSLを動画で公開:驚愕のM5 CSL、M6 CSL、M2 CSL、そしてV8 M3 

だがこのプロジェクトは、そこまで至らなかった。時間の経過とともに失われた理由、あるいはBMWが明かしたくない理由により、E60 M5 CSLは死産となったのである。何が行われたかを示す視覚的な手がかりがある。ナンバープレートがあるべき場所に追加されたグリルが見える?これはV10が5.4リッターにボアアップされたため、冷却性能を高めるために必要なものだ。出力は550bhp程度。ダイナモで測定したわけではないので、正確にはわからないけどね。

それよりも大きなニュースは、ギアボックスだ。マニュアルに換装するのではない。BMWは、この未来を見据えた一台のために、人気のあるアフターマーケットの後付けを計画していたわけではない。E92型M3と同じツインクラッチギアボックスを搭載しているのだ。

そして、重量に着手した。インテリアは見事にミスマッチで、一体型のレカロは最後の最後にボルトで固定されたように見え、リアシートの代わりに使用されたフロッキングは袋状になっている。それでも、100kg以上の軽量化が達成され、それが常に目標であったにもかかわらず、達成されなかった。このクルマも、他のCSLも、BMWは何が原因で死んでしまったのかを明言しないので、その舞台裏を知って喜ぶか、あるいは、そうなっていたかもしれないことを悲しむか。

私は、Mのエンジニアがリングタクシーに乗り込み、不気味な笑みを浮かべている姿を想像してしまうのだ。

BMW MがワンオフのシークレットなM2 CSLを製作:もう少しで市販化された480bhpのM2


=海外の反応=
「基本的に彼らはすべての車をCSL化し、後でマーケティング部門を通じて一日中泣きわめくことができるようにしたのである。たかが開発プロジェクトに執着して、今さらそれを誇示するようでは、外の世界はおろか、社内の重役にさえ通用しない、これらのクルマの欠陥が大きいことを示すだけである。そして、このクルマの悪名高きV10が、ここでさらにパワーを出すという負担を負わされていることには、触れないようにしよう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50743/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ