UKの日本車好きが考察する、三菱 ランエボやスバル インプレッサ価格高騰の意味

30代半ばを過ぎた自動車オタクならば、この写真を見ただけでもう何度も涙を流していることだろう。三菱は英国を去ることになった。ミラージュが恋しくなることはないだろうが、ランサー エボリューションとインプレッサ ターボが殴り合いをしていた輝かしい時代が永久に終わってしまったことを思い知らされるのだ。かつてのラリーの宿敵、スバルの方は、イギリスで生き残っているが、販売しているのはSUVのみで、安全性を売りにしている。

しかし、この2つのブランド、そしてその最大のアイコンは、現代のクラシックオークションの主役となっている。英国三菱は、今は使われていないヘリテージ・コレクションを売却し、このウェブサイトで紹介した走行距離の少ないエボ VI トミ・マキネンエディションが100,100ポンド(1,540万円)で落札された。なお、高速インプレッサの頂点である22Bを手に入れるには、同じくらいの金額が必要になる。

1990年代に雑誌の表紙を飾り、「スーパーカー殺し」と呼ばれていたこの2台だが、その殺しは今、オークションハウスの場に会場を移され、なお行われている。同等の走行距離のマクラーレン 650Sは、そのランサーよりも安いのだ。ここに教訓があるのだろうか?正直、インパクトに欠ける企業のかつてのスターが、ありえないほどの金額で売られているということ?いや、日本のスーパーサルーンが復活する時が来たのかもしれない。

仮に、三菱とスバルの上層部が同意してくれたとしよう。高度にチューニングされたターボエンジンは、現代のCO2テストでは認可されず、再考されたエボやSTIは、何らかの形で電動化される必要があるだろう。最近、ポルシェ タイカンやアウディ e-tron GTに試乗したが、無数のモーターがグリップの効いたコーナーで素早くダイナミックにパワーを伝達する様子は、過去の日本車に搭載されていたヨーコントロールやセンターデフを自然に進化させたものだと感じた。三菱はルノーと、スバルはトヨタと提携しているため、それぞれのEV技術が豊富にあり、後者では水素燃料電池の技術も持っている。最新のトヨタ ミライは、運転のしやすさを追求するのではなく、50:50の重量配分とリアドライブのレイアウトにより、自然な運転のしやすさを実現している。可能性がないわけじゃない。

私が間違っている可能性もあるけれど、こういったクルマに対する主流の需要は、ワールドラリーの成功と、現代のホットハッチの進化とともに移り変わっていった。もしかしたら、VWゴルフRのAWDの雄姿とリースの価値の組み合わせは、乗り越えられないものなのかもしれない。

もっと言えば、冒頭の1,500万円以上のトミ マキネンエディションは、お金と感覚のバランスが取れていない状態で購入されたものであり、その価値が高騰しているのは、過去の原始的な化石に近いからであって、同じようなものが新たに存在しないからではないのかもしれない。

だが、おそらく私の眼鏡も、その買い手と同様にバラ色に輝いている。私は、エボやインプレッサ、そしてそれらを駆るヒーローたちに憧れて育った。しかし、私が運転免許を取得できる年齢になったときには、セバスチャン ローブの時代が始まり、スバルと三菱はすでに最後のWRCトロフィーを獲得していた。しかし、少なくともヨーロッパでは、新車の野望が後退する中で、最もよく知られている過去のマスターの価値が高騰していることに何か意味があるはずだ。私はそれを探ってみたいと思う。

=海外の反応=
「こういったクルマは、生産を再開する必要がある。トヨタは、レビューによればエボやインプレッサの精神を受け継いでいると思われるヤリス GRを販売し、自然吸気の後輪駆動スポーツカーであるGR86を発表している。彼らはこれまで同様、真の愛好家に応えている。他のメーカーもこれに倣って同じことをすべき」
「高度にチューニングされたターボエンジンだと、現代のCO2テストでは合格しないんだ。GR ヤリス、Ecoboost、AMG45しかり…」
「他の人も言っているように、GR ヤリスをはじめとする「ハローエフェクト」と呼ばれる車とその売れ行きを見れば、このようなものを持つ理由があることがわかってくる。しかし、本当にヒットしてハロー効果を生み出すためには、極端に重くて複雑なものではなく、GR ヤリスのように適度に軽くて純粋なものでなければならないと思う。というのも、もしハイブリッドやBEVにすると、他のAWDハイブリッドやBEVの車と違和感なく似ちゃうから。そういえば、昔の日産GT-Rをベースにして、新しく三菱3000GTを作るという面白いアイデアを見たことがあるな…。どちらもAWDで複雑な構造を持ち、日産と三菱は提携しているし。当初、新型Evoにすることを提案していたと思うが、もともとV6ターボだった3000GTの方がより説得力があるとされてたな」
「熱狂的なファンではなく、単なるビジネスマン(またはウーマン)が担当すると、そうなってしまうのだ。ブランドは、自分たちが得意とすることをやめ、多くの人にアピールしようとし始める。その結果、ブランドのアイデンティティが失われてしまう。常にクールなターボチャージャー付きのスーパーセダン。それはエンスージアストのためのクルマだ。マニアといっても、世界のドライバーの15%程度だろう。そこで、ビジネス担当者は「ノー」と言ったのだ。これは大きな間違いである。売り上げに関係なく、すべてのラインアップにハロー効果があるクルマが必要だ。2012年に発売された三菱コルトのフロントがエボだったので、なんとなく気に入ったのを覚えている。怪しいエントリーレベルのミツビシを買うことで、自分の夢のクルマの一部を買うことになると思っていた。こういうことこそが、ハロー効果カーの意義なのだ」
「つまり、WRX STIはまだ存在しているので、基本的には「Evoを復活させろ」ということになるんだが、三菱がSUVになると脅し続けていることを考えると、それほど大きな声では言えないことだね」
↑「三菱は過去にShogun Evolutionを作っていたから、可能性はないわけじゃない」
「"オール電動化に1票"これで、すぐに読むのをやめた。このような感情は、議員たちに正しいことをしていると思わせる」
↑「今後数年でBEVの増加により電力網が破壊され、毎日のように停電が発生するだろう」
「"高度にチューニングされたターボエンジンは、現代のCO2テストでは合格しない"とのことだが、420bhpのターボ4気筒について、メルセデスに相談してみてはいかがだろうか」
「戻ってくるべきだとはどういう意味?レクサスのIS FやGS F、そしてIS500など、昔からあったものだ。彼らは無理やり決して消しさられたわけではなく、ノスタルジアを語っているだけだったからなのだ。実際のところ、彼らは十分に良いものではありませんでした。なぜ、わざわざこれを選ぶか?っていうくらい」
「エボやスクービーの全盛期を覚えている私にとっては懐かしいけど、今日、GR ヤリスに最も近い親戚がAMG GLAであることを知り、あの空間でどんなことができるのかと考えはじめている」
「スーパーサルーンはもはやスリーパーではなく(アルピナのような極端なニッチで信じられないほど少量の場合を除いて)、悲しいことにステータスのためのものになってしまった…。だからこそBMWはM3をとても個性的にし、チューナーは派手に改造しても売れるのだ。個性的なボディを持つ傾向があるし、インスタ映えを狙ってバッジを付けて販売されるケースも少なくないと思う。でも、IS500には頑張って欲しい。とても格好いいから」
「エボのカムバックを望んでいるのは確かだが、果たして売れるのだろうか?買いたいと思っている人はマニアだけで、マニアが消費者の一部を占めてはいるけれど」
↑「また、最近ではセダンに代わってSUVが登場しているし」

アーカイブ

subscribe RSS