待ってたよ、僕らのCSL!軽量化されて550psになったBMW M4 CSL

CSL。この文字列の組み合わせは、これ以上ないほど象徴的なものだ。しかし、BMWがこの文字を使うのは、この50年間で3度目になる。その希少性こそが、この文字に力を与えているのかもしれない。さらに、2003年に登場したE46 M3 CSLは、間違いなくMカーの決定版であり、これまでで最高の車であることも事実だ。

とはいえ、この新型M4 CSLは、BMWが今年50歳を迎えることを祝う、いや、むしろ積極的に祝うべき結果なのかもしれない。ちょっとした自分へのご褒美っていうわけだ。しかし、それだけではない。もうひとつのプレゼントは、750bhpのハイブリッドSUV、XMである。おいおい、頼むから、そっちは勘弁してくれよ。BMW Mがはっきりと考えているような未来予想図でないことを祈るばかりだ。

私たちが愛し、理解しているMの話に戻ろう。まず、パワーアップと軽量化。なぜなら、それらは常に記事の見出しになるからだ。100kgの軽量化で合計1,625kg、39bhpのパワーアップで直6ツインターボは550psに。0-100km/hは3.7秒、0-200km/hは10.7秒、最高速度は307km/h、そして小さなことにこだわるなら燃費は10.2km/LとCO2排出量は222g/kmだ。

しかし、リア駆動であるため、通常のM3 xDriveの方がスタートダッシュのスプリンターとしてはかなり優れている。時速97km/hまでのタイムは3.2秒。というのも、単純な物理学では、より少ない重量とより多くのパワーがより多くのスピードをもたらすとされているけれど、他のことが重要なのだ。

たとえば、こんなことがある。GTSのバッジは、過去2世代にわたってアップグレードされたM3/M4が付けていたものだ。BMW Mのエンジニアリング責任者であるダーク ハッカーは、次のように語っている。「CSLは軽量化、GTSはサーキット走行に特化しており、ロールケージやウイングも装備しています」これはいいニュースでしょう?軽量化されたクルマは、まず公道を走り、次にサーキットを走ることを目的としているのだ。

というのも、CSLに独自の個性を与えるには、おそらくダイナミックな変更がより重要だから。まず、車高が8mm落とされている。これは大きい。次に、各コーナーに1つのコイルをつける代わりに、セカンダリー・ヘルパー・スプリングがある。これにより、主にメインスプリングがシートに接触するようになり、ハードなドライビング時のコントロール性が向上している。同様の理由でアンチロールバーも新しくなり、フロントアクスルのスイベルベアリングによってよりキャンバー角が大きくなった。

リアアクスルでは、アッパーコントロールアームとサブフレームをつなぐゴムマウントがソリッドボールジョイントに変更され、サブフレームもメインシャシーにボルトで固定されてリジッド化された。さて、通常のM3の際立った要素のひとつは、そのリアアクスルの精度の高さだ。これは一体、どうなっているのだろう?

CSLは、これらの変更により、さらに集中力を高め、ハードにプッシュしたときに発生する重量や浮きを解消することができるようになった。しかし、それは低速域でのことである可能性が高い。チタン製エキゾーストバックボックス(4.3kg減)は、より鮮明なノイズを約束し、15kgの防音材を排除して音量と透明度を向上させ、軽いコーナー(新しいホイール、タイヤ、ストラット、そして最も重要なカーボンセラミック・ブレーキにより21kg減)により車はよりきれいに舵を取り、より穏やかな乗り心地になるはずである。

エンジンそのものは、ほとんど昔のままだ。直6のモノスクロールターボ(1つはシリンダー1-3、もう1つはシリンダー4-6)は、1.7気圧から2.1気圧で吹き出すようになり、エンジンマネジメントも調整された(これだけでもスロットルの挙動に大きな違いが出るはずだ)。エンジンルームは、複雑な新型アルミ製のブレースで補強されている。F80のようなカーボン製ではない。どうやら特性が違うようだ。ギアボックスはツインクラッチではなく、オートマチックのままだ。シフトチェンジがより速く、よりハードになるように調整されているが、それでもまだ静かだ。少なくとも、後輪しか駆動しないのだから。通常のM3/M4では、xDriveが採用されているが、ここでは違う。

では、その他の主な軽量化について、大まかな変更点を挙げてみよう。それは主にキャビンに関するものだ。背もたれが固定され、スパナで高さを調節できるシートは、ベース車より24kgの軽量化(ただし、カーボン製スプレイレッグシートは14kgの軽量化)。後部座席を取り払い、トランクトリムを取り外すと、さらに21kgの軽量化となる。カーボンボンネットはアルミ製より1.2kg、曲線的なカーボンブーツリッド(E46への直接のリンク)は6.7kgの軽量化だ。そのほか、フロアマット、キドニーグリル、オートエアコンの廃止(ただし、エアコンを完全になくすことはできない)などがあるけれど、中でも私のお気に入りは、新しいフィラメント製リアライトクラスターだ。400gの軽量化をもたらしている。

その結果、パワーウェイトレシオは292bhp/tから333に向上している。これは、標準的なアルファ ロメオ ジュリアQVの330bhp/tよりもわずかに優れているに過ぎない。0-100km/hのタイムはわずか0.2秒短縮されたが、その半分は標準装着のミシュラン カップ 2 Rタイヤによるものと思われる。だが、この控えめな速度の向上は、BMWが他の方法でこのクルマを差別化したことを意味しているので、不思議と勇気づけられるのだ。ダイナミックな方法で、その魅力を高めてくれるはずだから、大いに期待している。

簡単に歴史を振り返ってみよう。CSLバッジがE9 3.0 CSLに初めて付けられたのは、1972年に遡る。BMWは欧州ツーリングカー選手権への参戦を目指し、CSLはそのためのホモロゲーションカーとして誕生した。50年を経ても、その軽量化戦略は変わらない。ドア、ボンネット、トランクはアルミニウム製、窓は電動ではなくパースペックス製で、さまざまな装飾や防音材も省略された。1,265台が製造され、CSLは70年代に6回ドライバーズ選手権を制覇した。

その後、2003年までバッジが眠っていた理由はよく分からない。E30 M3でBMWはEVOタグを採用し、E36ではGTを採用した。CSLはE46 M3で復活。カーボンルーフ(全備重量110kgのうち7kgを削減)とカーボンエアボックスを初めて採用し、他にはない吸気音を実現したこのクルマは、しばしば「精力的」という言葉で語られるようになった。

このクルマは、さらに2,500kgの重量がある。現在の911 GT3が207kgも軽いのに、軽量化とは言えない。2003年当時、両者の重量差はわずか3kgだった。1,380kgと1,383kgの差である。BMWが体重を増やしたのに対して、最新の992型GT3は18年間でわずか38kgしか増えていないのだ。

とはいえ、M4 CSLがニュルブルクリンクで7m15.677秒のラップタイムを記録した、BMW史上最速のトラックカーであることも言うまでもない。言っておかないといけないのは、これは前述のポルシェよりも20秒遅いタイムだってこと。だから、CSLのフィロソフィーをM2に適用するのがより理にかなっている段階なのだ。

ホワイト、ブラック、グレーのモノクロームカラーで、英国での価格は125,900ポンド(2,000万円)からとなっており、「鶏の歯(存在を見ることができないもの)」GT3とほぼ同額で、おそらく同様に定員オーバーの人気となるだろう。全世界で1,000台のうち、英国ではわずか100台しか販売されない。E46 CSLが上陸したときには、1,383台のうち422台が販売され、36%だったが、今回は10%。世界市場は明らかに変化しているのだ。このままXMに傾倒していかなければいいんだけどね…。

=海外の反応=
「横と後ろから見るとマスタングみたいで、まあいいんだけど、正面から見ても、これまたドイツのマスタングみたいで、まあ好みの問題だ。幸せなことに、求める人は多くはないだろう。速度制限を下げる世界になったのに、我々はまだ同じスピードゲームに興じているのは奇妙ではないか」
↑「1,000kgが軽かった頃を思い出す」
「この記事で紹介されている車種は、M4でしょ。M4にはマニュアルがあるんだから、マニュアルギアもあるべき」
↑「F1&フェラーリとかもそうじゃん」
「5年後に故障してリサイクルに出されるまでは、とても楽しいだろう。その前に盗まれなければの話だけどね」
「数が少なすぎて買えない?あ、じゃあグリルをもっと醜くすればいいんだね」
↑「ドライバーは見えないから気にしないさ」
「このような形で、M4が少しはマシに見えるようになったのは、予想以上だった。でも、フロントはまだゴテゴテしているし、M4のプロポーションは、昔とはとても変わっているね」
「'100kgの軽量化でトータル1,625kgを実現'とあるが、クーペのスポーツ・ライトウェイトは、これだけか。もう、軽量化の方法がわからないみたいだ。
これなら、'CS'だけで十分だったのでは?もしくは、CSU(クーペ・スポーツ・アグリー)とか。
また、この車はヨーロッパでは165,200ユーロ(2,200万円)もするそう。オプションをつけたらそれ以上だ。ちなみに、E46 CSLは113,000ユーロ(1,525万円/インフレ調整後)だった。
で、このCSLは?このクルマは、もしかしたらすごいクルマかもしれないが、この金額では絶対に無理。それなら新品のGT3を買った方がいい。
そして、グリルが修正されていないので、醜いまま(これは主観ではなく、事実)」
↑「たった1,000台の「CSLを復活させる」ことの意味を理解していないようで、今時の量販メーカーでそんなことをするメーカーがあるのだろうか?BMWはMが存在する前からやってたんだから、半世紀以上前からってことだよね。メルセデスがコスワースを買収し、AMGを買収せざるを得なかったのはなぜだと思う?ヒュンダイNや他の量販メーカーのチューナーラベルはどこから来たと思う?どんなロータスやシビックでも3,000ポンド(1,360kg)以上の重量がある。ジョー アキレスのM3で助手席に乗っているYouTubeを見た人は知っているように、それは重要な重量に対するパワーだ。正直なところ、BMWがEVに移行する際に投入する新製品の量を考えると、ICE専用のパフォーマンスモデルのような限定生産にコミットしていることさえ驚きだ」
↑「ってか、BMWはオリジナル328が1940年ミッレミリア優勝&クラシックジャガーXK120に触発され、倒産寸前でもバイクのリアエンジン700でやってた。イセッタと同じくキドニーがないので荒らしが好きそう。どんな大きさのものでも」
↑「あなたが好きそうなのは、日産 キューブ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49279/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ