【トップギア試乗】アストンマーティン DBX 707:707psのプロトタイプSUV

189,000ポンド(2,900万円)

ああ、世界最強※のSUVか…
その通り。ただし、上についた※は、ヘルキャットエンジンを搭載したダッジ デュランゴ SRTやジープのトラックホークなど、米国の大物を除外した中で、ってこと。DBX 707の名前の由来は、最高出力が707ps(697bhp)から来ている。しかし、このクルマはまったく違うタイプのものだ。というのも、これはまだ技術的にはプロトタイプだから。このストライプが、何の変装にもなっていないことがわかってるだろうけど。

サーキットで走らせたの?
はい、シルバーストーンにあるアストンのストウ開発サーキットで。スタートのは、あまり良くなかったんだ。今となっては、この話をすること自体が、アストンマーティンを語る上で大きな意味を持つ。トビアス ムアーズCEOに、新型DBX 707のサインオフに関わったかと尋ねた。彼は信じられないという顔をした。もしかしたら、誤解されているのかもしれないと思い、もう一度聞いてみた。「サインオフする前のクルマで、開発に携わっていたんですか?」と。しばらく間をおいて、こう言った。「これは私のクルマです。私が作ったたんです」

ちなみに、トビアス ムアーズはアストンマーティンのCEOである。エンジニアリングディレクターでもなく、シャシーの第一人者でもない。あくまでもボスである。なぜ彼がクルマの開発を自分の仕事と捉えているのかという疑問はさておき、少なくとも彼が指示を出し、その手中にあることは間違いないだろう。

その結果、どうなったか?
まったく違うタイプのDBXになった。よりハードに、より怒れる獅子に。現在のモデルレンジを見渡せば、ほとんど新しいタイプのアストンマーティンだ。DBS スーパーレッジェーラのキャッチフレーズは、「a brute in a suit(スーツを着た猛獣)」。文化的であり、GTであることに変わりはないが、より有能で魅力的な存在になっただけだ。アグレッシブさという点では、ヴァンテージ F1エディションよりもワンランク上だ。そして、SUVである。

おそらくそれは、ブランドが目指す新しいミッドエンジンの未来の方向性を示しているのだろう。それは今年後半、ついにヴァルキリーから始まると約束されている。この本気で立ち向かってくる攻撃性は、ランボルギーニ ウルスや最も恐ろしいポルシェ カイエンとより調和しているものだ。しかし、これは必ずしも快適性を失わせることを意味するものではない。アグレッシブさの大部分とは、騒音、態度、スピード、そして能力によってもたらされる。他の言葉で言い換えようとすれば、できる類のものなのだ。逆にランボでは、全面的な攻撃性から身を隠すことは難しい。

アストンは、より大きなターボを搭載しているよね?
それは特徴の一つになっている。より強力なブロワーによって、既存のツインターボV8が157psと200Nm向上しているのだから。もちろん、冷却効果を高めるための大型グリル、メルセデスAMG E63 Sから流用した新しい湿式クラッチバージョンの9速ギアボックス、23インチホイールと420mmの巨大なカーボンセラミックブレーキの標準装備(全方向のばね下重量を40kg低減)、60mm拡大したトレッド、ローンチコントロール、改良型サスペンション(55パーセント硬いフロントダンパー上面マウント、マジだ!)、「ルーニー・テューンズ」のダフィー ダックを閉じ込めたようなリアディフューザーなどが工学的連関を引き起こすことになったのだが。

もっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。スプリント性能を高めるためにギアリングを短くし、0-100km/h加速をわずか3.3秒で達成するためにローンチコントロールを装備し、最高速度は310km/hに達する。

DBXのシャシーで、このレベルの性能に対応できるのだろうか?
意外なほど簡単にやってのけている。シャシーは弱点ではなく、もっとパワーを扱えるはずだ。パワーデリバリーはウルスほど切迫したものではなく、大型ターボはスプールアップにやや時間がかかるため、立ち上がりはややソフトなレスポンスとなり、回転域の頂点ではハードカットではないが、7000rpm手前でソフトリミッターに引っかかる。その間は強く押し戻され、甘美な唸り声を上げるV8サウンドに促される。

ギアチェンジはランボルギーニほどシャープではなく、瞬発力もないけれど、アストンマーティンはランボルギーニじゃない。このクルマは、もっと幅広い使用を想定している。ウルスはフラットでハードなコーナリングを行い、技巧的な代わりにリジッドなコントロールを行う。アストンには少しロールがあるので、限界が近づいていることをより意識することができる。

限界の先には何があるのか?
エンターテインメントだ。スポーツ+モード(コンソールにはモード切り替え用の便利な新しいロータリーコントローラーがある)では、707は95パーセントのトルクを後輪に送る。自信をもってスロットルを強く踏み込んでいくと、まるでマツダ ロードスターのようにドリフトするのだ。4WDの場合、この時点でとっちらかっちゃうことがよくあるが、DBXはパワーを前方にシャッフルするものの、予測可能で安定した走りを維持している。これは面白い。本題とはズレた話かもしれないが、それでも面白い。

でも、そうでないときも、707は魅力的にコーナーを立ち上がっていく。ノーズから突っ込むのではなく、4輪をうまく使ってニュートラルに立ち上がる。特に印象的だったのは、バックアクスルが落ち着いていて、コントロールされているように感じられたこと。コーナーに入ると、フロントは時折、強いプレッシャーを受けてホップする。アンダーステアに対する抵抗は見事だが、力を正確に伝えるにはステアリングにもっと重さが必要だ。

しかし全体としては、アストンマーティンのSUVから想像されるよりもずっと正確で有能に、サーキットを駆け回っている。DBX 707がこれまでとは違う新しさを感じさせるのは、この限界を超えた能力によるものだ。ボディコントロールは素晴らしく、バランスとアジャスタビリティは気の遠くなるようなもので、(よっぽどのフーリガンにでもならない限り)しっかり縛られている感じがするし、どんなスーパーサルーンよりも上手に(そしておそらく速く)サーキットを回ってくれる。実際、速く走るための最大の難点はシートだった。

シートのどこが悪い?
滑りすぎるし、ボルスターも厚くない。とくに、シートベースが気になる。体はそれなりにホールドされるんだけど、太ももがあちこちにズレるんだ。エンジニアによると、アルカンターラのシートセンター仕様にすると、本当に楽になるそうだけれど。707を狙おうと思っている人は注意してほしい。

低速域ではどうなんだろう?
もちろん、公道で走ったわけじゃないけど、あまり妥協しているようには感じられなかった。乗り心地もいいし、洗練された感じもいい。家族を乗せて距離を走れば、文句を言われることはないだろう。私の経験では、ウルスではそうなってしまったけれど。フロントサブフレームの変更(ブレースの追加)により、フロントホイールの固定が改善され、サスペンションがより効果的に機能するようになった。これが標準のDBXに反映されることを期待したい。

パワートレインは、GTモードでゆったりと走るだけで幸せだ。これがDBXの楽しみ方なのである。もっとグリップのいいシート、もっとステアリングの重さ、そしてリアと同じくらいプログレッシブでコントロールされたフロントエンドが欲しいと思うのは、限界を攻めたときだけだ。

ブレーキはどう?
707のスピードと2.2トンを超える車重を考えると、重要なポイントだ。明らかなストッピングパワーは良いけれど、傑出しているわけではなく、フェードに対する耐性が非常に優れている。ただし、ペダルはしっかり踏めるし、距離は伸びないし、自信も感じられる。

見た目は?
まだ十分とは言えない段階だ。エレガントすぎると思う。この手のクルマを買う人は、できるだけ堂々としていることを望むようだ。確かにホイールは大きくなり、フロントエンドはより大きく開いているが、実際に運転してみると、それほどアグレッシブなスポーツカーには見えない。例えば、アストンは車高を低く見せる工夫をしているが、実際には車高を下げていない。しかし、サテン・チタニウム・グレーの塗装は素晴らしい。

買う人はいそう?
もちろん。この時代に買うべきかどうかは、その人の良心の問題となる。ヨーロッパは環境問題で先行し、アジア、アメリカ、中東の市場よりも社会的な関心に敏感であることを忘れてはいけない。

しかし、世界中のバイヤーを苛立たせる欠点もあります。189,000ポンド(2,900万円)という価格(標準より3万ポンド/460万円アップ)ではなく、これは専売特許を確保するのに役立つだけだ。タッチスクリーンはまだついてない。そして、アストンが大きな期待を寄せている、そしてバイヤーを惹きつけてやまないスピードとパワーの数値についてはどうだろうか?707ps、3.3秒の0-100km/h加速と310km/hの最高速。これらは、SUVの世界では大きな変化ではない。

310km/hはベントレー ベンテイガ W12 スピードやランボルギーニ ウルス(どちらも306km/h)より数キロ速く、ポルシェ カイエン GTの0-100km/h加速(3.3秒)と同じだ。噂によると、今年、より速いウルスが登場するそうで、そうなると、おそらく322km/hと3.0秒以下のスプリントを目標にしたものになり、DBX 707が達成できなかったベンチマークとなる。ここは、DBXが本来持っている洗練された魅力で、その役割を果たすことを期待したい。そして、おそらくはニュルブルクリンクを高速で周回することもできるだろう。

エースリサーチ探偵事務所

スコア:8/10点

=海外の反応=
「すべての自動車会社は次のように言う。"効率的で環境に優しいことを優先する必要がある。だから無駄なスポーツカーはもういらない。すぐに対処しなければならない!"
また、別の自動車会社はこう言う。"子供たちがサッカーをする必要があるので、無駄のない全く新しいオーバーパワーかつガツガツしたSUVを紹介しよう"」
「80,000km走るまでにエンジンが自壊することに賭けるか、どうか…」
「編集部の人たち、0-100km/hが7.4秒になったね。もうちょっと速いといいんだけど」
「エレガントすぎるって?私はベース車の方が、不格好なダックテールを除けば、SUVの中で最も格好良いものの一つだと思う。でも、ちょっとこれは醜い。グリルが大きすぎて、ジンベイザメにしか見えない」
「これを執筆したオーリーはスーパーカーの素晴らしさを伝える素晴らしい評論家だが、このレビューはこのクルマと同じくらい無意味な気がする…。一体誰が2.2トンのSUVをサーキットに持ち込むのだろうか?
この車は素晴らしく設計されているようだが、99.9%の購入者は、このトップモデルの排他性を求めて、とんでもない額のお金でこれを手に入れるだけだ」

ピックアップ

アーカイブ