新型BMW i7のリアシートは「これまでのエンターテイメントシステムは’たまごっち’だったんじゃないか」って思わせるレベル

トップギア編集部は、新型BMW i7には、もう乗ったの?
約1カ月前、私たちがこの話をする前に、BMWは、私たちが紙代だけでも高そうな書類に署名させられ、Twitterでリークしないと約束すれば、トップギア編集部はドイツのスタジオで新しいi7を見ることができる、と言われた。

実物も醜いの?
どう言えばいいんだろう?「このクルマを写真だけで判断しないで、実物を見てからにして」と言われることがあるよね?まあ…これはそういう車じゃないんだけどね。

三次元で見ると、強気で堂々としていて、まさに「農家っぽさ」を感じる。まあ、どこかロールス・ロイスのような、直立したフォーマルな印象もあるけれど。とにかく、がっしり、どっしりとしている。そして、かなり悪意に満ちた表情だ。


そういえばメルセデスのEQSは、インターネット上で見かけたいくつかのコメントを引用すると、「潰れたプリウス」のように見えると非難されている。空力的な滑りやすさは、伝統的なサルーン/セダンのデザインにはなじまない。今後10年間で、しなやかでスマートなベンツと、クラシックな納戸みたいなBMW、どちらが売れるか興味深いところだ。これまでのところ、ネット上では新型7のルックスに大きく怯んでいるようだけどね。

前か後ろ、どっちに乗ろうか…
フロントかバックか?それこそが、この新しいラグジュアリーリムジンの難問だ。通常、車の前面、具体的には運転席とダッシュボードが、すべてのアクションが起こる場所だ。メルセデスはEQSでそれを実現した。そして、ハイパースクリーンを手に入れた。

誤解しないでほしいのだが、i7は室内にいると驚異的にいいところなんだ。シートは、私が今まで車輪付きの部屋で遭遇した最も柔らかく、最も甘やかされる感じの椅子の一部である。ガラス、磨き抜かれた木材、本物の金属の輝き…。大邸宅の応接室というよりは、7つ星ホテルのBMW i3といった趣だ。


ただ、不満もある。BMWは14.9インチのカーブドディスプレイをひどく誇りに思っているみたいなんだけど。確かにグラフィックは豊かだが、ボタンを削除するために、すべての空調制御や細かいメニューをタッチスクリーンの奥に隠すことは、指紋がつくのを絶対的に拒否するデザイナー以外にも、本当に誰かの役に立つのでしょうか?インストルメントクラスターも、かなりビジーだ。あとちょっと、いや、DSっぽいんだよね。

よし、じゃあ後席に乗り込もう
いい判断だ、だって新型7では、この部分が大きな目玉となるからね。

まず、ドアのタッチスクリーンは、電動ブラインド、エアコン、エンターテインメントをすべてコントロールするものだ。うーん。これはどうだろう。過去10年のクルマを見ると、馬力でも、スタイリングでも、時速0-100km/hのタイムでもなく、時代を感じさせるものがある。


だけど、ここで古くなっていくのはスクリーンだ。スクリーンは新聞紙のように古くなってしまう。そして、このスクリーンは取り外すことができない。さしずめ5年後にはボロボロだろう。ソフトのアップグレードのために、両方の後席ドアを交換するのは面倒だ。

シアターモードはどう?
これぞ、新型7シリーズでの真のセールスポイントだ。折りたたみ式の31インチスクリーンは、「これまでのリアシートエンターテイメントシステムは'たまごっち'だったんじゃないか」っていうような印象に変えてしまうレベルの高さだ。


ブラインドは下がり、シートはフラットになり、ハンス ジマーのサウンドトラックが流れて期待感が高まる。スクリーン自体は、黒の色調に若干の違和感があり、超ワイドなアスペクト比は、切り抜きや大きな空白の四角で囲まれたものを見るときに、どれだけ困惑することになるかと思う。

しかし、ここでリクライニングしながら通勤するのと、ハイパースクリーンを搭載したメルセデス・ベンツ EQSのフロントで半自律的に誘導されるのと、どちらがいいかといえば、私は毎日でもBMWを選びたい。

だって内側からなら、外観を見る必要はないでしょ?




=海外の反応=
「ラッパーのXzibitが2006年に流行らせたTV番組…PimpMyRide的な?」
「レクサスは何年か前にルーフから下降してくるビデオスクリーンがついていたのを覚えている。ドイツ勢がようやくこういった洒落心に追いついてきたのはいいことだ。いつか、見た目がよくて信頼できる車も作り始めるだろう」
「欧州のグローバル自動車メーカーが過去最大の難題に直面し、その答えとはスクリーンの数を増やすことだった(笑)」
↑「その通り。このような、夜間の運転がどのようなものか、誰も言及しない。ひどい偏頭痛を誘発するような点滅光。人間は本当に本当に愚かであるか、または自動車メーカーが完全に接触していない(シャレにならない)。それとも両方なのか?」
「車と携帯電話をつないで、用事を済ませた後に音楽を聴く。以前はCDをスロットに入れて終わりだったが、ボタンやノブで操作しない限り、車を発進させるたびに音楽が流れていた」
↑「そのスクリーンにノートパソコンを接続できなければ、全く意味がない。ウェブカメラとMicrosoft Teamsをそのスクリーンに統合するという機会を逃した。ウルトラワイドモニターは "ミッションコントロール"と叫べるのなら、"リラックス"のためだけに使うのはもったいない」

ピックアップ

アーカイブ