ベントレー ベンテイガ ハイブリッド長期レポート

ベントレー ベンテイガ ハイブリッド長期レポート4:不安に駆られることはあるのか?

23,400,000円/テスト車両:198,790ポンド(3,236万円)

今借りているベンテイガ ハイブリッドは不安に苦しんでいるのだろうか?もしかして、そうかも、と、私はそう思い始めている。実際、最近シートベルトのプリテンショナーが外れて鎖骨を軽く打撲したことを考えると、そうなのだろう。

6,480ポンド(110万円)のツーリングスペックに含まれる「セーフガード プラス」のおかげでもあるのだが、内輪もめっぽい感じ。これは、事故が起きそうだと判断すると、避けられない衝突の際に自律的にブレーキをかけたり、車をブレースポジション(窓やサンルーフをすべて閉じ、座席位置を変更し、安全ベルトを張る)にしたりして、安全性を高めるための数多くのオンボード技術機能(役に立たないナイトビジョンなど)の一つだ。

宅配便の原付が通り過ぎるたびに事故だと思うのは残念だ。そして、保護のための柱は歩行者だという。幸いなことに、最近行ったヨークシャー デールでは、この2つの心配は無用だったけれど。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56048/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ