トヨタ ミライが1,003kmの航続距離で、ヒュンダイ ネクソの記録更新

トヨタによると、水素を燃料とするMIRAIは、普通に運転していれば、1回の燃料補給で約400マイル(623km)走行(カタログ値は750-850km)できるという。しかし、もっと慎重に運転すれば、もっと遠くまで行けるかもしれない。

フランスのトヨタは、5.6kgの水素タンク1本でMIRAIを1,003km(623マイル)走らせることに成功し、水素自動車の最長走行距離記録であるヒュンダイのネクソの記録を116km(72マイル)も更新した。

この1,003kmという記録は、パリの南に位置するフランスのロワール・エ・シェール地方とアンドレ・エ・ロワール地方の公道で達成されたもの。この走行距離と、100kmあたり0.55kgの水素を消費したことは、独自に認証されている。

4人のドライバーは、「一般のドライバーが使えないような特別なテクニックは使っていない」としており、9kmの航続距離を残して帰宅したという。

トヨタは、現代自動車や起亜自動車とともに、水素燃料電池技術を推進している企業のひとつだ。改良されたミライのレビューはこちらからどうぞ。

=海外の反応=
「ジェームズ メイは、どこでも使えないという理由でミライを処分したのではなかった?彼はイギリスに住んでいるんだよね?」
「今世紀初頭、EUが二酸化炭素を削減しなければならないと決めた時と同じだ。トヨタはすでにガソリン・ハイブリッドという解決策を持っていたが、EUはVWが製造できたため、大陸全体をディーゼル車に押しやったのだ。今、ヨーロッパ全体がバッテリー電気自動車に移行し、消費者には多大なコストがかっていかる。今も昔も、トヨタはヨーロッパのメーカーより何年も先を行っているんだ」
↑「かつて誰かが正しかったからといって、これからもずっと正しいとは限らない。BEVは、距離に対するエネルギーを計算すると、はるかに効率的だ。例えば、この5.6kgの水素を作るのに、218kWhのエネルギーを必要とした。完全に効率の良い電気分解システムでは、1kgの水素を製造するのに39kWhの電力を必要とする。しかし、このプロセスで一般的に使用されている装置は、水素1kgあたり48kWhと効率が悪い。テスラ モデル 3のスタンダードレンジ+は、このエネルギー量で4回充電できる。このケースのようにハイパーな運転をせず、通常の運転をすれば、1600km近く走ることができる」
↑「同意。ただ、水素を700barに圧縮するためには、通常6kwh/kgのエネルギーが必要なので、5.6kgのグリーン水素を充填するためには、少なくとも302kwhのエネルギーが必要だ(すべての輸送ロスは考慮していない)。水素タンクでの走行距離が623マイル(1,003km)というのは良いことだが、画期的なことではない。というのも、3年前にモデル 3とモデル Sが1回の充電で600マイル(965km)以上(モデル3は606マイル(975km)、モデルSは670マイル(1078km))を達成しており、その時は4人のドライバーを必要としなかったから」
「次も間違いないというわけではない。しかし、すでに多くの大成功を収めているトヨタが良いアイデアを持っている確率は高い。しかし、BEVファンが何度も私に指摘してきたように、クリーンな電気を使う場合、効率は重要ではない。
本当のところを知る唯一の方法は、電池の製造とリサイクルを含む世界平均と、現実的な寿命/走行距離の推定値を用いて、製品の寿命について原材料からリサイクル材料までの調査を完了することですが、これは決して行われない。大きな利点は、数キロの燃料をすぐに簡単に買いに行くことができ、将来の計画や航続距離の不安を感じることなく生活できることだ」
↑「"クリーンな電気を使うのに効率は重要ではない"EUよりも電力が安いアメリカでは、1kWhあたり22円以上かかる。400マイル(644km)走行できるミライのガソリン代は80ドル(8,800円)を超えてしまう…。これはモデル Sの1/3以下、モデル 3ではさらに低くなる…。
"大きな利点は、数キロの燃料を素早く簡単に買いに行けることで、将来の計画や航続距離の不安を感じることなく生活できること"この言葉は真実からかけ離れている。満タンにする時間は5分ですが、この愚かなシステムは非常に複雑で、次の車が満タンにするためには20分間ポンプ全体を再加圧する必要がある…。
航続距離の不安について言えば、電気自動車を所有しているほとんどの人は、自宅で一晩充電し、翌朝には満充電になっているので、わざわざルートを計画する必要はない。テスラを所有していない人の95%は、一度も充電が切れたことがないと報告している。この数字はテスラのオーナーなら、非常に低いものになるだろう」
「23,000ポンド(350万円)の新車リーフで10,000マイル(16,000km)走るコストは、200ポンド(3万円)以下。同じことを26kポンド(400万円)の新型キャシュカイで行うと1200ポンド(18.5万円)以上になる。自動車用の水素は時間の無駄だと思う。水素の非効率性は、融通の利かないアイデア以外の何物でもないと僕は認識している。そんなに良いものなら、なぜテスラはオーストラリアのグリッドにサービスを提供するオンデマンドのメガバッテリーパックをすぐに設置しているのだろうか。水素エネルギープラントはどこにある?実現するかもしれませんが、効率と価格の面で優れた空気電池と競合することになるだろう…。貯蔵は解決策の一つだが、その方法は適切な技術が見えていない。水素は社会にフィットしにくい状況だ」

アーカイブ

subscribe RSS