アルファ ロメオ ジュリア GTAのとんでもない血筋


アルファロメオという自動車メーカーは、本当に面白い存在だ。その歴史の中で、アルファロメオはボクシングのヘビー級マッチのようにヒットアンドアウェイを繰り返してきた。しかし、1980年代のマイク タイソンのように、先祖が感じられるほどの強烈なヒットの中で、ミスなど、ほとんど忘れ去られる傾向にある。

限定生産されたスペシャルカー、イタリア最高のコーチビルダーとのタイアップ(ザガートを見よ)、クレイジーなF1カーなど、アルファの素晴らしさは常に3つの文字で表現されている。GTAのことだ。

1965:ジュリア スプリント GTA

アルファがGTA=グランツーリスモ アレッジェリータ(Gran Turismo Alleggerita)(イタリア語で「グランドツアラーを軽量化した」の意)の名称を初めて使用したのは1965年のこと。950kgと決してブタではなかったジュリア GTから210kgもの減量に成功したのである。しかし、これはフィアット以前のアルファであり、彼らがやったことは驚くべきことだった。アルミニウム製のパネルやコントロールアーム、薄手のスチール、プラスチック製のウィンドウ、マグネシウム製のアロイホイール、そしてドアハンドルやウィンドウワインダーに至るまでの新しい軽量インテリア。明らかに、彼らはアレッジェリータなビジネスに真剣に取り組んでいた。

さらに、シリンダーごとに2つのスパークプラグを備えた新しいシリンダーヘッド、軽量化されたドライブトレイン、45mmのウェーバー製ツインキャブレターを組み合わせ、オールアルミニウム製の1.6リッターNordエンジンは、ストリートトリムで115bhp、レーストリムでは170bhpにまで達した。つまり、1トンあたり230bhpに近い出力で、E46 M3よりも多い。そうそう、これが1965年のことだっていうことは、言ってたっけ?

また、170馬力では物足りないという方には、スーパーチャージャーを2基搭載して250馬力/7,500rpmを発揮するGTA-SAというバージョンもあったことをお伝えしておこう。パワーウエイト?フェラーリ F430と同じくらいよ。なるほど。それはいいね。

1968: GTA 1300 ジュニア

ジュリア GT ジュニアは、正直に言うと、完全な税金逃れだった。それは、アルファのためではなく、アルファの車を買う人のために。大容量の車を罰するというのは昔からよくあることで、エンジン容量を規定値以下にするというのは、まったくもって論理的なステップである。この場合、アルファは同じNordの4気筒の1.3リッターバージョンを使用して、ちょっと遅いけれど、罰則の対象にはならない105シリーズを作った。

少なくとも、アルファが60年代後半に1.3リッターのロードゴーイングエンジンで110馬力を発揮するGTA 1300 ジュニアを発表するまでは。レースパートナーのオートデルタは、GTA ジュニアにフューエルインジェクションを搭載し、160bhp以上の出力を得た。純粋に素晴らしかったのである。

しかし、GTA ジュニアは、アルファがGTAの名称に含まれる「アレッジェリータ」という部分を完全に逸脱した最初の例でもある。1300には、オリジナルのGTAほどの軽量化パーツは搭載されていなかった。C63 AMGを求めて、6.2リッターではなく4.0リッターのエンジンを手に入れたようなものだと思えばいい。いいんだ、ブランド力さえ高まれば…。

1969: GTAm

初代アルファ GTAは、少ないもので何ができるかを示す模範的なモデルだった。しかし、トップギアのオフィスに掲げられたバナーにあるように、「Less is more」ならば、その「Less is more」がどれほどのものであるかを想像してみてほしい。

幸いなことに、このケースでは想像する必要はない。最高出力240bhp、軽量パーツの数々、そして1970年代に流行ったディスコのスタジオ54に似つかわしくない照明を備えている。

目の肥えた方は、初代GTAとまったく同じジュリア GTではなく、新型のアルファ 1750 GT ヴェローチェがベースになっていることに気づくかもしれない。それほど目が肥えていない方は、ボンネットをご覧あれ。「スカリーノ」と呼ばれるステップフロントのボンネットは、ボンネットの先端とフロントグリルの間にわずかな隙間があるのが特徴だ。そういえば、レクサスはこのアイデアをLFAに取り入れたのだろうか?

1993: 155 GTA

155 GTAは、E30 BMW M3と190E コスワースの間で繰り広げられた戦いで、アガサ クリスティの小説「鳩の中の猫」となったであろう全輪駆動のターボチャージャー付きサルーンだが、これにカンパリを注ごう。

もし、ランチア デルタ インテグラーレをベースにした4ドアサルーンにアルファのバッジを付け、190馬力を発揮し、ドイツのカウンターパートと同じように箱型で素晴らしい車があったら、私たちの生活はどれほど豊かなものになっていただろうかと、ちょっと考えてみて。私たちはいつでも夢を見ることができるはずだよね?

さて、ザガートは私たちに代わって、155 TI-Zと155 GTA-Zと名付けられた155の明確な限定生産車を製造した。GTAとザガートを混ぜることは、私たちにとってはバーボンとベルモットとビターズを混ぜるようなものだ。あるいは、仕事中にマンハッタンの夢を見るような完全な酒飲みでなければ、他のノンアルコールのものを混ぜることもできる。いずれにしても、これは良い組み合わせであるけれど、あまりにも頻繁には楽しめない。

奇妙なことに、TI-Zは155GTAの方式をより忠実に踏襲し、ターボ付きの4気筒を搭載していたが、GTA-Zは(まったくもって優れた)アルファのV6を採用していたのである。24台のザガート 155はすべて、1990年代に全盛期を迎えた日本に行き着いたようだが、もし誰かがある場所を知っていたら、連絡してほしい。いや、マジで。

2001: 156 GTA

軽くなった?いや、そうじゃない。この場合のAは、Awesome(驚くばかり)なエンジンとかAmazing(素晴らしい)サウンドとか、Aaaah(あーーーっ!)の略かもしれないが、何かを軽くするという意味だったのでしょうか?

そう、バンドのミューズと同じように、当初のアイデアや方向性は跡形もなく消えてしまい、受け手の誰もが混乱してしまったのだ。しかし、現代のミューズのアルバムとは異なり、少なくとも156 GTAは、250bhp相当のブッソV6のおかげで良い音を奏でていた。

しかし、クロムメッキされたランナーインレット、巨大なトルク、激しい加速時のライオンがエレベーターシャフトを落ちるような音など、実際には世紀末のフィアット製プラスチックを使用したフロントドライブのサルーンだった。ああ、それに作りもね。

しかし、私たちがそれを許すのは、a)ゴージャスで、b)いや、実際にゴージャスで、c)実際にかなりよく走るからだ。そして、エステートバージョンもあるかもしれない。売約済みばっかりだけど。

2002: 147 GTA
実は、売れていない。なぜなら、私たちがこれを買ったから。そう、147 GTAは、トップギアのパーソナルカーのOBに数えられるのだ。しかし、私たちは、この車があまりにも破滅的な痛みをもたらしたので、永遠にOB、名誉会員、その他の「二度と私のガレージのドアの敷居をまたがないで欲しい」という意味の洒落た言葉のままであることも言っておかなければならない。

しかし、控えめに言っても、それは悲しげな見送りである。私たちの車は、Supersprint製のエキゾーストシステム、Koni製のFSD、リミテッドスリップデフなど、ちょっとしたおまけが付いていたので、分離不安を抱えた足の不自由な人のようにグリップし、腹の底から発射されたオペラ歌手のような音を立てていた。やれやれ…あのクルマときたら。惚れ惚れするような、腹立たしいような、そんな感じだよ。アルファを一言で言うと。

2009: ミト GTA

アルファを一言で語るならば、ミト GTAを例に、過去のビジネスモデルについても触れておくべきだろう。

アルファといえば、GT、スポーツサルーン、クーペ、ドロップトップなど、個性的で一途なクルマを提供するメーカーとして知られている。素晴らしい。その後、フィアットがやってきて、突然、アルファはミッドサイズのハッチバックを作るようになった。しかし、それらは可愛らしかったし、ブッソのV6が選択できたので、私たちは肩をすくめ、アルファに疑いの目を向けた。しかしその後、ミトというスーパーミニが登場した。可愛くもなく、個性的でもないスーパーミニだが、GMのプラットフォームをベースにフィアットのエンジンを使っていた。

ミトはすでに友情を引き延ばしていたと言ってもいいだろう。そして2009年のジュネーブ モーターショーで、アルファは私たちの最後の忍耐を奪い、GTでもなく、軽量化されているわけでもなく、アルファエンジンを搭載しているわけでもなく、アルファのプラットフォームを採用しているわけでもなく、深海から来た平均的な魚よりも美しくない、GTAバッジを付けたアルファを披露したのである。

2020: Giulia GTA and GTAm

初代ジュリア GTAのような控えめでしなやかなラインではないよね。しかし、その必要はないんだ。だって、繊細さとは無縁の時代に生きているのだから。注目されるためには、隣の男の2倍の大声で(場合によっては4倍バカにして)叫ぶしかない。

つまり、この作品は時代の産物であり、私たちが生きている時代に合っているのだ。完全な電気自動車で、車が1台売れるごとにニューギニアのアマガエルを1匹保護すると約束すれば、さらに時代に合っていると言う人もいるだろうが、どこの国でもそうであるように、我々と彼らのゲームが進行していることを忘れてはならない。つまり、電気自動車のみか、小さな都市を走らせるのに十分なパワーを持つハイパーエンジンのモンスターか、という選択です。

しかし、ここではインターネット上での議論という駄洒落は抜きにして、新しいジュリア GTAがオリジナルの理念にどれだけマッチしているかに焦点を当ててみよう。より軽く、よりパワフルに、そして決して美しくはないが記憶に残るGTAmバージョンになっている。そう評価するのが私たちの仕事だと思っている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS