【トップギア試乗】「マイ・ファースト・ベントレー」ならベントレー ベンテイガ ハイブリッドで決まり

22,800,000円

ベンテイガ ハイブリッドとは?
ベントレーが「新型ベンテイガファミリーのベストセラーになる」と見込んでいるベンテイガ ハイブリッド。電動化されたと聞くと、何より価格が高そうだと思われがちだ。だが、このベンテイガ ハイブリッドは2,280万円からで、これはV8とまったく同じ価格となる。だから、従来の8気筒エンジンか電動6気筒エンジンのどちらかは、全く好みで選ぶことができるというわけである。そのベンテイガ ハイブリッドに試乗する機会を得た。ベンテイガ ハイブリッドは、ベントレーの全モデルの完全な電動化に向けたクルーの最初のステップだ。「ビヨンド100」と名付けられたこの大きなプランでは、2023年までにベントレーのすべてのモデルを電動化し、2026年までにラインナップをすべてハイブリッド車とEVで構成し、2030年までにEVのみにすることを目指している。

ベントレーの大型SUVは2015年から登場していたものの、プラグイン版が発売されたのは2019年の半ばであった。その1年後、ベンテイガは大きなフェイスリフトを行い、英国でハイブリッドは販売を中止していた。しかし今、それが復活。機械的にはほとんど以前と同じ。つまり、3.0リッターのシングルターボV6と8速オートマチックトランスミッションが、126bhpのe-モーターによって分割され、トランクフロアの下に隠された13kWh(使用可能、正味17kWh)、210kgのバッテリーから電力を得ているのだ。

これは、よりパワフルな2.9リッターV6ツインターボを採用している新型フライングスパー ハイブリッドとは異なる仕組みになる。それでも、ベンテイガ ハイブリッドの総合出力は449ps、700Nmという立派なもので、0-100km/hを5.5秒、最高速度は254km/hに達する。2.6トンを超える重量を持つ威圧的なフロントのSUVとしては悪くない数字だ。

ベントレーは、電気自動車としての航続距離は50km、燃費は29.4km/Lと、あまり意味のない数値を発表している。CO2排出量は82g/kmだ。

たくさんのモードがついてる?

はい、通常のモードはすべてある。バッテリーに十分な電力がある場合は、いわゆる "EVモード"でスタートし、使用可能な電力をすべて使ってからV6を呼ぶ。しかし、E-モーターだけでは足りない場合は、アクセルペダルを巧みに踏み込むことで、内燃機関を作動させられる。その後、エンジンは再び停止に入る。

ナビに目的地を設定すると、ハイブリッドモードではGPSデータを利用して、電気と内燃機関の動力をうまく使い分ける。例えば、街中ではEパワーを使い、高速道路ではエンジンを使うというように、ドライバーは何も言わなくても、目的地に着いた瞬間にバッテリーが空になるようにするのだ。どうやら、うまくいったようだね。

ナビを信じ切れないときのために、充電をためておくこともできる。ベンテイガ ハイブリッドには回生ブレーキが搭載されているが、ガッツリ充電をするためには、ウォールに接続する必要が出てくるだろう。フル充電には約2時間半かかるが、英国では7kWのウォールボックスを無料で利用できる。

前述のPHEVモードのほかに、ステアリング、サスペンション、スロットルレスポンス、トランスミッションなどのモードが変えられる。けど、早い話、すべて "Bentley"にしておけば、ベストな状態で使用できるけど。

電気モードではどんな感じ?

もちろん、他の内燃エンジン搭載のベンテイガと同様に、非常に静かでスムーズ。ハイブリッドのインテリアは静寂の繭のようで、外界からの干渉を最小限に抑えて数時間を過ごすには最高に癒される場所だ。

クルマの電源を入れるとすぐにEVドライブモードになり、可能な限り電気だけで走行する。走り出しは、他の内燃エンジン搭載のベンテイガ以上に、非常に静かでスムーズ。ハイブリッドのインテリアは静寂の繭の中にいるようで、外界からの干渉を最小限に抑えて時間を過ごすには最高に癒される場所となる。パワートレインは、Eモーターに3.0リッターV6ツインターボを組み合わせ、449ps、700Nmを発揮する。ガソリンと合わせた総航続距離は536マイル(863km)電気のみで31マイル(50km)走行できる。

EVドライブモードは都市部や短距離の移動に最適だ。「ベントレー・ハイブリッド・エフィシェンシー・アクセルペダル」を踏み込むと、瞬間的な抵抗がドライバーに伝わり、電力のみの走行からハイブリッド走行へと切り替わるポイントが分かるようになっている。この切り替えが、これまでのベントレーにはなかったもので、楽しいと感じた。「ベントレー・ハイブリッド・エフィシェンシー・ナビゲーション」による予測データに基づき、交差点に近づいたり法定速度が低下したりするとアクセルペダルが振動してドライバーに減速を促す。これがエネルギーの節約と回生エネルギーの最大限の回収につながっていく。Eモーターから内燃エンジンに切り替わるポイントを、アクセルペダルを介してドライバーに体感的に伝えることによって、EVドライブモードをできる限り維持することを促し、効率性を最大限に高めさせる。EVドライブモードでは時速84マイル(135km/h)に達するまでEモーターが駆動する。

ハイブリッドモードは、ナビゲーションシステムのデータに基づき、効率性と航続距離を最大限に引き出す。このモードは長距離ドライブ向きで、ナビゲーションシステムの走行ルートにしたがいながら、Eモードの予測機能とエンジンの惰性回転を利用していく。ナビゲーションシステムに目的地を入力すると、走行シーン毎に適切なドライブモードが自動的に選択され、バッテリーの電力を最も効率的に利用するための計算が絶えず行われる。EV走行が最も有効と思われるシーン、例えば都市部に進入したときなどに備え、バッテリーに電力が蓄えられる。目的地に到着した時点で充電量がゼロになるように自動計算することで、トータルな効率性が最大限に向上する。

ホールドモードではエンジンと電力がバランスよく使い分けられ、必要なときに電力で走行できるように高圧バッテリーの充電量が維持される。ドライブダイナミクスモードのスポーツモードを選ぶとデフォルトでホールドモードになり、ブーストと回生が確実に行われる。

しかし、EVモードでは128psの出力と2.6トンの重量「しか」ないベンテイガ ハイブリッドは、速く走ることはできない。ベントレーではV6が点火する前に130km/h以上まで加速できると主張しているが、65km/hに到達するまでには待ちくたびれてしまうだろう。だったらアクセルペダルの踏み込みを越えて、内燃機関を目覚めさせた方がいい。V8やW12に乗ったことのある人ならば、ここは物足りないと感じてしまうかもしれない。スポーツ以外のドライブモードで急加速を要求すると、トランスミッションがしゃくりあげられ、道路を走り出すまでに少し長すぎるほどの間が与えられる。さらに問題なのは、V6自体がベントレーらしくないということだ。V8やW12のようなスムーズさやシルキーさが欠けている。ほとんどの時間は事実上無音に近いが、高回転域では少し粗さを感じさせる。

でも、このハイブリッドがすごいのは、エンジンが息を吹き返したことを示すのはレブカウンターの動きだけに感じること。スロットルペダルをバルクヘッドに突き刺さない限り、騒音や感覚は感じられない。ハイブリッドは、スポーティなベンテイガを目指したものではない。だから、V8やスピードのような圧倒的な速さがないだけでなく、彼らのような落ち着きもない。それでもベンテイガ ハイブリッドは、安定したボディコントロールができなくても、悪路でも自信を持って走れる、非常に快適で気楽なクルマであることに変わりはなかった。さまざまなシーンを走り回るためのクルマとして、穏やかで安定しており、ドライバーの腕を必要としない。その大きさも、それほど問題にはならない。

海外で行われた実験では、都市部での日常ユースの70-80%を電気だけのゼロエミッション走行でまかなうことが可能であるという結果も出た。環境に優しいというだけでなく、ベントレーは持続可能な未来にふさわしいクルマであるという新たな評価の確立にもつながる。

スポーティなの?
ハイブリッドは、スポーティなベンテイガを目指したものではない。だから、V8やスピードのような圧倒的な速さがないだけでなく、彼らのような落ち着きもない。それでもベンテイガ ハイブリッドは、安定したボディコントロールができなくても、英国特有のひどい道路でも自信を持って走れる、非常に快適で気楽な車であることに変わりはない。さまざまなシーンを走り回るためのクルマとして、穏やかで安定しており、ドライバーの腕を必要としない。その大きさも、それほど問題にはならない。

ハイブリッドは他のベンテイガとどうやって見分けるの?

小さな「Hybrid」バッジとリア左ハンチの充電ポートをよく探さない限り、あるいはデジタルダイヤルやインフォテインメントシステムで遊ばない限り、見分けはつかない。しかし、総じて言えば、ベントレー ベンテイガは非常に魅力的な高級SUVである。昨年の大規模なフェイスリフトで1,000個もの新しい部品が導入されたことで、さらに魅力的になっているし。

価格はいくら?
ベントレーが「新型ベンテイガファミリーのベストセラーになる」と見込んでいるベンテイガ ハイブリッドの価格は2,280万円から。これはV8とまったく同じ価格なので、従来の8気筒エンジンか電動6気筒エンジンのどちらかを選ぶことができる。今回のベンテイガ ハイブリッドのポイントは、街乗りが主体で、はじめてベントレーを選ぶ顧客に対して、とても寄り添って作られているということである。「マイ・ファースト・ベントレー」は、このベンテイガ ハイブリッドで決まりだろう。さて、あなたはどちらを選ぶ?

スコア:8/10

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49069/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ