テスラ時代に生まれ変わったヒッピーバス、フォルクスワーゲン ID バズは究極のEVファミリーカーを目指す

20年にわたるコンセプトカーの歴史。60年の歴史。そして、ここに、ついに。フォルクスワーゲンは、EV時代のマイクロバスを再発明し、その名も「ID バズ(Buzz)」と名付けた。

ドイツでは、マイクロバスは「バス」と呼ばれ、電気モーターの音も加わり、フランツは「オンケル」と呼ばれている。このバカバカしい名前は、EVに欠けているものをこのクルマに与えようとする試みのひとつに過ぎない。キャラクター。個性。魂。

ほぼフラットなフロント、最小限のオーバーハング、ロングホイールベースについては、もうお気づきだろう。これは、VWのID.3やID.4、アウディ Q4 e-tron、シュコダ エンヤック、そして数々のクプラを生み出したのと同じMEBプラットフォームのおかげなのだ。このプラットフォームは、モーターを後方に配置することで超低重心を実現し、1960年代のビートルと同じようにリアエンジン、後輪駆動のトールバンを実現することができる。

もちろん、これは単なるレトロな判断ではない。駆動系を後方に配置することで、ドライブシャフトを介さずに前輪をより遠くに旋回させることができるため、バズの回転半径は11m強となった。つまり、この大型ファミリーバスは、ゴルフと同じくらい操縦しやすいということだ。この後、全輪駆動のモデルが登場し(回転半径も大きくなる)、さらにパフォーマンスフレーバーをふりかけたID バズ GTXが登場するという噂も…。

バージョン違いといえば、ここにある写真のOG IDは、標準ホイールベース、77kWhのバズ Proで、200bhpを超えるパワーを持っている。実走行距離は200-250マイル(320-400km)。来年には、バッテリーを小型化し、エントリー価格を5万ポンド(765万円)に抑えたエントリーレベルのバズ Pureが登場する予定。また、車軸の間にはより大きなバッテリーが搭載される。

もちろん、本当に欲しいのは、超高速のオール電動キャンピングカー「ID バズ カリフォルニア」だ。早くとも2025年までは出ないようだが。VWは、ディーゼルエンジンのカリフォルニアが売れている間は、その置き換えを急がないようである。

IDバズが登場すれば、双方向充電により駐車中に放電し、飲み物用の冷蔵庫やキャンプ場のジャグジーに電気を供給することができるようになる。お好きなようにどうぞ。日中は安い電気でバズを充電し、夜には家庭用蓄電池(みんな持ってるよね? いや、じつは私たちも持ってないけどね)に電力を供給するために使うのだ。

その他、バズにはCar-to-X通信という近未来技術も搭載されている。近くのフォルクスワーゲンのデータをクラウドにダウンロードし、道路標識の欠落や、ナビを狂わせるような渋滞を近くで知ることができるのだ。

また、狭い私道のようなトリッキーな操作を学習し、記憶することができるセルフパーキング機能がある。つまり、クラッシュせずにできることを証明するため、一度それをやってのけると、バズがあなたの入力を記録し、次回からはハンズフリーでそれを実行できるようになるのだ。賢いね。ただし、大きな「GO」ボタンを押す前にゲートを開けるのを忘れてしまわないように。

実はそれは嘘で、バズにはボタンがほとんどない。フォルクスワーゲンは、触覚、タッチセンシティブのナンセンスが改善されていると主張し、バズのソフトウェアは、現在のゴルフとIDカーのひどいインタフェースよりも良くなると主張している。我々はそれを見たので、信じている。デザインや素材はとても軽快で、陽気で、BMW i3的な感じだが。いいことじゃん、ラウンジのような雰囲気で。

VWの生まれ変わったバスは、長い時間をかけて作られたものだ。第一印象では、待った甲斐があったかな?


関節痛にお悩みの方に【バイオシャークZM450】
=海外の反応=
「原理的には素晴らしいことで、私は長い間、VWがついにこのコンセプトで何かを成し遂げるのを楽しみにしていた。でも、このバージョンはまだ「その一台」ではないんだ。なぜか?それは…
1. 発売当初から7人乗りであるべきだった。SUVが好きではない、別のディーゼルに乗りたくないので、古いギャラクシーとシャランで走り回るたくさんの人々がいる。高額じゃないEVなんか、文字通りない。
2. はるかに長い航続距離の必要がある。300-400kmが必ずしもそれ自体で問題であるためじゃない。しかし、これは家族を乗せるクルマになるだろう。すると余分な重量の負荷となるんだ。子供や物がたくさん乗ることで、航続距離が縮まる。だからそのカタログ値の"航続距離"を長くする必要があるんだ。すぐにレンジが減っていくんだから。
3. VWマイクロバスのイメージは、ロードトリップを中心に構築されているが、この最初のバージョンは、その約束を果たすつもりはない。
だから、長い航続距離の7人乗りが必要で、そうすれば、大量に売れるだろう」
「硬質プラスチックがあちこちにあるのは、どうしようもないね。ファミリーカーはソフトタッチの内装にして、トランスポートバンは硬質プラスチックにすればよかったのに…」
「写真を見て、ISOFIXのポイントが2つしかないのが気になった。このような大型の車両で、家族の実用性を念頭に置いていないのは、奇妙に思える」
「特にLWBバージョンでは、内部をもっとフレキシブルにする必要があると思う。回転するシート、テーブル、キャンプ用に簡単に取り外せるシートなど。そうしないのは大きな失敗だと思う」
「見た目はかわいいんだが、ドライブ用のワゴンというより、本当に都会のおもちゃだ。鈍重なフロントは航続距離を縮める。ただでさえ不十分な航続距離に、同乗者やバッグが食い込んでくるのに。あと、冬は勘弁してほしい…」
「高価だが、少なくともSUVではない」
「見た目はかっこいいけど、VWの新システムは神がかり的なひどさ。ほんと、VWの新システムは最悪だ。せっかくカッコいいバンが、これでは台無しだ」
「本当にかわいい。買いたくなるような感じ。…エンジンがついていればね」
「ロードトリップ用のミニバンなのに、走行距離が足りず、ドライブに適した場所に連れて行けない。バカバカしい」
↑「電気自動車は充電できるって知ってた?300km走っただけで廃車にするのではなく、充電ステーションに立ち寄って、さらに走らせることができるんだよ」
↑「電源が近くにあることが前提だけど、数十キロも走るともうそうでないことがよくある。ICEエンジンなら、燃料タンクをいくつか持っていけばいいだけ」
↑「燃料缶を持参しなければならないような遠隔地に行く場合、燃料の種類にかかわらず、道路に面したFRのバンは最適な道具とは言えないかもしれない。SUVが意味を持つ極めて稀なケースの1つだ」
「マルチバンのEVに派手なプラスチックパーツを付けて。しかし、まあ、それはそれでアリ」
「5万ポンド(765万円)以上しそうなものなのに、恐ろしく安っぽいダッシュボードだね」
↑「あと、すべてのハードプラスチックも」
「2年前から待っていたんだが、まだキャンピングカーを発売していないのが信じられない!」
「欲しい」
「素敵だね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/03/46315/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ