日産 Zやホンダ インテグラの復活組に負けじとトヨタ GR 86が情報をアップデート

トヨタGR 86が登場してから数か月が経った。GT86に続いて徹底的にアップデートされたこのモデルは、ネイティブ・アスプ・エンジンに後輪駆動とマニュアル・ギアボックスを組み合わせ、「アナログ・スポーツカー」の炎を燃やし続けている。

新型GR 86が発売されることを忘れていた人のために、そして日産Zの完成車が公開されるという不思議なタイミングで、トヨタはたくさんの写真と詳細情報を公開してくれた。

最新の86には、いくつかのカラーバリエーションが用意されていて、これが最初の姿だ。そして、その名前のいくつかは、少なくとも米国市場向けのクルマでは、あなたをうならせるものとなるだろう。上のギャラリーでは、Halo White、Pavement Grey、Trueno Blueのほか、主人公の色はTrack bREDと呼ばれているボディカラーだ。後者は、「グランツーリスモのキャリアモードの初期段階」というイメージで選んでみてね。

仕様はGR 86とGR 86 Premiumの2種類で、GR 86 Premiumにはトヨタが「ダックビル(カモノハシ)」と呼ぶ大型スポイラーが装備されている。ポルシェが「ダックテール」を正式に商標登録でもしたのだろうか?さらに、インチアップした18インチアルミ、アルカンターラを多用した内装、より迫力のあるステレオなどが追加されている。

しかし、86はこれまで、高級感よりもメカニカルな要素を重視してきた。GRのエンジンは、従来の2.0リッターから2.4リッターに拡大されている。ターボは搭載されていないが、最大トルクは3,000rpm近く高い3,700rpmで出るようになっている。

これにより、0-100km/hのタイムが大幅に短縮され(実際にはほぼ1秒)、標準のスティックシフトを選択した場合は6.1秒となった。オプションのオートマチック車にすると、6.6秒になる。オートマチックを選ぶべきではないことは周知の事実だけど、レポートを見てみると、多くのGT86オーナーがオートマチックを選んでいるようだ。GR 86のパドルシフトには、ノーマル、スポーツ、スノー、トラックの4つのモードがついている。

この2つのモードを切り替えると(またはマニュアルで唯一の追加モードであるトラックを選択すると)、GR 86のTFTダイアルディスプレイの表示が変わる。そう、86の少なくとも1つの要素はアナログではなくなり、この小さなクーペをサーキットに持ち込むと、回転数と温度の表示が優先されるのだ。これはちょっと嬉しいね。

実際にサーキットを走ることはないのだろうか?アメリカのバイヤーは、GR 86を2万ポンド(300万円)強で購入できるだけでなく、NASAの1年分の会員権も手に入れることができる。いや、あのNASAじゃなく、National Auto Sport Association(全米自動車スポーツ協会)のこと。こういう紛らわしいヤツを見るにつけ、名入の文房具を大量に購入する前に、自分たちの名前の頭文字をどうするか考えておくべきだった、と思うよね。さて、GR 86購入者には、月周回旅行の代わりに、「ハイパフォーマンス・ドライビング・イベント」を1回と、他のトラックデイの割引を提供してくれる。これでトラックモードを試さない手はない。

=海外の反応=
「オートマの方の0-97km/hが遅いとか…」
↑「燃費を重視したギアリングで、ギアの長さも長い(と思う)」
「86はジュニアバーガー、Zはビッグマックみたいなもんよ」

アーカイブ

subscribe RSS