三菱がWRCとダカールの伝説、ラリーアートを復活させる…トリムレベルを、米国にて


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

三菱はここんとこちょっと静かだな。エボもない。ダカールでの成功もない。なんて言っても、少なくとも英国では、もう新車は売られていない。家族だったら、息をしているのかどうかパニックになりそうなほど静かなのである。

そこで、少しでも元気な姿を見せるために、音を出すという方法がある。そして、最も騒々しい(そして最高の)三菱自動車は、常にラリーアートが関わったものであった。この見出しが端的に表しているように、ラリーアートは復活するのだ。…あるいは「的な」。

説明しよう。アウトランダーPHEVの写真を見ると…正直言って、大したことないんだ。しかし、この「大したことない」ことの下には、親しい友人が潜んでいるのである。それは、三菱のスーパーAWDシステムだ。頭文字をとって「ACD」。ACDはアクティブセンターディファレンシャル、AYCはアクティブヨーコントロール、OMFGは物理や常識では無理だと思われるコーナーをどうにかして抜けた後に言う言葉だ。アウトランダーには、ツインモーターのハイブリッドセットアップが採用されており、2023年モデルでさらにパワーアップする予定である。そして、おそらく偶然ではないだろうが、ラリーアート エディションもある。

しかし、誰もが興奮する前に、アウトランダー ラリアートには「ユニークなボディエフェクト、グラフィック、その他ラリーにインスパイアされたタッチ」と、「ホワイトダイヤモンド塗装とコントラストが強いブラックルーフ」が採用されることを指摘しておく。

アウトランダーにトリムパッケージを装着すると、オーバーステア気味のエボと、オンタリオの田舎町に住むダチョウのような関係になってしまうと想像されるかもしれない。しかし、a)我々はツインモーター四輪駆動システムについて話していること、それはランチア ブルバード的ではなく、現在できる限りラリアートらしさを感じられる、そしてb)ここアメリカは、ラリアートの復活が始まっている場所であることを思い出す価値がある.

ラリーアート仕様は、アメリカにおける三菱の全車種の頂点に位置することになる。アメリカでは三菱が驚くほど成功を収めているので、ラリーアートはかなり大きな存在だ。エクリプス クロス、アウトランダー スポーツ、アウトランダー(ガソリン車)、ミラージュのラリーアート仕様が登場することになる。

日産は、数年前に三菱を拾ったが、歓喜の音楽を奏でたことがあるかもしれない。- (ゴーン氏が隠れていた)音楽バンドのフライトケースがイスタンブール経由で迂回したとしても - しかし、そこで利益を上げるチャンスがなければ、日産の誰もゴーサインを出すことはなかっただろう。三菱はここしばらく特に沈黙を守っているが、きっと技術的な力作を出すことが最高の復帰の方法なのだろう。三菱はラリーアートという名前で反応を試しているのだろうか?そうではなさそうだが、すべてが決まっているわけでもない。

さあ、アメリカの人たちよ、これを実現させてくれ。テクノロジー祭りとラリーの成功を取り戻そう。きっと、世界の三菱ファンから感謝されるよ。


=海外の反応=
「さあ、三菱よ、今こそ…ヒュンダイはEVでもポニー70年型に逆戻りだし…。3000GTやギャラン、EVOやパジェロも、まともな新型はもうないのか? せめて、現代のEVとして作り直し、ラリーアートトリムとステッカーをオプションパックで追加すればいいのにさ…」
「*トリムレベルとして
エクリプス、プーマ、インテグラ、そして今、ラリアート。私の子供時代のヒーローが次々と堕落していく。今はトリムレベルまで下がってしまった」
↑「インテグラは常にセダンで出て、常に栄光をつかんだのはホンダ シビックだったじゃないか。何言ってるんだ?」
「コレジャナイ感」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53467/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ