【トップギア試乗】ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ 10点満点の実力とは?

22,960,000円


お取り込み中、ちょっと失礼。マニュアルがあること。GT3 ツーリングパッケージを購入する際の選択肢は他にもたくさんあるけれど、本当に重要なのはこのマニュアルだけだ。マニュアルにすることで、このエンジンをより身近に感じることができ、より多くのことを考え、より多くのことに関与し、このエンジンの強く、遠くまで届く範囲のさまざまな部分を使うことができるのだ。シフトも素晴らしい。それに、PDKのパドルは期待していたほどいいものじゃなかったし。引き心地が少しソフトなんだよね。

そうだね、マニュアルなら、正直、お金の節約にもなりそうだしね
うんにゃ。節約効果は、一円もない。マニュアルは、通常のGT3と同様、ここでも無償オプションとなる。車重は2台とも同じ1,418kgからスタートで、PDKのペナルティ(早すぎる…?)はわずか17kgだ。ギアボックスやリアウィングの有無にかかわらず、すべてのGT3は22,960,000円だ。その他のオプションはお金がかかってくる。ツーリングのPCCBコンポジットブレーキ(1,529,000 円)、フルバケットシート(891,000 円)など…。英国だと、ウイング付きのようなハードコアな仕様にすることもできる。

剛性の高いサスペンションを装着してる?
サスペンションが硬いということはない。一般的な誤解として、ツーリングはGT3を後退させ、より柔らかいスプリングとダンパーを装着し、より寛容なセットアップにしたものだと思われている。しかし、そうではない。名称は表面的なパッケージに過ぎない。

大きなウイングはなくなり、代わりに通常の911に装備されているポップアップ式のスポイラーと、ユニークなエンジンカバーが装備されている。標準のエクステリアのブライトワークは、ブラックではなくアルミニウムが標準となっており、インテリアもレーステックスではなくレザーとなっている。

もちろん、コンフィギュレーターでこれらすべてを変更することができ、ツーリングを思い通りに引き締めることができる。また、マトリックスLEDライト(484,000 円)、軽量カーボンルーフ(593,000円)、BOSEサラウンドサウンド(236,000円)を搭載することで、名前にふさわしい特性を得ることができる。

ツーリングのバッジは以前からあったよね?
そう思ってしまうのは、あまりにもきれいにレンジに収まっているから。991 GT3 ツーリングが登場したのは2017年のことで、その1年前に登場して話題を呼んだ911 Rに対応したものだ。

どれくらいパワーが上がったの?

このエンジンに求められているのは、パワーじゃない。純度、ノイズ、レスポンスが重要なんだ。これらの要素は今まで以上に重要であり、非常に希少なものとなっているから。4.0リッター水平対向6気筒は、992年モデルでは991年モデルよりも10ps増加し、合計510psになったが、それは特筆すべきことじゃない。9,000rpmまできれいに回る(ピークパワーは8,400rpm)ということが、素晴らしい。

6,100rpmでの470Nmのトルクは控えめなもので、ターボの基準からすると非常に遅れて到達してくる。しかし、クルマに乗り込み、自慢のレブカウンターを見て、12時の位置が5,000rpmであることを確認し、それがマークの半分に過ぎないことを理解するという儀式…。まあ、もしあなたがまだガソリン車に地球上の居場所があると思っているなら、こういったことは重要だ。

マニュアルは100km/hまで0.5秒遅いのが気にならない?
少しも気にならない。ツインクラッチ式のローンチコントロールによる発進は、見せびらかすには最適で、何の技術も必要ないが、100mk/hを3.4秒だろうが、3.9秒で到達しようが、私にとっては何の意味もない。またツーリングパッケージに関しては、マニュアルの方がトップエンドでわずかに速い(318km/hに対して320km/h)という事実も重要じゃない。

数字は重要じゃない。これは、重要なポイントだ。なぜなら、もし数字が重要であれば、電気自動車を買うべきだからだ。もし、そこを重視するなら、あなたは間違った理由でツーリングを見ている。これはフィーリングのためのクルマなんだ。

じゃあ、どんな感じなの?
凄すぎてビビる。まず第一に、あまり注目されずに特別感のあるクルマっていうのは珍しいよね。運転していて、みんなから見られているとは感じないのに、そのクルマから得られる感覚は、まさにその通りなんだから。

エンジンはアイドリング時にわずかに鳴り、クラッチはバネのような動きをし、発進するにはスロットルが必要で、アンチストールはない。かつての自動車のように、それ自体が最近では珍しいことだ。では、少しマニュアルに焦点を当ててみよう。3速から4速のシフトが最も重要だと言われているが、その下の2つのシフトも少なくとも同じくらい重要で、この特別なクルマについてより多くのことを教えてくれる。

どうして?
あなたはクロスゲートの3速から2速のシフトを使うことになる。その通りだ。サードは長く、トルクが小さいので、低速コーナーではセカンドが必要になる。ポルシェはこのことを十分に理解している。このシフトは、どちらの方法でも、私が今考えているどのマニュアルよりも滑らかだ。レブリミットが効いているのはもちろんだが、レバーの動きがとにかく美しい。その動きにお金がかかっていることが感じられる。さらに言えば、ファーストとセカンドの間にもそれがあるんだ。

あなたはどうか分からないが、私にとってマニュアルは、サードに入って初めてまともに回るようになる。スムーズにラインを外して2速から3速に移るだけでなく、1番と2番の間でもたつかないようにしなければならない。それらの要素が欠けてしまうと、まるで素人が操作しているようになってしまう。このギアボックスは、そのような要素を、精密さを損なうことなく、簡単に実現してくれる。この洗練された機械的なレバーは、動かしていて楽しいものだ。

それに比べてPDKはどう?
ツーリングパッケージには初めて搭載されたが、これはいいね。しかし、パドルの位置が適切ではないと思うし、上部を押してレバーを動かすマニュアルスタイルのギアノブは、少し安っぽく感じる。ギアボックス自体には何の問題もなく、やはりサーキットでの使用に適していると思う。駆動系のことを考える必要が1つ減るので、よりシャシーに集中することができる。

しかし、一般道を走る場合は、たとえ交通量が多くても、マニュアルは思ったほど苦痛ではない。そして、その効果は歴然としている。それは、この驚異的なエンジンをより意識できるようになることだ。ただ好きなときにパドルを引くのではなく、回転域、トルク、道路の状況、自分の手の動きなどを考えながら運転することができる。マニュアルでは低回転域を使うことが多くなり、高回転域だけではなく、レンジ全体でエンジンの力強さや音の広がりを楽しむことができた。

5,000rpm。単にメーターの針が進むだけでなく、このフラット6の真価が発揮されるポイントでもある。それ以下では優れたドライバビリティを発揮しているが、トルクが相対的に不足しているため、待ち時間が長くなることがある。しかし、5速以上ではそのようなことは起きない。ここでは集中力と飢えと激しさがあり、針はおだやかに点滅し、回転数は上がり、騒音は激しくなる。スピード感は力強さよりもはるかに重要であることを思い知らされる。

とはいえ、予想していたほど室内は騒がしくない。ロードノイズやタイヤノイズはそれなりにあり、私の耳には、負荷がかかった状態ではエンジンの音がもっと大きくなってもおかしくないと思えるほどだ。巡航時には、そのような騒音はなくなる(最高速度120km/hで約2,800rpmをキープ)。

もっと数が増えてくれるといい?
そうかもしれない。というか、外見だけでなく中身も良いという感覚が強いのかもしれない。私は欲張りなんだ。最近では、自然吸気モーターを排ガス試験に合格させることがどれほど難しいかは、神のみぞ知ることだ(7.8km/L、292g/km、念のため)。しかし、これは筋金入りのクルマであり、その動きは非常に正確だ。特に、新しいダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションのおかげで、ステアリングとターンインがより正確になっている。このサスペンションは、控えめな速度で走っているときでさえ、つながっているという感覚を高めている(同時に、リアエンジンの「挑戦」を弱めている)。

硬派なクルマだからこそ、ダンパーを硬くすると大きな変化が感じられる。パラパラと降る雨など路面の相互作用をすぐに意識することができる。いずれにしても、サスペンションがエッジを丸くして、大きな衝撃を受けても、その衝撃を和らげてくれるのは嬉しいことだ。

グリップは前後に均等に配置されており、十分すぎるほどの量がある。しかし、シャシーだけでなくドライブトレインから得られる質感や感覚が、この車を特別なものにしている。それは生々しさではなく、完璧に濾過されたものだ。それはつまり、日常的に安心して乗れるクルマだということでもある。

日常的に運転したいと思う?
他の何よりも。この触感と正確さを、これほど魅力的で控えめなパッケージで手に入れられるのは、他にはない。カーボンシートにする前によく考えてみてほしい。少なくとも視点の角度を調整できるようにしてみて。私なら、BOSEにして、塗装は控えめにして、普通のカレラと同じように扱うけれど。

スペック:

3,996cc flat 6cyl, 6速MT, RWD
510ps @ 8400rpm, 469Nm @ 6100rpm
0-100km/h 3.9秒, 最高速度 320km/h
7.8km/L, 292g/km CO2
1,418kg

スコア:10/10

=海外の反応=
「パーフェクト」
「PDKバージョンは3秒フラットで時速97kmに達する。PDKとマニュアルの違いは、PDKでは何度でも発進してもタイヤや車を痛めるだけで済むのに対し、マニュアルでフルに発進すると、すぐにポルシェのディーラーに行ってクラッチなどを交換してもらうことになること。しかし、渋滞以外ではマニュアルの方がずっと楽しい。でも、マニュアルとPDKを買うという解決策があるけどね。それで、解決」
↑「PDKのサービス間隔はどのくらいなのか、また、最終的に重要な何かをダメになってしまう可能性はどのくらいなのか、よく考えていた。もちろん永遠に続くものなどないし、(いくつかの自動変速機と違って)不満を聞いたこともないけれど、知っておくといいだろうね」
「ポルシェは、992GT3ツーリングの後部に通常のGT3のダックテール・スポイラーを残さなかったことで、より特徴的な外観を与える機会を逃したと思う。ポルシェのフォーラムを見てみると、スワンネックを取り除いた通常のGT3があり、それらは素晴らしいものだった。OK、もしあなたに手段があるなら、普通のGT3を手に入れて、スワンネックを外して、出来上がり😄」
「GT3 RSを買っても金の無駄。速い911が欲しいならカップカーを、道路用の911が欲しいならこれを買って」
「このような崇高な自動車の楽しみが禁止されるまで、あと8年。環境保護主義は最悪だ」
↑「少なくともここアメリカでは、もう少し長く維持できる可能性が高いと思う。望むところだ。私たちの文化と絡み合っているからね。
環境保護主義が最悪だということには同意しないけれど、環境をとても愛していると称する最もクレイジーな人々は、絶対にブレーキをかけるべき(笑)。 気候変動は確定した科学じゃない。異なるものが異なる影響を与え、最大の問題のいくつかは、中国、政治家を買収して猛烈に汚染している大企業、海運業界、そして皮肉にも電気自動車のバッテリーを作るために鉱物を採掘しているガキみたいな人たちだ。
私たちは、地球の扱い方についてもっと良くすることができるし、そうすべき。しかし、人は望むならば、大きなV8エンジンを搭載した古いジャガーに乗ることができるべきであり、あなたの国でも私の国でも、どの政府も、他国ができないと言う巨大な監督権限を与えられるべきじゃないよ」
↑「メディアにもっと注目してもらいたい重要なポイントを突いているね。最近の気候の急激な変化を心配している人は、中国に直接目を向ける必要がある。西洋社会が排出量の削減に莫大な費用をかけている一方で、中国は何百もの石炭を使った発電所を建設しているんだから!!! 中国では年間2,500万台の自動車が新たに道路に乗り入れ、年間10,000kmの高速道路が建設されている。中国は、自分たちが認めているレベルよりも何倍も高いレベルで汚染しているのだ。彼らは数ヶ月でロンドンの大きさの都市を建設できる。排出量は膨大だ。彼らの全哲学は、自分たちは古代の優れた文化を持っていて、誰にも何も答えられないという信念に基づいている。英国は世界の排出量の1%を占めている。その排出量を0.8%に減らすために何十億ドルも費やす一方で、中国が数カ月の「開発」でその削減分を何倍にもして相殺するというのは、目立った変化をおこすようなものじゃない。
もし世界が人間の地球への影響を本当に減らしたいと思っているのなら、中国(とその他のアジア)は今後の開発を大量のエネルギー消費を必要としないものに限定し、世界は人口増加を止めなければならない。それは可能なことだ。すでに一部の国では、人口減少に「苦戦」している。だが、その哲学を広める必要がある。地球を本当に救うことができるのは、人が減ることだけなのだ」
「私たちが空気のようなくだらない農民の戯言を気にすることで、神がエリートたちに与えた神聖で崇高なモータースポーツの楽しみが損なわれるかもしれないとしたら、私の主よ、許してください」
↑「ガソリンの香りがする空気が好き」
↑「これは本当に不誠実な意見だと思う。誰も空気や地球が重要でないとは言ってないし、その言い方は全く公平じゃない。地球があと数年で崩壊すると誰もが騒ぎ立て、その代償を消費者や愛好家である私たちが払わなければならないのは馬鹿げている、という感情に近いものがある。
軍隊、企業、CEO、巨大な海運業、自動車のコンピュータやリチウム電池を作るために鉱物を調達する強制的な児童労働者たち…これらは最も汚染している責任者であり、負担を負うべき責任者なのだ、それは私たち消費者じゃない。
それに加えて、電気自動車が必要であり、必然であり、できるだけ早く本物の自動車に取って代わらなければならないという見解もある。彼らも消えてしまえばいい。腐敗した政治家は腐敗したCEOに買収され、自分たちが代償を払う必要がないようにしている。EPAの "mpg"テストサイクルは全くのデタラメで、現実の運転を表していない。だから、この未来を受け入れるように言われたり、強要されたり、要求されたりすると、それは避けられないだけでなく、良いことだと捉え、歓迎し、その到来を早める手助けをしなければならないのだ。私たち車好きの多くが911やM3、コルベットを手放したくないと不満を抱いているのは理解できると思う。私は決して手放さないけどね」
↑「同じく! 世界が中国に立ち向かい、化石燃料を使い続ける必要性について現実的に考えるようになるまで、私は500馬力のV8を手放すつもりはない。
すでにここマサチューセッツ州では、一部の新築住宅に電気暖房のみを設置することを建設業者に強制している。これは、新しいオーナーがすぐに馬鹿げた価格になると気付き、ガスや石油を燃料とする炉で新築住宅を改装することを強制しているものだ。新築住宅を「環境にやさしくない」ものにすることは、素晴らしいビジネスだ。
これはマサチューセッツ州での話で、ネブラスカ、ノースダコタ、ミシガンなどでは、化石燃料を使わずに家を暖めることは不可能だ。
グリーンロビーは、化石燃料の効率を改善して地球を救うことを続ける代わりに、すべての人に電気のみの家庭用暖房と電気自動車を強制しようとすることだけに集中している。
アメリカ人と議論を始めるには、彼らの選択の自由を奪うのが一番早い。
ガソリン車を禁止するという話が出る前、私は街中での通勤や用事などのために電気自動車を検討していた。電気自動車の活動家が私の車(と選択の自由)を奪おうとしている今、私は絶対に電気自動車を買わないだろう」
「ただ単に環境保護主義は最低だと言っているのとはかなり違うように聞こえるし、私もほぼ同感だ。公平でもなければ解決策でもないことは同意するが、私はそこから始めてもいいと思う。私たちはどこかから始めなければならないのだから。もし私に問題の本当の根源を止める力があれば、そうする。たとえそれがほとんど私のせいではなくても、私にできることから始めたいと思っている。
環境保護主義は最悪ではなく、ナイーブな環境保護主義がちょっと最悪で、私たちは気をつけなければならない。プラスチックのリサイクルは、プラスチックを生産している人たちによって発明された。正確には、プラスチックをできるだけ使わないようにすればいいと理解する前に、消費者に責任感を持たせるために。でも、やっぱりリサイクルしないとね。
心配しなくても、この種の車を持っていた人たち(かなりのお金持ち)は、いずれにしてもクルマを手に入れることができる。
環境問題はさておき、10年に1度くらいの割合で、モーターヘッズは何かにつけて騒ぎ立てる。触媒、ターボ、安全対策、ハイブリッド、電気…どんな規制があっても、いつも素晴らしい車を作ることができてきた。違和感はあるが、誰もが以前の何かにノスタルジーを感じているようだ。そして、40年前の車と比較して、どんなにかっこよくても、それらを日常的に運転することはできないだろうと思うのだ。少しは未来を信じてもいいのではないだろうか」
「非合法化されることはない。2030年までに作られた車の販売や使用が禁止されることもない。メンテナンスの行き届いた50年前の911が今そうであるように、このクルマも半世紀後にはまだまだ使えるだろう」

アーカイブ

subscribe RSS