新型BMW M3 ツーリングはリアから眺めていたい、ステーションワゴン市場を盛り返す一台


BMW M3ツーリング。やっとだ。トップギアとしても、BMW Mにこれを出せと、どれほどの間、しつこく言ってきたことか。あまりに長い間待たされたので、今はクルマがどうこうよりも、正直、安堵感で一杯。でも、このタイミングはちょうどいいと思わない?パッケージは言うに及ばずだし。

まずはそこから。トランクは500リットル、パワーは503bhp。どちらもいい数字だ。後者のほうが文脈的にわかりやすいと思うので、まずは前者について詳しく見ていこう。通常の3シリーズ・ツーリングから変更はない。排気量アップや4WD化、サスペンションの変更などはなく、機能面が充実している。床下収納、フック、キットを固定するマグネットレール、そして便利なオープンリアウインドウがある。シートをたためば、1,500リットルの大容量に。いろいろあるね。

当然のことながら、アウディ RS4のロードベイとほぼ同じ大きさ、形状だ。また、ポルシェのタイカン スポーツツーリスモの荷室よりも大きく、形が良いので参考になる。後席も大きい。家族連れにも対応できるだろう。

しかし、もっと重要なことは、見た目がとても素晴らしいということだ。このスタンス、プロポーション、リアの3/4に集中できるから、クルマの前に回り込む必要がないこと…これ、マジで重要。バッグスバニーの面影はまだフロントにあり、初見のショッキングな度合いは下がったものの、BMWはもっといいものを作れたはずだという思いは消えない。しかし、ステーションワゴンならバックエンドに注目が集まり、ビジュアルのバランスは取れている。

そして、BMWのカラーパレット部門は最近、見事な演出を施している。この2つの事実が相まって、地味なアウディ RS4は、圧倒的に忘れられた選択肢になるだろうし、近々登場するメルセデスAMG C63ワゴン(まだ発表されていないが確実にやってくる)は、これに追いつくためにいい仕事をしなければならないだろう。

M3 ツーリングは他のクルマが見落としている「大当たり」となる可能性を秘めている

それは、BMWがひたすら避けてきた技術的なカードを切ることになる。まもなくC63サルーンを見れば、そのフルハイブリッドパワートレインについてもっと知ることになるだろう。でも、まだパフォーマンスカーに電気やハイブリッドを使うことに納得していないって人もいるよね?電気モーターには質感も音色もない。しかし、3.0リッター直6ツインターボならどう?それが、今ここで話していることなんだ。503bhpと650Nmのトルクは、2,750-5,500rpmの全域で発揮される。8速オートマチックギアボックスで駆動されるとはいえ、ミッドレンジは轟音に満ちている。いや、ステーションワゴンじゃなかったら、きっと正解じゃない。

だから、1台しかないけれど、これが正解なんだ。高出力のコンペティション仕様で、年間を通じて安心できるxDrive 4WD。マニュアルの選択肢はない。ステーションワゴンなので、誰も希望していないのだろう。時速0-100km/hは3.7秒とBMWは主張している。そんなことはないだろう?xDrive M3の97km/hまでのタイムは3.2秒、160km/hまでは7.4秒だったんだから。これより遅くなることはないだろうに。重量は1,730kgのサルーンから25kg増えただけで、そのほとんどはボディワークの変更ではなく、シャシーの剛性をサルーン並みに保つために追加された強化パーツによるものだ。

では、他に何が変わったのか。重量増はリアに集中しているため、リアのサスペンションはより堅固になり、スプリングとダンパーがわずかに強化された。カーボンルーフは廃止され、ボディカラーとグロスブラックから選択できるようになり、後端には新しいルーフスポイラーが装備されている。3Dプリントされた自慢のルーフスポイラーだ。

ボディーの改造はコストがかかるため、最小限に抑えられている。リアドアはセダンと共通だ。膨らんだリアアーチにつながるドアスキンは、もっと官能的なものがよかったのだろう。しかし、その代わりに突然の "くびれ"が出現した。Bピラーから先は、ステーションワゴンもセダンと同じ。

キャビンも同じで、これ(と今作られているすべてのM3)は、iXとi4と共通の、新たにアップグレードされたインフォテインメントが装着されている。BMWは(ありがたいことに)今でもタッチスクリーンと一緒に回転式コントローラーを搭載しているが、ダッシュボード全体は27.2インチのスクリーンで覆われている。シート、ドライビングポジション、素材の質、ボタンと画面の比率がポイントになる。

このクルマは、まさにいきいきとして素晴らしいクルマであることは間違いない。アウディ RS4の脅威を払拭するだけでなく、次のクラスにも戦いを挑むことができるのではないだろうか。現行のRS6とE63は強力なマシンだが、B級ロードを走るには大きすぎるのである。そして重い。M3の重量増には誰もが首を傾げるが、それでもRS6やE63より1/4トンも軽いのだ。M3ツーリングが80,550ポンド(1,335万円)、同等のM3セダンが78,425ポンド(1,300万円)であることから、最近では10万ポンド(1,650万円)クラスのモデルであることもわかる。

3シリーズとしては破格の値段だが、「スーパーSUV」というフレーズを思い浮かべてはいけない。X3MやGLC63、マカン ターボ、FペイスSVR、RS Q8(たくさんある)などは、スピードとスペースはあるが、ドライビングはうまくなくて、ダイナミクスは鈍く、効率も悪い。それでも買う人はいるし、本来はもっとかっこいいことがわかっているクルマから遠ざかっているのに、まだ買うということだから、これはこれでいいことかもしれない。そう、みんなが納得してうなずきながら、静かに欲しくなってしまうようなクルマである。1994年に登場したアウディ RS2以来、久しぶりの感覚だ。

問題は、BMWがなぜこれほどまでに長い時間をかけてそれに取り組んだのかということ。メルセデスAMGが1998年にC43を発表して以来、アウディはホッとなステーションワゴン市場を諦めず、このニッチな分野を長年にわたって支配してきた。しかし、BMWはどうだろう。E46型M3はクーペのみ(E30型以降でサルーンを生まなかった唯一の世代)であり、ツーリングを生産するにはシャシーレベルまで変更しなければならず、その複雑さは計り知れなかった。他の世代であれば、ゴーサインが出たかもしれない。しかし、それが実現しなかったために、私たちは今に至るまでその機会を奪われてしまったのである。

M3の36年間は、5枚目のドアがつくまでだった。M5ワゴンは、1992年のE34と2007年のE61の2台が存在する。BMWは何らかの理由で、このスパンを15年間とり、以降は繰り返さないことにしたのだ。その理由は簡単で、ファストファミリーカーを求める顧客がSUVを求めている以上、ホットワゴンは必要ない。BMWは、フライング・スコッツマン号の炉よりも貪欲な顧客に向けて、X3、X4、X5、X6、そしてX7のMバージョンを、石炭ストーブのように必死になって送り出してきたのである。



そんな中、M3は洗練された選択だと思わない?より低く、よりスリムに、より鮮明になったM3は、どんな天候でも、どんなコンディションでも使えるクルマになるはずだ。しかし、いくつかの欠点もある。申し訳ないが、アメリカでは、不向きだ。標準の3シリーズ ツーリングは、アメリカでの販売にホモロゲーションされていないし、このモデルもそうだ。トヨタのGR ヤリスと並んで、「われわれのいとこにはないクールなもの」のリストに入っている。大きな市場はイギリスとドイツで、日本とオーストラリアがそれに続く。で、牽引バーが便利だと思ってる?申し訳ないが、このM3や他の車には付けられない。BMWの売り上げが減るのは目に見えている。

これまで私たちは、サルーンとクーペの重量、少し鈍いステアリングとギアボックスについて批判してきた。しかし、ステーションワゴンに関しては、プロフィールが異なるため、大目に見ることにしよう。そうすると、このクルマには、ほとんど文句のつけようがない。正直なところ、M3 ツーリングは他のクルマが見落としている「大当たり」となる可能性を秘めていると思う。サイズも形も、バッジもイメージも、性能も技術的なパッケージも適切だ。これ以上の高速ファミリーマシンは他にないと思う。Mの50年というのは、今、ミュンヘンからCSLが復活したことで大騒ぎになっているが、私にとって究極のM3とは、それよりもこれなのだ。

=海外の反応=
「やっと、子供とラブラドールを乗せてドリフトできるクルマになった」
↑「そんなら、C63が良いんじゃない?これはサーキットに持ち込むためのクルマだもの :D」
「あ、またあの豚鼻だ」
「BMWさん、お願いだからM3ツーリングをアメリカに持ってきてほしい。この車には実際に、たくさんの需要があるのです!信じたほうがいいですよ。なんとかM3ツーリングをアメリカ市場に持ち込む方法があるはずだ」
「見た目がダサい」
↑「君のプリウスほどクールなものはないだろうよ」
「この車のリア99%が、ホント好き」
「まず背面から見せる。そうすると、スマートだね」
↑「グリルに比べればどんな部分も悪くなるとは思わなかったけれど…薄気味悪いS&Mっぽいシートを見てしまった…」
↑「このグリルは、この形状に合っていると思うな。問題はM4クーペの方よ」
↑「正直、グリルはそこまで悪くないと思うけど。まあ、かっこよくはないわな。でも、M4やノーマルのM3には似合ってる。M3やM4の実車を見て、そう思うようになった。この車の存在感や背の高さは、グリルを補って余りあるものだと思う」
「やっぱりx-Driveのコンペティション仕様のみなんだね。BMWは、3シリーズがより軽く、狭く、短かった00年代にこのバージョンを提供する機会を逃したが、最も重要なのは、荒々しいNAモーターを持っていたことである。4年前ならアルピナ B3 ツーリングがあったかもしれないのに」
「このような、「憧れ」のようなものを実現するために、日々努力を重ねている。このスタンスと、特にクラシックな「リア・スリークォーター(3/4)」ビューは、とてもよく機能している。自分が考えていたよりも大きな "欲望"を生み出す。また、8気筒のC63は、常に私の "クールなファミリーエステート"の選択だった」
↑「100%完璧なものはほとんどないので、まずは良いベースとなるものを探す。Priorのようなチューナーによって、いつでも新しい顔を手に入れることができるから。95%は非常に良いけど、本当に良いものにするには、フロント部分を変更する必要がある」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/51262/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ