BMW X3が戦車に乗ったタスクマスターに追われる!映画「ブラック・ウィドウ」

パンデミックの影響で長らく延期されていた、本当の意味でのミッション:とうとう「ブラック・ウィドウ」が登場し、皆さんを映画館へと誘い出す。正直なところ、この夏のアクション大作は、主人公たちがヨーロッパの華やかな都市でBMWに言葉にできないアメージングことをすることなしには考えられない、ってくらいだ。

今回はナターシャ ロマノフ(スカーレット ヨハンソン)が、広大なマーベル・シネマティック・ユニバースの「フェーズ4」と呼ばれるスタンドアロン作品と続編の中心人物として登場し、かつてないほどの大活躍を見せてくれる。「ブラック・ウィドウ」には、強烈な心理的背景が描かれる。原作通りに、育児放棄の問題が生々しく扱われ、ブラック・ウィドウは、妹のイェレナ(フローレンス ピュー)、気難しい父親のアレクセイ(とても面白いデビッド ハーバー)、そして最終的には母親(レイチェル ワイズ)と再会する。

その上にそびえ立つのが、ロシアの悪徳スパイ王ドレーコフ将軍(レイ ウィンストン)だ。彼は「レッドルーム」と呼ばれる施設で若い女性たちを化学的に洗脳し、マインドコントロールしている。彼女たちは契約殺人者、つまり "黒い未亡人"となる。この戦いには、MCUの映画としては容赦なく謎めいたタスクマスターが登場し、ブラック・ウィドウには、マーベルコミックで「エージェント」として知られている、フィクサーであり調達屋でもあるリック メイソン(O.T.ファグベンル)が協力している。

MCUに対する考え方にもよるが、「ブラック・ウィドウ」は、大規模な夏の映画としては新鮮なほど現実的であり、予想される神経を逆撫でするような騒動の中で、人間の精神の微妙な道のりを探るのに最適な作品だ。もちろん、マーベルという大きな枠組みの中に組み込まれており、しっかりとしたウィットに富んだ脚本と、ケイト ショートランド監督の巧みな手腕によって、全体的にまとまった作品になっている。

「宇宙から来た神が、戦いの後にイブプロフェンを飲まなければならないとは思えない」と、イェレナは、アベンジャーズの仲間の一人が喧嘩をした後に言及しながら、あまりにも人間的な妹について発言している。姉が高度な訓練を受けたロシアの暗殺者でない限り、この文脈では相対する言葉になっているが、この映画は親しみやすいとさえ言えるだろう。

また、BMW X3が戦車に乗ったタスクマスターに追われながらブダペストの街を駆け抜けるという、爆発的なカーチェイスもある。セカンドユニット・ディレクターのダリン プレスコットは、「時間と創造性の問題です」と述べた。

「重要なのは、脚本の指示に従うことです。必要であれば、ESPやセーフティアシスタンスなどの機能をオフにしたり、エンジンを交換したり、ボディをすべて切り離して一から作り直したりします。スタントのアイデアは自然に出てくることが多いのですが、できるだけオリジナリティを出して、今まで見たことのないようなアクションをスクリーンに映し出したいと思っています」

「しかし、プロットやロケーションのニュアンスを微調整して、スタントのアイデアに最適な舞台を作り上げるのです。ドリフトに関しては、自分の思い通りにするためには、非常に厳しい努力が要求されますね」

「ブラック・ウィドウ」のシーンでは、合計13台のX3が使用された。メインのスタントカーは、電子制御のハンドブレーキをやめて、油圧式のハンドブレーキを採用している。また、フローレンス ピューが演じるイェレナは、妹の運転テクニックを批判している。人混みの中で彼女にドアを開けさせてはいけない、ということだね。

そこでトップギアでは、英国の新星であり、非常に優れたミュージシャンであるO.T ファグベンルにインタビューした。率直に言って、彼はこの映画にもっと登場すべきだと思った…。

トップギア:あなたはブラック・ウィドウの武器、航空機、ジェリー缶の調達係を演じていますね

O.T. ファグベンル: ああ、搾取的な関係だね、彼女は僕の感情を利用するんだ。それについては嘘をつくつもりはないよ。でも聞いてくれ、僕はそれにサインしちゃったんだから。昔はすごく楽しかったんだ。ナターシャ ロマノフとイチャイチャしたり、昼寝をしたり、そんな状況を見て文句を言うつもりはない。それなりのものを手に入れたからね。実際、この映画でも、2回昼寝をしてるし。

TG:MCUファンの世界に飛び込んでみていかがでしたか?ネット上では、あなたのキャラクターの本当の目的や正体について様々な憶測が飛び交っていましたが…

O.T.F: ええ、そうだね。アルゴリズムが強力なので難しいんだけど、僕はネット上でそういったものを見ることにあまり時間をかけないようにしているんだ。もし僕がママと公園を歩いていても、僕のキャラクターがタスクマスターであるかどうかは推測の域を出ず、探し始めたときに初めて分かるんだ。でも、パーソナルトレーナーと一緒にいたとき、彼は僕がタスクマスターだと確信していたよ。僕は「リック メイソンというキャラクターを演じているんだよ」と言ったんだ。彼は、タスクマスターのフィギュアを買ってきてくれた。サインを頼まれたので、「フィギュアにサインしてもいいけど、それは本物とは違うよ」と言っておいた。

TG:そのような巨大な映画製作シーンの真ん中にいるというのは、どのような感じですか?監督が「アクション!」と叫ぶ瞬間は、さぞかし緊張して大変でしょうね

O.T.F: 僕は、アクションと言われる前から演技を始めているんだ。だから、自分のシーンの途中で「アクション」が来るのが好きなんだよ。ベッドに横たわっているシーンでは、文字通り何もつけてない。そして、スカーレット ヨハンソンに蹴られて目が覚めるんだ。映画館の座席に最後まで座ってクレジットを見てみて。そこに表示されている名前はすべて、人であり、プロであり、おそらく10年以上の経験を持っている。たくさんの人がこの映画に関わっているんだ。

僕も監督をしたことがあるので、その重要性はよくわかる。監督をしていると、フォーカスプラーが正確に作動していないと、実際は違っているのに、カメラは史上最高のパフォーマンスで、照明も風景も素晴らしいかもしれないと思い込んでしまう。しかし、ピントが合っていなければ、その写真は使えない。だから、この人は超重要な人だとすぐに気づく。時々、自分が撮影現場で最も重要な存在だと勘違いしてしまうことがあるけれど、とても重要な他人はたくさんいるよね。

TG:クルマ好きですか?

O.T.F: 僕が初めて所有したクルマの話をしよう。1979年製のカマロだった。地下駐車場に入ると警報機が鳴るほどの大音量で。でも本心は、とても誇りに思っていて、口では卑下していたんだ。でも、アメリカ人にとっては本当に野暮ったいものだったようで、なぜ、そんなクルマを持っているのか、とよく聞かれたよ。実際、非常に虐待的な関係ではあった。あのクルマは私を酷使してたと言える。常にお金をつぎ込んでいたし。気に入っていたんだけど、別れなければならない日が来た。最終的には、ロサンゼルス市に取り上げられてしまったんだけどね。

「ブラック・ウィドウ」日本公式サイト

=海外の反応=
「謎のタスクマスター?それがとんでもなく背の高いグレッグ デイビスであることを知っている。小さなアレックス ホーンにも役割を見つけたられたのだろうか?」
「ブラックウィドーは、非常にくだらないエンターテイメントだ。フローレンス ピューがすべてのシーンを独占しており、当然のことながら、「姉」よりもずっと面白くて楽しいキャラクター。レイチェル ワイズがなぜこの作品に出演しているのかはわからないが、おそらく衣装代か何かを払おうとしているのだろう。彼女のキャラクターは、黒い窓と同じように淡々としている。「特攻野郎Aチーム」と「ナイトライダー」と「ディズニー+」を組み合わせたような作品だ。若くてきれいな女性を拷問するのは、サディスティックでインポテンツな老人の世界では珍しいことで、ちょっと楽しい」

アーカイブ

subscribe RSS