100%EVのアルピーヌ A110 オープントップ、E-ternité(エテルニテ)は718 ボクスターより軽量





アルピーヌが "E-ternité(エテルニテ/永遠)"と名付けられた新型A110。アルピーヌ、大きな声で叫ばなくてもいいよ、はっきりと聞こえてるから。

なぜなら、アルピーヌ A110は完全な電気自動車だから。ルノーグループのボス、ルカ デ メオは、この驚くべき小型スポーツカーの未来を電動化し、比較的軽量に保つという約束を果たしたことになる。「アルピーヌの名を永遠に残すために、電動化したい」と彼は言った。

このプロトタイプは、A110の誕生60周年を記念して製作され、2022年のフランスGPの前夜に登場する。それならもう、ラ・マルセイエーズを口ずさんでいるようなものだ。アルピーヌは、このプロジェクトを「コマンドスチーム」が1年足らずで完成させたと語っている。

アルピーヌの課題は、ガソリンのA110の性能と敏捷性に匹敵しながらも、可能な限り軽量化することだった。バッテリーは、トップギアで賞を獲得したルノー メガーヌ E-Techを採用し、A110の内部構造に合わせた特注のケーシングに12個のセルを包み込んだ。ガソリン車の重量配分(前後43/57)に合わせて、フロントに4セル、リアに8セルが搭載された。

392kgの質量を追加することになったが、「亜麻」と呼ばれる素材からパネルを作ったり、もちろん汚れた油まみれのICEビットを廃棄したりといった他の対策のおかげで、e-A110の総重量は1,378kg(ただし目標は1,320kg)である。ちなみに、通常のA110が1,100kg程度であるのに対し、718 ボクスターなどは1,400kg強となる。

サスペンションは通常車から引き継がれ、リアロアアームが強化され、ダンパーはオーリンズ製となった。スプリングもわずかに硬くなっている。

バッテリー容量は60kWhで、出力は200kW(272ps)だ。アルピーヌは、0-100km/hのタイムを4.5秒としているが、ICE車と引き離されているという感じはないし(A110 4.5秒、A110 GT/S 4.2秒)、最高速度は250kmh(A110、GTと同じ A110 Sは260km/h)と見込んでいる。とにかく十分だ。そして航続距離も、この手のクルマとしては十分だろう。アルピーヌでは261マイル(420km)、ICEカーは341マイル(550km)と主張している。

DCTギアボックスは、高トルクを可能にする新しい電子制御を採用した特注バージョンで、この車がオープントップであることにもお気づきかもしれない。アルピーヌは、軽量スターを電動化するというチャレンジだけで満足することなく、ルーフの一部を切り取ることにもした。ルーフシェルにリサイクルカーボンを注入し、オリジナルのセルの強度を損なわないようにしたのである。

そして、そのセル内部には、サブを含む8スピーカーのオーディオシステムと、ドライバー自身のタブレットをスクリーンとして使用する新しいマルチメディア・セットアップが搭載されている。

アルピーヌは、「レストモッドの精神に基づき、A110はこの研究作業の理想的なプラットフォームとなり、格調高い過去とさらに野心的な未来との架け橋となりました」と述べている。

静かで軽快(的)な未来へ、ようこそ。


=海外の反応=
「エアロダイナミクスを追加する必要があるのだろうか?」
「ICE版があるのがありがたい」
「EV化されるのは嬉しいね。しかし、それの最も近いライバルに対して比べたくなる。ポールスターのO2コンセプト、ポルシェの718、最も安いテスラなど。するとあまりにも遅いように見える。アルピーヌがロータスとすでに開発している「ゼロから始める」EVと比較すると、この車のポイントは何なのだろうか?」
↑「これはコンセプトであり、プロトタイプであり、なんというか…これは避けられないということを世間に「警告」するための運動なんだ。そうですね。運転するのもなかなかいい感じだろう、きっと」
↑「このEV時代でもアルピーヌブランドは軽量化のために立ち上がるという意思表示でもあるよね。だって、市販の718ボクスターよりも軽い というのは、かなり自慢できること」
↑「2016年に作られた私の電気自動車BMW i3よりも重く、向こうは座席数も2倍なので、それほど自慢できるものじゃない」
「ルーフはなくなるけど、エキゾーストノートもなくなっちゃう。ICE車がいかに低排出ガスであるかを考えると、私には理解できない。マニアにとって、電気自動車はクォーツ時計のようなもので、多くの点で優れているにもかかわらず、そのことを聞きたがらないのだ」
↑「時計の世界ではクオーツ(とデジタル)が主流であることを心に留めておいてほしい。いずれ自動車もそうなっていくだろう。ICEは、実用的というよりは、象徴的、感情的、歴史的なアイテムとして復活すると思うよ」
↑「そうだね。そして、既存の伝統的な性能の高い車は、いずれコレクターズ市場で天文学的な金額に達することになるだろう。伝統的な時計と同じように。スーパーカー、スポーツカー、GTカーが、すべてが電動化された後もその魅力を保ち続けることができるのか、謎だけど。内装やシートの質感だけが差別化のポイントになるというのに」
↑「このような場合、「低排出ガス車」であることは関係なくなってくる。アルピーヌではこの方法しか解決方法がないよ」
↑「環境のための最善の解決策は、オキシ水素混合物またはLPG-GPL-CNG混合物(液化石油ガス蒸気または天然ガス)に基づく燃料電池で実行されているエンジンだろう。しかし、多くのブランドは、推進力を完全に電気モーターに切り替える準備ができているようだね。特に、過度に混雑している世界の最も重要な大都市では」
↑「ってか、ガソリンのままのA110の方がよっぽど環境のためになるじゃん」
↑「もしみんながその論理でA110を買ったら、A110の数が多すぎて環境のためにならないのでは?」
↑「この禁止令が施行されるのは2035年で、一般的な車両開発が3年から8年程度であることを考えると…。アルピーヌは、禁止令が出たときに足元をすくわれるよりも、今、それに着手したほうが賢明だろう。だって、禁止令が出た後のアルピーヌには、倒産という選択肢しかないのだから」
↑「いや。禁止令が出るときには、まったく別の世界になっている。電気技術は今、3カ月ごとに変化している。早くから買い求めるのは少しばかり愚かなことだ。その時が来たら、その時に最新の技術であれば何でも買えばいい」
「デザインはあまり好きではないのだが(A110に911タルガのようなルーフを付けて欲しい)、重量を抑えたというのはすごいことね。アルピーヌとロータスが共同開発することで、きっといいことがあるに違いない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/07/52358/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ