アルファ ロメオ 33 ストラダーレ、V6とBEVで復活 2.7億円の限定33台は完売

限定生産のアルファロメオ33ストラダーレはわずか33台しか製造されず、620psのV6か750ps以上のトライモーターEVを選べる。2.7億円(プラス税金)あればの話だが。

みなさん、アルファ ロメオが好きでしょ?これは不変の自動車業界における法則のひとつだ。現行のジュリア クアドリフォリオを含め、ここには挙げきれないほどの名車がある。しかし、販売台数は伸び悩み、アルファの壮大な野望は永遠に阻止され続ける。これは常に試され続けている愛でもあるのだ。

新型33ストラダーレは、ミッドシップエンジンを搭載した620ps以上のfuoriserie(カスタム仕様車)スーパースポーツカーである。これほど強力な伝統があるのだから、それに身を任せてみてはどうだろう。

「新型33ストラダーレは、アルファロメオのアイデンティティを高め、志を高め、DNAと価値を体現するためにデザインされました」とアルファ ロメオCEOのジャン フィリップ アンパラトは語る。「1969年以来、ブランド初のカスタムカーであり、これが最後にはならないことをお約束します。アルファロメオは "スーパーカークラブ "の創設メンバーでもあります。私たちは、過去に恥じないものを作り、ブランドに貢献し、Alfisti fandom(アルフィスティ ファンダム)に誇りを持たせたかったのです」

イタリアのBMWになりたいというアルファの長年の願望を封印して、これを額面通りに受け取ってみようか。巨匠フランコ スカリオーネがデザインした1967年のユニコーンに近い33ストラダーレにダイレクトかつ恥じることなくインスパイアされたこのクルマは、史上最高のルックスに他ならない。そのオリジナルは、アルファの第一線レース復帰の先陣を切るために作られ、揺るぎないカッコよさを誇るコンペティションマシンシリーズの第1号となった(ティーポ33の血統を参照)。これはすべて、偉大なカルロ キティの指揮のもとで起こったことであり、アルファロメオのCEOであり、エンジニアで多才なジュゼッペ エウジェニオ ルラギの直属の部下であった。この2人は自動車史に残る偉大な人物である。

この新型車には、620psを発生する3.0リッターV6ツインターボと、750ps以上を発生する3基の電気モーターを搭載する可能性が高いBEVの2種類がある(アルファは今のところ、正確な詳細について口を閉ざしている)。ミラノの名門カロッツェリア、ツーリング スーパーレッジェーラが33台限定で生産し、最高のパーソナライゼーションを実現する。ICEとEVの使い分けについてはまだ発表されていないが、購入者のほとんどが前者を選ぶだろう。

いずれにせよ、オリジナルのほぼ2倍の台数(わずか18台しか製造されなかった)は、イタリアで最もクールなコンセプトカー(2台を挙げると、1968年のアルファロメオ カラーボと69年のイグアナ)の下支えに使われた。

新型33ストラダーレは、アルファロメオにとって重要な進化のステップを示すものだ。アルファロメオは、ルネッサンス時代の工房と60年代のコーチビルダーにインスパイアされたという、一種のスカンクワークスであるボッテガを生み出したのだ。つまり、アレーゼにあるアルファロメオミュージアムの特別室を拠点とするオーダーメイド部門である。昨年のイタリアGPの期間中、モンツァで開催されたシークレットプレビューに招待された潜在顧客は、間違いなくすぐに財布の紐を緩めたことだろう(33台すべてが完売)。しかし、これはハイエンドなブランド構築であると同時に、デザイン責任者アレハンドロ メソネロ=ロマノス率いるアルファの今後のビジュアルディレクションのマニフェストでもある。

「33ストラダーレプロジェクトは、アルファロメオ・セントロ・スティレのデザイナーとエンジニアからなる小規模なチームの情熱と献身的な努力の結果として生まれたものです」と彼は断言する。「デザインは、フランコ スカリオーネの1967年の傑作にインスパイアされ、将来のアルファロメオモデルのラインを大胆に見据えているのです。[これこそ]本質的な美の真のマニフェストです」と彼は主張する。

オリジナルの33 ストラダーレのように愛されたクルマのスピリットを受け継ぐことは、気の弱い人のための探求ではない。マルチェロ ガンディーニが2022年に限定生産されたランボルギーニ カウンタックLPI 800-4を公然と、そして小馬鹿にしたようにディスっていたのを見ればわかるだろう。まったく新しいアルファロメオのスーパーカーが、まったく新しいデザイン言語を提唱することを望むだろうか?そうかもしれない。しかし、チェントロ スティレとボッテガの面々がここで真っ当な仕事をしたことは否定できない。フロントエンドは、イタリア人がコファンゴと呼ぶノーズとウイングが一体化したボリュームを持ち、新型車では心地よく短く、ほとんどずんぐりとしている。アルファの盾であるスクデットは、カーボンファイバーで表現され、クラシックな形でも3Dでもオーダーできる。LEDは、オリジナルに近い形状のヘッドライトに新たなグラフィックを加えている。

その他のハイライトには、大きなトップヒンジのバタフライドアとラップアラウンドガラスがある。ルーフはカーボンファイバーとアルミニウム製。サイドインテークはオリジナルよりも強調され、少々雑然としているが、インタークーラーに空気を送り込む役目を担っている。リアはさらに興味深くなり、カーボンファイバー製ディフューザーの中央上方にあるV字セクションが目を引く。さらにドラマチックなのは、円筒形のフォルムがリアウイングに深く食い込むリアライトだ。67年型を忠実に再現している点では、ほとんど宗教的といえるが、ここに小さな感動を覚えないのは、よほど頑固な心の持ち主でないと無理だろう。

技術的な情報は不透明なままだが、財政的な現実主義が新型33ストラダーレを完全な「新型」ではないことを意味していると言っていいだろう。とはいえ、ステランティスの部品箱は最近かなり充実している。アルファによれば、エンジンはジュリアQFの優れた2.9リッターV6を進化させたもので、強化された8速DCTギアボックスと組み合わされる。最高速度は333km/h、静止から100km/hまでは3秒以下と謳われている。

電気自動車バージョンも同様に高速で、航続距離は450km。アクティブリアアクスルも装備される。Strada モードは、日常的なドライビングのためのもので、マルチリンクサスペンションとアクティブダンパーがよりコンフォータブルな乗り心地を実現し、排気バルブの作動は5,000rpm以上に限られる。Pistaモードは、期待されるすべてのパラメーターを引き締めるが、センターコンソールのQuadrifoglioボタンによる「FastStart」機能も追加される。ブレーキはブレンボ製で、カーボンセラミックディスクが装着されている。アルファロメオのF1ドライバー、バルテリ ボッタスも開発チームの一員だ。

インテリアは、シンプル方が断然多い。ここではテクノロジーよりも触感が重視されているからだ。ホイールはゴージャスな3本スポークで、ボタン類は一切ない。ダッシュボードは、助手席の前方に交差点があり、吹き出し口は隠されている。シンプルだが明快な「3Dテレスコピック」インストルメントパネルと、格納式の小型マルチメディアスクリーンがある。これはセンターコンソールの機械式スイッチ(陽極酸化アルミニウム製)に次ぐもので、スタート手順、ドライブモード、トランスミッションを司る。ルーフにはもうひとつパネルがあり、航空への憧れを深めている。その素晴らしいドアと使用されているガラスの量は、本物のコックピット感覚を実現している。リアウィンドウはポリカーボネート製。

基本的な内装は2種類。トリブートはレザーとアルミニウム、ビスケットレザーとスレートのツートンカラーで、シート、ダッシュボード、ドアパネル、センタートンネルにも使用されている。アルファ・コルセは、カーボンファイバーとアルカンターラを多用した、よりスポーティなオプションである。カラーオプションには、パステル・ロッソ・アルファ、ロイヤルブルー、ヴィラ・デステと呼ばれるクリアコートのロッソがある。さらに、Tipo 33のレースカラーにちなんで、ホワイトとレッドのオーダーも可能だ。オーナーはカーボンファイバーのエレメントで遊ぶこともでき、リアのアルファロメオのサインはブラック、ゴールド、シルバーから選ぶことができる。しかし、アルファがそのボッテガ・ミッションステートメントに忠実であるならば、どんなことも可能なのだ。これらにかかる費用は?およそ170万ユーロ(2.7億円)。ちなみに、これは税抜きだ。

そう、私たちは90年代の8Cコンペティツィオーネを覚えている。そして、「新型」33ストラダーレもまた、前進するために過去を振り返るアルファロメオなのだ。未来はかつてそうであったようにはいかないかもしれないが、これほど素晴らしいクルマがあれば、悩むことはないだろう。

アルファ ロメオが8月30日に発表する新型「ドリーム」モデルってなんだろう…?

アルファ ロメオ ジュリアとステルヴィオ クアドリフォリオにジュリア GTAチューンのLSDを装着した100周年記念モデル

2025年のアルファロメオ ジュリア クアドリフォリオは、1,000bhpの完全電動スーパーサルーンになる 「8Cと並んでミュージアムに展示できる」ほど優れたデザインの新型スーパーGTに





=海外の反応=
「なんてことだ!美しい現代のアルファロメオ!」
↑「このような少量で残念だが、一台だけのプロトタイプよりはまだマシ…」
↑「たった33で、それもバリエーションを含めてとか。これでは儲からないし、普通のブランドファンは誰も手に入れることができない。私はもっと大量に、例えば合計3,333台生産することを望んでいた。そうすれば、部品の生産コストに取り組み、効率化を図り、80%オフかそれ以上の価格で製造することができる。
たった数台のために電気自動車を開発するのか?ピニンファリーナがリマックでやったことを、マセラティやフェラーリに対してやれるかも?」
「正直なところ…それほど感心しない。オリジナルのアルファロメオ33ストラダーレを見ると、美しいクリーンなラインでエレガントに見え、シンプルでピュアだった。
これは?ライトクラスターは場違いに見えるし、切り取られたリアライトは奇妙に見えるし、サイドプロフィールは2つの異なるクルマ用にデザインされているように見えるし、ボンネットのラインは何をやっているのかわからない。33ストラダーレへのオマージュにはふさわしくない」
↑「見れば見るほど好きになってはいくが、根本的にまだ問題がある。この限られた数と値段では、情熱的なプロジェクトとは思えない。私には、ロータスのエヴァイヤも同じように感じられた。
また、別のウェブサイトには重量の詳細が掲載されていたが、ICEであってもめちゃくちゃ重い。ICEで1,360kg以上、EVで1,814kgポンド以上。一体何なんだ?」
↑「技術情報は不透明なまま。まあ、33台/300万台ということで、おそらく1台も運転されることはないだろう。投資だけが目的であれば、良いシャシーも、良いエアロも、良いドライブトレインも必要ない」
↑「このような超高級車の半分は、フォードの1.0エコブーストエンジンを搭載していても、オーナーが気づくことはないだろうと思う。アルピーヌのいいライバルになりそうなのに、バカ高いのが残念だ」
↑「数台しか作らないとなると、開発費をその数台に分散させなければならない。そうなると非常に高くつく」
「別の情報筋によると、このクルマはマセラティ MC20のシャシーをベースに作られているという。もしかしたら、それが「不透明」な理由なのかもしれない」
「200KのMC20シャーシを3M 33 Stradaleのオマージュのベースとして使うのは、あまり見栄えが良くないね」
↑「MC20はもともと新型アルファ8Cになるはずだったのだから、皮肉なものだ」
「とても気に入ってる!唯一の不満はリアのディフューザー部分で、確かに他のデザインにもっと合うように造形できたはずだ」
↑「すげぇ...😍🤩。
ブガッティのブリジット ジョーンズに対するブリジット バルドーのよう…」
↑「そして、まだ両方の世界、ICEとEVを提供している。確かに見事!」
「限られた生産台数とデザインは、コレクターの夢となるだろう。このクルマは、6倍の価格にもかかわらず、296GTBほどの性能は発揮しないに違いないけど、誰も文句は言わない」
「60年代のデザインを現代のナンバープレートがつけられるものに変えるという素晴らしい仕事をした。簡単なことではない」
「みんな、聞いてくれ。これは21世紀第1四半期の終わり。オリジナルのデザインは前世紀半ば。あの車のコピーに意味はない。これはそのクルマに対する21世紀のオマージュであり、素晴らしい仕事をした。これほどゴージャスで、一目でそれとわかるクルマを、あの非常識なレトロフューチャー主義的ミニマリズムのインテリアデザインでプロデュースしているなんて信じられない。iPadのダッシュボードは本当に捨てて!それをデザインと呼ぶのか?文句を言っている人たちは、何も知らない人たち」
「これはデ トマソのP72に驚くほど似ている」
「絶対33の「スパイダー」バージョンがありそうだ。ほら、フロントガラスはもうやってるよ」
「ハイブリッドを作ればよかったのに」
「せめてV8だったらなあ」
「ようこそ!FRのV6アルファロメオはいくらあっても足らない」
「美しい車だが、少しジャマなLEDストリップよりも、もっと伝統的な丸いライトの方が似合うだろう。この車に限ったことではないが、デザインの問題」
「この世代に必要な車であり、アルファはそれを見事にやってのけた。
この車を見るのをやめられない。釘付け」
「コルベットのこと一日中ボロクソに叩いてるけど、それなりの値段で生産できるし、高性能モデルでもまだ安いよ」
「前のは世界一ゴージャスな車だったけど、今回のは悪くないね」
「"そうだ、我々はノーティスの8Cコンペティツィオーネを覚えている"
あれはフィアットのトリプレットの3番目だった!
アルファ8C
フェラーリ カリフォルニア
マセラティ クーペ
全部同じ車だ!
15万ドルのクルマにバッジエンジニアリングを施しても、誰も何も言わない」
「下品に見えるし、33らしい上品さやエレガントさがない」
↑「さらに、このグラフィックはデザイン学校志望の学生のポートフォリオレベルのものであり、市販車に属するものではない」
↑「グラフィックを含むすべての最終検査に合格し、CEOの承認を得たプロトタイプは、同じ推進力と同じ方法で製造された5台以上の工場の組立ラインに導入され、すでにリミテッドシリーズの生産となっている…って」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/63355/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ