【トップギア試乗】ポルシェ 911 GT3

911 GT3が有名なモータースポーツの血統を受け継いでいることが、これまで以上に明らかになった。新たに表れた驚異的なクルマ

いいね!↑

壮大なエンジン、鋭利なハンドリング、焼け付くようなパフォーマンス。

イマイチ↓

内装が通常よりも堅牢性に欠けると感じる。

概要

どんなクルマ??
クルマの議論においていつも出てくる「あの」問いに対するその答えが911 GT3ではないだろうか。1999年に初代が登場して以来、あなたが911を否定するような奇妙な人でない限り、すべての世代がその答えとなっている。911が世界最高のスポーツカーであることは、ポルシェ 911のせいではないのである。ポルシェの天才的なモータースポーツ技術に支えられたGT3は、伝統的に最高のスイートスポットであり、道路でもサーキットでも同じように破壊的な性能を発揮している。

しかし、'99年以来初めて、新型GT3は異常な敵地に乗り込んできた。このような利己的で高度な技術を駆使した快楽主義に対する視線は、以前ほど寛容な世の中ではない。さらに、驚異的なペースを誇る最新のターボ Sのように、内部からの挑戦状もある。そして、様々な意味で衝撃的なポルシェであるタイカンはどうだろうか?

992時代の911 GT3は、まだゲームが終わっていないことを示唆している。また、ポルシェがコアなファンを満足させるために、驚くほどの努力をしていることも確認できた。エンジンは自然吸気の4.0リッターで、992シリーズの他のモデルに搭載されているユニットとの共通点はほとんどなく、ポルシェのGT3カップレーシングカーに搭載されているものとの関連性が高い。出力は10psほどアップの510ps、トルクは470Nmと控えめではあるが向上している。これは十分な性能だ。3.4秒で時速100kmまで加速し、最高速度は時速318キロ(MTは320km/h)に達する。これも十分な数値だ。

このエンジンは、コンペティション用ユニットと同じ製造ラインで作られており、6つの独立したスロットルバタフライバルブを備え、新しいステンレス製の排気システムを採用している。つまり、このモデルは、911 GT3のユーザーが好むように、兄弟車が採用している技術をあえて排除した、独自のカスタムパワーユニットを搭載した911モデルということになる。強制的な誘導はない。同様に、6速マニュアルと7速PDKが用意されているが、アメリカではなぜかマニュアルの方がデュアルクラッチオートマチックよりも人気がある(イギリスでは半々)。PDKは、他国で採用されているものよりもレシオが1つ少ないため20kg軽く、電子制御式のデフロックによるトルクベクタリングが可能だ。マニュアルはリアのデフロックが機械式なので、その分だけPDKよりも16.8kgほど軽量化されている。

軽量化は、911 GT3が強くこだわる部分のひとつだ。たとえば、カーボンファイバー製のルーフは、通常のスチール製ルーフよりも1kg軽く、フルバケットのカーボンシートは、標準の4ウェイ・スポーツシートよりも15kgも軽い。992の消音材を取り除くと、さらに1.9kg軽くなる。また、セラミックブレーキ(6,498ポンド:98万円)を採用するとさらに17.7kg軽量化できる。私は、「助手席に太った奴を乗せたくらいで何が変わるんだ?」と思う方だけど、とにかくポルシェはオーナーの気持ちにかかわらず、病的なまでに軽量化を追求している。このやり方はクルマのあらゆる側面に反映されており、今回トップギアがテストしているPDK仕様車の重量は1,435kgで、先代よりもわずか5kg重いだけだ(PM除去フィルターなどの規制対象品を追加しても)。

どんなカーデザイナーでも、「最も素晴らしいライバル車は?」と聞かれたら、誰もがこの911GT3と答えるだろう。992 GT3の外観の変化はほぼエアロダイナミクスパーツだが、これはモータースポーツから学んだものであり、クルマの表面、特に目に見えない部分で大量の空気が対流している。フロントの4段階に調整可能なスプリッターをはじめ、複雑なフルパネルのアンダーボディや魅力的なルックスのリアディフューザー、そして公道を走るポルシェの中で最も精巧なリアウイングなどが搭載されている。リアウイングは、「スワンネック」と呼ばれる4方向に手動で調整可能なパーツの上に乗っており、ウイング下の空気の流れを改善する。

その結果、旧型GT3がまるでボラット(アメリカのコメディ映画の主人公)がアメリカで運転していた郵便局のバンのように見えるようになり、空力的なシャープさを持たせることに成功している。また、時速200kmでウイングをパフォーマンスエアロに設定すると、385kgのダウンフォースが発生する(先代に比べて150%の向上)。しかし、フロントトラック幅が48mm拡大されたことで、911 GT3の特徴のひとつである「扱いやすさ」が失われる危険性がある。ポルシェよ、これ以上大きくするのはやめてくれ。

アーカイブ

subscribe RSS