トヨタ GR ヤリス長期レポート5:GR ヤリスにレトロなOZのホイールは合うのか?

スペシフィケーション:

トヨタ GR ヤリス

エンジン:
1618cc 3気筒 ターボ

燃費:
12.1km/L,186g/km CO2

パフォーマンス:
0-100km/h 5.5秒 , 230km/h

重量:
1280kg

価格:
29,995ポンド (430万円)/34,375ポンド(495万円) テスト車両/月額5.7万円

たかがホイール、されどホイール。そう自分に言い聞かせている。朝、階段をよろめきながら降りてくるときに「ただのホイールなんだ」と思う。私はGRで出かけるたびに息を切らして「ただのホイールなんだ」と呟く。そして水たまりや泥や汚れの中を一緒に歩いているとき、私は「ただの車輪だ」と歌う。しかし、私の頭の中では、ホイールはそれ以上の存在なのだ。

OZ ラリーレーシング。カルロス サインツが1990年にWRCで初優勝したときにセリカに履かせていたホイールであり、トヨタの30年間のラリー活動を直接結びつけるホイールであり、私がGR ヤリスに求めているものすべてを象徴するホイールなのだ。そして、このホイールはアーチを見事に膨らませ、この素晴らしい小さなクルマに、より大きなハリを与えてくれる。

ただのホイールだって?私の頭の中には、そんな言葉はない。むしろ、GR ヤリスらしくする、最初の一歩なのだ。次のステップは、より長いトラベルスプリングとダンパーのセットかもしれない。適切なアンダーボディの保護。新しいシート。ロールケージ。ラリープログラム。このクルマでそれを実現したいのだが、このクルマは、私たちに貸してくれた6ヶ月間はトヨタ UKの所有物であることを考えると、そうはできないだろうね。

それに、ホイールの手配も簡単ではなかった。OZはイタリアの会社で、ホイールはセットで約1200ポンド(19万円)と安くはなかったし、それを手に入れるためにさらに280ポンド(4.5万円)の輸入関税を払わなければならないとは本当に思ってなかった。UPSが3本届けてくれたが、4本目は私が払うまで人質になっていたのである。そしてタイヤ。私はホイールを簡単に交換できるように、2本目のタイヤを用意した。パイロット スポーツ4Sは、ミシュランでバックオーダーをしていて、2カ月はかかるとのこと。幸いなことに、トヨタがGR ヤリスの需要を見込んでイギリスの在庫をすべて買い占めていたため、バックオーダーとなっていたからだ。

ホイールとタイヤのマッチング。これで、OZに正しいホイールの寸法(8J×18)を伝えたことになり、安心した。そして、実際にクルマに装着してみると、スタッドパターンの間隔が114.3mmであることも確認できた。ふう。それから、浴室の体重計を引っ張り出してくる。走りの違いが分かるかどうかを確認したかったので、自他ともに認めるオタクである私は、それぞれのホイールとタイヤの重量を測った。1本あたりの重量は、OZが20.6kgであるのに対し、開発時の標準仕様であるBBSアロイは18.2kgだった。

ソーシャルメディアでは、ラリーの裏話ではなく、美的感覚だけを見ているので、主に反対意見が多かったのだが、私はドライブに出かけた。そう、すぐに違いがわかったんだ。不思議なことに、コーナーのバネ下重量が10%ほど増えたことで、乗り心地の厳しさやコントロール性に顕著な影響が出ている。甌穴の中でホイールがより重く鳴り、スプリングとダンパーがリバウンドをコントロールできなくなっていることを示唆する小さな揺れがあり、クルマがわずかに重くなり、コーナーや加速時の活気が失われているように感じられる。わずかだが、確かにその感触がある。

これは単に重量のせい?いや、冶金学やホイールの形状も関係しているだろうけれど、どちらも私にはさっぱりわからない。OZの方が振動が伝わりやすいと思うが、同時に非常にタフな印象も受ける。何度も縁石にぶつかってクルマの他の部分が崩壊しても、ホイールだけは無傷でいられるような。でも、汚れの付き方が半端じゃないんだな、コレが。掃除するのも大変だ。

でも、きれいにする必要はないだろう?ただ単に黒いブレーキダストの層で覆われているだけではいけない。そこにはオレンジやブラウンがあるから、Bロードを走ったというだけでなく、もっとエキゾチックな場所に行ったことを示すヒントがあるはずだ。だからこそ、私はこのクルマで狭い田舎道を走るのが好きなのだ。この時期、トラクターから排出される農地の泥は、車の側面に付着している。それがヤリスの本当の姿なのだ。

ひとつ注意しておきたいことがある。これは、サインツが履いていたホイールと同じものではない。OZがオリジナルを再設計・再開発し、2017年に発売した新バージョンだ。カラーは、ホワイトにレッドのレタリングが入ったものと、ダークグレーにシルバーが入ったものがあって、サイズは17、18、19の3種類。また、人づてに聞いたところによると、セブ(セバスチャン ローブ)と呼ばれる有名な人物がGR ヤリスを注文し、それに合わせてこのホイールのセットを注文したそうだ。

走行距離:2369km 燃費:10.3km/L

=海外の反応=
「僕はこのホイールが好きだ。ほとんどのラリータイプのクルマ合う。この例では、オリジナルよりも実際に重くなっているので、この走りっぷりが全く無意味なものになっているが」
「ホイールは好きですが、GRヤリスに搭載するものではないと思う」
「執筆者と同じ理由で、気持ちの一部では好きなのだが、ちょっと角度を変えるとハブキャップのように見えてしまい、ベーシックなヤリスのように見えてしまうのだ。色を変えればもっと良くなるかもしれない」
↑「正直なところ、僕はホワイトカラーが好きだけど(ペイントされたホイールは、傷がついても簡単に修復できるし)、デザインはベーシックで重たい印象を与える」
「トヨタの失敗作、G-wizにこのホイールを付けたい」
「黒(またはダークグレー)の方がいいかもしれない」
「僕は素晴らしいと思うけど、このスタイルはある世代でないと好きになれないのではないだろうか。
赤いクルマなら白いリムが似合う。特にサイドの大きなターボファンにはいいと思う」
「ラリーホイールは好きだし、白のコントラストもむしろ好きだ(さらに、黒でも白でもペイントされたホイールは、多少の凹みがあっても簡単にタッチアップできる)。しかし、見た目は重そうだし、純正よりも重くなるので、僕ならやめておく。実際に砂利道や雪道で使うのであれば別だが。そういう走りには適していると思う」
「これでGR ヤリスがますます好きになった」
「このように、ソリッドの塗装が施されたクルマだと、より良い印象だ」
「ラリーカーは白いホイールを履いているので、ホットハッチ用の無骨なホイールに比べれば改善されていると思う。しかし、見た目の良さを追求するために重量(特にバネ下重量)を増やすことは間違っているんじゃ」

アーカイブ

subscribe RSS