1,088psのポルシェ ミッション Rは次期ケイマンの予告編なのか?

ポルシェは、2025年から独自のカスタマー・エレクトリック・レース・シリーズを計画している。フォーミュラ EやLMP1のハイブリッドカーのコンペティターであるタイカンのメーカーからすれば、それくらいのことは予想できたかもしれない。

ミッション Rは、言い訳をしない。短時間のレースも、バッテリー交換も必要ない。サーキットの種類にもよるけれど、30分から40分程度の911カレラカップのラウンドと同等の長さのレースを行うとのこと。また、ラップタイムは現行の911 GT3カップに匹敵するほど速くなる。

ピットレーンで長時間プラグインしていることもない。各チームがサーキットに持ち込む350kWの特別な充電ユニットを使えば、80%までのバッテリー充電時間はわずか15分だから。これは、いわば2つ目の巨大なバッテリーだ。言ってみれば、携帯電話のパワーバンクのようなものである。

本格的なキットというべきものだね。

デザインに関しては、さらに興味をそそられる。通常、ポルシェのカスタマーレーシングカーは、市販のボディシェルでスタートする。しかし、今回は違う。ミッションRは、デザイン部門とGTレース部門が協力して作り上げたものだ。そこに、市販車のアナロジーは存在しない。

今のところはまだ詳細が見えてないけれど、ポルシェが次期ボクスター/ケイマンを電気自動車にするかどうかの決定に近づいていることは知っている。ミッションRはケイマンサイズだからね。確かに関連性があるかもしれない。これは偽装された新しいケイマンなのか?ここまで来ると、デザイナーたちは妙に静かになる。しかし、ポルシェのアドバンスド・エクステリア・デザインの責任者であるインゴ バウアー シェインヒュッテは、「将来の市販車には、このような要素が見られるでしょう」と言っている。

ミッションRは、とても静かなうクルマだ。バウアー シェインヒュッテは、「すべてのものがより大きく、より重くなるという軍拡競争に終止符を打ちます」と述べた。

彼は、低いボンネット、速いルーフライン、筋肉質のお尻を指摘し、「すべてのポルシェにはこの特徴があるということを、何度も聞いたことがあるでしょう」と言った。そして、愛すべきディテールを語り始めた。

まず、ロールケージはカーボンファイバー製で、ルーフピラーの内側に収められるのではなく、外骨格のようにルーフサポートそのものを形成している。これにより重量とスペースが削減され、車全体が低くなる。ただし、カーボン製のロールケージは現時点では違法なので、FIAと交渉するか、変更しなければならないと彼は認めている。

次に、各ホイールの後ろにあるカッタウェイエリア、そしてルーバー。すべてが目的にかなっています。ドラッグリダクションシステムは、EVである以上、トップスピードを上げるよりも抵抗を減らすことを目的としている。

フロントライトは、ポルシェの通常のカルテット編成だが、ガラスカバーの代わりに、LEDを冷却するための通気口がある。リアライトストリップは、3Dのポルシェのレタリングを具現化し、リアスポイラーを形成している。

室内では、ドライバーの背中に合わせて3Dプリントされたシートパッドが使用されている。ステアリングホイールには、ディスプレイとメインスイッチが配置。ヘルメットホルダーには、ドライヤーと消毒液が内蔵されている。まさにポストパンデミックの様相だ。

そして、ここからはポスト石油の仕様だ。予選では1,088ps(または800kW)という驚異的な出力を発揮する。30分程度のレースであれば、600ps程度の出力で走ることになる。それでも全備重量は1,500kgだから、相当なものである。全輪駆動だが、リアモーターだけでも同等の速さが得られるそうだ。フロントモーターの主な役割は、4輪の回生ブレーキを可能にすることで、フラットになる前に、より長くレースを続けることができる。モーターは基本的にタイカン ターボ Sのものを使用しているが、800Vではなく900Vで動作するように改良されており、その高いストレスでのメルトダウンを防ぐために油冷式となっている。

バッテリーの重量は150kgで、ドライバーの下ではなく後ろに配置された。そのため、外観上はミッドシップカーのようなプロポーションとなっている。彼らは、工場のトップドライバーであるラース ケルンとティモ バーンハードにをテストさせたことで、パフォーマンスの数値に自信を持っている。さらに、2025年には新世代のバッテリーが登場し、航続距離の向上、あるいは同じ航続距離であれば重量の削減が可能になると予想している。

ポルシェの公式見解では、カスタマーレース用の電動プラットフォームは、モータースポーツの未来を持続可能なものにするための論理的なステップであるとされている。あるいは、デザイナーの言葉を借りれば「我々はこのような車を実現する方法を見つけるでしょう 」ということだ。

=海外の反応=
「今回のモーターショーで、一番気に入ったもの。しかし、タイカンのクーペを作らないのは残念だ。これと似たような外観になり、コスト的にも妥当だと思う」
↑「主な違いは、これがレースシリーズのために作られたものであるという事実だ。(僕は、この威圧感と威嚇感のある外観がとても気に入っている)そして、特にポルシェの製品であるため、彼らはレース選手権を勝ち取るためのトラックミサイルの製造に長い成功の歴史を持っている」
「つまり、基本的に市販版はタイカンのフロントとリアのライトを使った電気自動車のケイマンになるということだね」
↑「そう、これが次世代ケイマン」
「これは驚異的。そして、これは偽装されたロードカーであるか、あるいはVAG/ポルシェがID.Rに続いて、400kgの重量、6つのサンルーフ、大量の室内スペース、市販のロード用リアライト、そしてレースでは使用できないロールケージを追加しているかのどちらかだ。グラウンドクリアランスを確保するためにボディキットを後退させ、ホイールの上と後ろの通気口の中にミラーやカメラを追加すれば、「俺の金をもってってくれ、ポルシェ」と言う時が来るだろう」
「しかし、電動レースは本当に持続可能なのだろうか?環境面では非常に疑問だし、経済面でもほぼ確実に無理だろう。なぜならば、お金は視聴者がいるところにあるからで、モータースポーツファンの多くは、電気を使ったブッ飛びレースを好まないから」
↑「これについては、ある程度同意せざるを得ない。確かにフォーミュラEシリーズはその良い例だと思う。すべてのメーカーが時間をかけて参入し、そして今、再び飛び出しているのだ。チャンピオンシップを狙っていたのだから、それなりの実績を残して、次のステップに進む。メルセデスはその非常に良い例だ。
しかし、初期のファンベースが不足していることはすでに見て取れますし、あったものも…衰退している。諦めるべきだとか、無駄な努力だとかは言わないが(そうであってはならない)、結局、ファンを作るには2年以上かかるだろうし、他の「ノイジーなICE」シリーズが存在する限り、そこに到達するにはまだ時間がかかるだろう」
↑「エレクトリック・レーシング・シリーズがまだバッテリーに依存していることを考えると、僕も同感。もし、水素燃料電池に切り替えれば、より持続可能なものになるだろう」
「ちょっとした問題がある。誰かがこれらの製品と巨大なベースチャージャー・バッテリーを買って、レースに出たいと思わなければならない。怪しいよね。うん、かなり怪しい」
「見た目は最高だが、あえて言うなら「エンジンが入っていないのが残念」だ」
「赤ではなく、銀色のものが見たい。もしこれが市販車になったら、壮大なものになるだろう。ポルシェがやっていることはいいね」
「カーボンチューブや最新技術を搭載したように見える2025年モデルが、GT3カップのラップタイムに匹敵するだけであることは、不思議なほど心強いこと」
「すばらしい。ケイマンEVにこの要素が流れ込むのを楽しみにしている…」
「僕はこのクルマが好きだし、ポルシェがやっていることも好きだが、これが911に起こらないことを祈るばかり」
↑「思うに、彼らはタイカンでEVの未来に向けて大きく動き出し、ケイマン/ボクスター/718シリーズでそれをフォローしている。911に関しては、ICEバージョンの生産を中止するギリギリまで我慢するのではないだろうか。とはいえ、911のEV化に向けて万全の体制を整えるか、あるいは…注視して、将来の投資を見据えて…「生産ラインを止める」とか😳😳😳」
「非常に説得力がある…が、まだ完全には納得できていない。ポルシェが選んだもうひとつの「脱炭素」への道、すなわち合成燃料という選択肢はどうだろうか。それは、内燃機関の分野で蓄積された膨大なノウハウを、すべてをゴミ箱に捨ててしまうのではなく、利用することができるものだ」
↑「合成燃料の問題点は、それを作るためにエネルギー(おそらく電気エネルギー)を使い(プロセスの効率は100%ではないので、燃料に含まれるエネルギー量は使った分よりも少なくなる)、さらにそれを輸送するためにさらにエネルギーを使い、エンジンで燃やしても、燃料に含まれるエネルギーの33%(ガソリン)または40%(ディーゼル)程度しか戻ってこないことだ(これは昔読んだエンジンの効率の数字だが、あまり変わっていないと思う)。もちろん、バッテリーカーにも損失はある。電力網での送電ロス、バッテリーでのロス(充電に使われたエネルギーのうち、どれだけをバッテリーから取り出せるか?90%?それ以下?)もある。
つまり、合成燃料は、二酸化炭素を排出せずに内燃機関を使い続けるための解決策にはなるかもしれないが、エネルギーの浪費があるため、将来の解決策にはならないだろう(荒野での運転や軍用車両、航空など、エネルギー密度がどうしても必要な場合は別)」
「ゴージャスなマシンで、素晴らしい可能性を秘めている。残念なことに、電気自動車のケイマンはハンディキャップを負うことになるだろう。まず、このマシンの下に入るようにデチューンされ、次に911よりも遅くなると思う。ICE車との相対的な位置関係ではなく、新しいラインを作ってほしいね」
「ちなみに、80kWhのバッテリー/800kWの予選パワー=1/10時間=6分のフルパワー。もしドライバーがあるサーキットで75%の確率でフルパワーを使うと仮定すると、10分になる。もちろん、回生ブレーキによってこの時間は少し延長できる(ポルシェは回生電力の最大値を明言してない)。レースパワーでも80kWhバッテリー÷500kW=0.16時間=9.6分フルパワー(75%で12.8分)となる」
「もし誰かがこのプロトタイプ/コンセプトを研究し、そのデザインに基づいて生産やレースの仕様を作るとしたら、それは彼らでなければならない。これが電気自動車のケイマンであり、見事なGTカップカーになるだろうから。いいね…」

アーカイブ

subscribe RSS