でっかいことはいいことだ!デカくて高評価なSUV20台 in 2021

なんでも、でっかいのが好きなんだ!もちろん、SUVだって!っていう人向けの、デカくて、トップギアで高評価だった20台のSUVをご紹介しよう。もちろん、2021年に英国で買えるSUvばかりだ。ただ、契約する前に、家の車庫のサイズは図り直しておいてね。とくに、今ここに写ってるSUVは、1クリックでポチッと買っちゃえるから、納車後に「アラ、入らない」なんてことがならないように。

01

ランドローバー ディフェンダー


外観のデザインは、私たちが思うに見事なものだ。古いものを想起させながらも、完全に現代的。ボックス型のデザインは、ハードコアな4x4 SUVにふさわしい。そして、深くて広いバックストーリーを持つファミリーカーとしての価値を超えているし、冒険心をくすぐられる。そして、オフローダー、スノーローダー、牽引ローダーとしてその能力を発揮するときには、絶大な安心感をもたらしてくれる。

山ほどのキットを積んで、汚れや雨にも負けない。また、V8 110を購入した場合は、荷物や子供をすべて飲み込み、それをテンポよく、そしてドラマチックにクロスカントリーに放ってくれるだろう。

02

アルファ ロメオ ステルヴィオ


これは、一般道を走るために設計されたSUVであり、砂利道を走ることもできる。アルファのエンジニアリング・チーフは、ステルヴィオの走りをジュリアに忠実に再現することを目標にしていると語っていた。これは、現代の顧客はSUVのアイデアは好きだが、重心が高くなることで生じるプリンみたいなダイナミクスは望んでいないという率直な告白だ。これをエンジニアは「チャレンジ」と呼んでいる。

アルファは、その価値をSUVというパッケージに変換するという、素晴らしい仕事をしたと思う。これは、クロスオーバー市場の中でも、感情を揺さぶるものだ。これまでのアルファほどの刺激はないかもしれないが、今回は誰が見ても、実際に買ってしまうものかもしれない。

03

ボルボ XC90


XC90の特徴は、思考の明快さにある。XC90は、自分がどのようなクルマになろうとしているのかを正確に把握しており、そのゲームプランを忠実に守っている。オフロードも走れるが、ディスカバリーではない。パッケージングを台無しにするような大きなV8オプションもなければ、洗練性を台無しにする筋金入りのスポーツサスペンションもない(ほとんどが…)。その代わりに、クリーンでよく走るのだ。

ここにあるのは、家族の生活をサポートするために考えられた車であり、開発のあらゆる段階で最優先されてきた。シートの操作性やキャビンの雰囲気など、XC90は、あなたとあなたの家族を安全に、手間をかけずに運ぶことができるクルマだ。これ以上の公平性はない。私たちは、この車が勝車であると考えている。

04

アストンマーティン DBX


アストンマーティン初のSUVは、4ドア(実質的には2+2)のラピードを超えて、使いやすく、実用的で、日常的なアストンを作ろうという試みでもある。ウェールズのセント・アサンに新設された生産施設では、さまざまなタイプのモデルが開発されており、DBXの成功には多くのものがかかっているのだ…。

幸運にも、何か違いを求めている分野で、DBXはそれを提供している。見た目も面白く、走行性能も非常に高く、すべての目標を達成している。アストンマーティンの製品であることを実感できるし、(ランニングコストは別にして)本当に実用的なSUVだ。オフロードも走れるし、サーキットでもそれなりにスポーティな感じがする(必要であれば)。

05

ジープ ラングラー


ラングラーは、ジープが作る最も優れた、最も本格的な製品だ。ラングラーはジープの基盤であり、ジープがその名を上げたモデルであり、ジープが最も得意とするところなのだ。ラングラーは、特定のセグメントに収まることで妥協したり、ジープブランドがその範囲を広げようとすることで希薄になったりすることはない。

ラングラーは、あるべき姿であり、その事実に謙虚になることはない。だから、路上や街中で妥協することはあっても(これまでよりは少ないかもしれないが)、そのために設計されたタスクには揺るぎない自信があり続ける。

06

ベントレー ベンテイガ


往々にして、大きくて豪華なSUV(特に速いSUV)のレビューでは、その魅力に対する不安がつきものだ。しかし、ベンテイガは私たちがそうじゃないかと思う前に、その不安を打ち砕いてくれた。これは自然の力とでも呼ぶべきものだが、ベントレーがいかに長く、広く、重いかということも手伝って、それは腹立たしいほどに抗しがたい力となったのである。

911からカイエンというように、ポルシェのコア部分からSUVへの比喩的なステップは、かなり大きなものになる。しかし、フライングスパーからベンテイガに乗り換えると、より短く、より軽い車に乗り換えることができる。フロントシートでもバックシートでも、ベンテイガはベントレーらしい走りを実現している。

07

ヒュンダイ サンタ フェ


サンタ フェの魅力は、厳しい環境に置かれている家族向けの7人乗りであることと、伝統的にライバルよりも価格が安いことの2点だ。ライバルには、シュコダ コディアックやランドローバー ディスカバリー スポーツなどがあるが、定価で並んでいるとすれば、最終的にはディスカバリーの方がより多くの予算をかけて仕様を変更することができる。

7人乗りが必須条件であれば、近年は選択肢が少ないと感じることがあったけれど、最近はそうではなく、さまざまな候補車がファミリー層の票を狙っている。サンタ フェがこれらの製品の中で独自の地位を築いていることは、実に印象的だ。

08

レンジローバー


レンジローバーは、今でも素晴らしい魅力を持っている。最近では少し老朽化していると思われるかもしれないが、このクルマにはたいへんな魅力があり、穏やかで洗練されていて、いまだにこれほど素晴らしいものは、なかなかない。

よく言われることだが、誰もがポルシェ 911には勝てないと分かっているからこそ、あえてその喉元を狙うのだ。ある意味では、レンジローバーも同じで、誰もその公式を正確にコピーする勇気がない。最近のレンジローバーは昔ながらの性能を持っているが、多くのライバル車のような見せかけのスポーツ性ではなく、SUVが得意とすべきことに明確に焦点を当てているため、圧倒的な性能だけでなく、本物の温かさを感じさせてくれるのだ。

09

シュコダ コディアック


トップギア賞を受賞したこともあるシュコダのコディアックは、良心的な価格で購入できる最も完成度の高いファミリーカーのひとつだ。それに2021年には、2016年末に発売されたときと同じように魅力的なクルマになっていた。シュコダ初の、そして今のところ唯一の7人乗りの車は、手頃な価格で、広々としていながらコンパクトで、きちんとしたドライビングができ、シュコダを他の自動車メーカーとは一線を画すものにしている気の利いた小さな工夫がいっぱいなのだ。

また、クロスオーバーSUVでありながら、従来のエステートを凌駕する存在感を示している。

10

メルセデス・ベンツ GLE


メルセデス・ベンツのSUVとしては2台目となる最新のGLEだが、実は1997年のMクラスをルーツとするベンツの成功した4WD車の最新モデルでもある。メルセデスは、自分たちがプレミアムSUVクラスを発明したと誇らしげに語っているが、その間の数十年間にBMWのX5やボルボのXC90がその地位を確立したことについては都合よく省略しているようだ。

最新のGLEは、かなり完成度の高いクルマだ。アウディ Q7が成し遂げたように、この上なく静かで洗練されていて、その過程でひどく醜くなることもない。プレミアムSUVの先駆者として、そのクラスを挙げたときに舌を巻くようなクルマではないかもしれないが、一緒に暮らしていく上で最も満足度の高いクルマのひとつであることは間違いないだろう。

11

BMW X5 M コンペティション


X5 Mコンペティションが他のスーパーSUVと違うのは、乾燥した直線道路から離れた場所でも、いかに敬意を払われるかということだ。この車は、アウディやベントレー、ランボルギーニのドイツ車っぽいウルスのような、着座位置の高いテレポーテーション弾薬袋などではない。

もしあなたが、高名な、過剰な装備を備えた全天候型の陸上戦車を求めているのであれば、8桁の銀行残高を他に移した方がいいだろう。X5 Mはそんな人には向いていない。X5 Mは、物理学的にも常識的にも、また工学的にも非常に困難であるにもかかわらず、ちょっと怖いけどすごく楽しいと思えるSUVなのだから。世界はこういうものを必要としていたのではないだろうか?

12

ポルシェ カイエン


カイエンは、マンモスタンカーよりもクルマが好きな人、特に子供が生まれる前にケイマンや911を持っていた人のためのSUVであり続けてきたが、ポルシェは最新のモデルでもその姿勢を貫いている。

ドライバーフレンドリーなSUVの王様であることに変わりはない。新しいシャシー技術と軽量化により、パフォーマンス・サルーンのように感じられるようになり、だったらなぜパフォーマンス・サルーン、あるいはパフォーマンス・エステートを買わないのかと疑問に思うほどである。しかし、小川を渡り、石切り場を抜け、キジ撃ちで野原を走るのにも適していることを思い出すと、納得がいく。

13

レンジローバー スポーツ


レンジローバー スポーツは、大型SUVの中でも最も幅広いレパートリーを持っている。楽しませるには十分な広さがあり、説得力のある豪華さがあり、最新の技術アップデートによって、これまでドイツのライバルたちのガジェットの猛威に遅れをとっていた車に、歓迎すべき現代性を加えている。

V8でなくても、V6ディーゼルでも十分にその良さを味わうことができる。自分の車を手に入れたら、プレミアリーグのレフトバックのような運転をしないように、ハンサムなホイールとボディキットのない、常識的でゴージャスでない仕様にしようじゃないか。そうすれば、レンジローバースポーツのドライバーの評判が上がるよ。

14

アウディ Q7


Q7は、7人乗りのSUVでありながら、多人数で移動する際に実用的な魅力を備えているという点で、その条件を満たしている。全長が5メートルを超えるため、小さな設置面積から室内空間を引き出すという点では、必ずしも革新的ではない。しかし、クラストップとまではいかないまでも、まずまずの動力性能、競争力のある価格設定、そしていくつかの素晴らしい工夫が施されており、この種のものを必要としている人にとって、大きなアウディは間違いなく候補の一つになるはずだ。

一般的な人の予算であれば、Sライン仕様の低出力ディーゼルといくつかのオプションで十分満足できるよ。なぜなら、SUVに自動開閉式ドアや特別なスポーツサスペンションを必要とする人はいないから。

15

フォルクスワーゲン トゥアレグ


装備を充実させれば、きちんとした技術力を持ち、フォルクスワーゲンがしばらくの間披露することになるであろうフラッグシップだ。しかし、その儲けのテクノロジーは高価なものなので、仕様には注意が必要。

そうは言っても、フォルクスワーゲンの大型車は、常に考える人のための大型SUVだ。控えめで、ライバルのように派手さはないが、路上では十分な能力を発揮し、今では完全に洗練されている。たとえ、そのためにオフロード性能が犠牲になったとしても。しかし、正直なところ、このクルマで悪路を走ろうと思っている人はどれくらいいるだろうか?

16

ロールス・ロイス カリナン


婉曲的な言い方になるかもしれないが、カリナンのデザインにはさまざまな意見が寄せられている。ロンドンのタクシーや『シンプソンズ』のキャニオネロに例える人もいれば、そうでない人もいる。ガラス部分をもっと浅くすればプロポーションが良くなるかもしれないけれど、カリナンは意図的にモバイルビューイングプラットフォームを目指している。

しかし、大きくて、速くて、重いSUVというコンセプトに抵抗があったとしても、ここで紹介することには異論がないだろう。ロールス・ロイスのクルマは、常に部分の総和よりもはるかに大きく、カリナンは魅力的なエンジニアリングの連続体の一部なのだ。これは、輸送手段であると同時にエンターテインメント体験であり、非常に優れたものである。

17

ジャガー F-ペイス SVR


ジャガーのF-ペイスは、ドイツが提唱するSUVのサイズパッケージの2つの間に位置するという、ちょっと変わったモデルだ。ドイツのフルサイズSUVに比べて、かさばらず、けばけばしさも少ないというアイデアは、私たちにとってかなり魅力的なものだ。

それは、ホットなSVRバージョンでも同じ。他のSUVにはない個性を持っている。エンジンは使っていて楽しいが、他のクルマに比べて生身で牙のある動物のようではないし、クルマ全体が日常の伴侶として落ち着いている。意図的にシャープな部分を求めなければ、かなり魅力的だ。

18

メルセデス・ベンツ Gクラス


"Gクラス"は、メルセデス・ベンツの中でも特に重要な存在だ。だからこそ、今でも変わらないように見える。しかし、それだけではない。Gクラスの中身は大きく変わった。ロードマナー、キャビンデザイン、品質の飛躍的な向上により、Gクラスは時代錯誤のクルマから、レンジローバーの上位モデルと肩を並べられるクルマになった。

静粛性やスムーズさではある程度劣るかもしれないが、もしあなたが本当に巨大なオフロード性能を求めているなら、Gはあなたを失望させない。この位置づけは、メルセデスが今もなお、探検できるハローカーを持つことに価値を置いていることを示している。

19

テスラ モデル X


次のファミリーカーは、電気自動車のSUVにしようと思ってる?けど、これはあまりにも過激な印象を受けないかな?うん、たしかに。疑いの余地はない。電気自動車をゼロから開発した場合、テスラは、アウディ、ジャガー、メルセデスのパッケージや創造性に乏しいライバルたちに比べて、いまだに僅差でリードしている。しかし、テスラは大きく、空気のような存在で、ユーモアのセンスを持っている。それは、おならモードや上に開くドアがあるからだけではない。

テスラは、誰もが乗れるスペースを備えた、楽しく魅力的なクルマであり、外見の地味さからは想像できないほど、遊び心のある個性を持っている。安っぽくもなく、ありきたりなSUVでもないし、十分に有能なファミリーワゴンなのだ。

20

ランドローバー ディスカバリー


ディスカバリー5は、お金があれば買えるランドローバーの中でも、最も大きく、最も豪華で、最もオフロードに強いモデルだ。これ以上のものをお望みだって?そうなれば、レンジローバーの領域に入っていこう。

疑問なのは、なぜディスカバリー以上の車が必要なのかということだ。ディスカバリーは真の自動車用スイスアーミーナイフであり、7人の大人の人間を、山を登ったり、川を下ったり、サヴォイに直行させたりすることができるのだから。しかし、ディスカバリーの特徴のない側面と偏ったリアエンドは、かつてのデザイン・クラシックを本当の意味でのマーマイト・カー(好き嫌いが分かれるクルマ)にしてしまったと言ってもいいだろう。

=海外の反応=
「どんな車でも、サスペンションのリフトアップとライトの増設で見栄えが良くなることを証明している(必要であれば)。公平を期して言えば、シンガーはライトを付けなくても非常に良く見えるが、ライトを付ければもっと良くなることは誰もが知っているところ」
「勝者を選ぶのは難しいけど、アルピーヌはとてもクールだ」
「ダートラリー2.0ではヴァンテージと911も主役級だ。ヴァンテージは扱いづらいところもあるけど、隙あらば折れてしまう911よりはずっと扱いやすいね」
「エキシージが実際に参戦していたことを考えると、ストラトス、037、RS200、あの308などはどうなっているのだろうか。また、ワークスラリーの911やビッグヒーリーは?」
「一番いいのは959なんだけど、どうやらリストには入っていないようだね…?」

アーカイブ

subscribe RSS