フロントが初代ジャガー Fタイプっぽい?欧州では新型のスバル BRZが買えないため、貴重なトヨタ GR86一択

トヨタからの意外なイースターエッグ、それは新型GR 86です。そう、GR 86だ。イギリスで呼ばれていた「GT86」ではない。

もちろん、パブの席で打ったタイプミスでもない。つまり、キーボードのキーを押したり、スペースバーを押したりしたことで、新型86はトヨタの他のGazoo Racing(GR)の仲間たちと肩を並べることになった。GR スープラとGR ヤリスに続く、パフォーマンス志向のラインの後ろに飛び乗ったというわけだ。

しかし、この新型86は、2012年にトップギア誌のカー オブザイヤーを受賞した、ドライバーに焦点を当てた、後輪駆動の痩せ型で非常に愉快なGT86スポーツカーの、名前を除いたすべての部分を受け継いでいる。今回もまた、スバルとのコラボレーションにより、新型BRZと同じシャシーとエンジンを使用。しかし、今回はヨーロッパではBRZを購入することができないため、GR 86を購入するかしないかということになる。

この小さな2+2は、従来の2.0リッターエンジンではなく、より大きな2.4リッター自然吸気フラットフォー「ボクサー」エンジンを搭載している。しかし、GR 86は、時代とともに車が大きくなるというトレンドに逆らっている。旧型のGT86とまったく同じサイズ(全長4,265mm、全高1,310mm、ホイールベース2575mm)でありながら、車重は1,270kgと50kgも重い。しかし、新しいアルミニウム製のルーフやボディパネルを採用することで、この重量増を抑えているのだ。

シャシーの改良によるねじり剛性の向上、パネルの強化、ボディシェルの剛性向上のためのより強力な接着技術などにより、揺れる部分の剛性が50%向上している。これにより、GT86が得意としていたハンドリングがさらに向上しており、ここはセールスポイントだ。

従来のエンジンのような強制吸気ではないので、性能を発揮するためにはエンジンを高回転まで引っ張らなければならない。しかし、出力は235ps、250Nm(旧型は200ps、200Nm)となり、0-100km/hは6.3秒(先代より1.1秒速い)と十分な性能だが、ピークパワーは7,000rpmで発揮される。素晴らしい。

このパワーは、標準の6速マニュアル、またはオプションのオートマチックギアボックスを介して後輪に伝えられ、リミテッドスリップディファレンシャルによって再び分配されていく。フロントサスペンションには信頼のおけるマクファーソンストラットが、リアにはダブルウィッシュボーンが採用されている。そしてどんなスピードにも対応できるハンドリングは、まさに旧型車が得意としていたものだ。しかし、信頼のおけるデジタルマイクロスコープのおかげで、新型GR 86はより粘り強くなり、よりスポーティなミシュラン・パイロット・スポーツ4Sタイヤを装着していることも貢献している。そのため、旧型車のエコ・プリウスタイヤに比べて、少し扱い難いと感じる人もいるかもしれない。

ご覧のように、このクルマのスタイリングは、双子のBRZと同様、ソフトになっている。フロントは、より曲線的でネコのような顔つきになり、ヘッドライトやデイタイムランニングライトは、どちらかというと初代ジャガー Fタイプに近い形状と滑らかさになっている。悪いことじゃない。

さらに、トヨタのモータースポーツ活動から学んだと思われる、より大きなフロントインテークもある。GT86の特徴であるスポーティな造形のルーフはそのままに、新しいリアライトはより角ばった形状で、ホンダ NSXのような雰囲気を醸し出している。繰り返しになるが、悪いことじゃない。また、黒いプラスチック製の疑似ディフューザーがあり、その中には両端に2本のエキゾーストが収められている。

内部は、巨大なスクリーンや触覚ボタンを備えた現代的なコックピットとは正反対の構造になっている。これもまた、ドライバーのためのものなのだ。レイアウトやデザインは、先代とほぼ同じ。シンプルなステアリングホイールは、より多くのボタンが散りばめられ、ややハードなデザインとなっている。一方で、必要な情報をすべて備えた新しいデジタル式のセンターメーター(アナログ式のレブリミットカウンターもあってもよかったかもしれない)と、やや大きめの7インチのセンターディスプレイが装備されている。

残念なことに、GR 86の英国および欧州での発売日はまだ確定していない。日本での販売は秋に開始される予定なので、年末か2022年初頭には日本でも3万ポンド(460万円)前後で販売されることになるだろう。

しかし、このモデルが作られていること自体が小さな奇跡であり、私たちのような愛好家は感謝しなければならない。今後の法規制に加えて、社会的、政治的、環境的な圧力が自動車会社にかかっているため、後輪駆動、スティックシフト、自然吸気のスポーツカー(英国での販売開始から9年間で7,500台しか売れなかった)を販売するのは難しい。しかし、これは豊田章男氏が私たちと同じように運転を愛していることの証明でもある。EVの世界での動きの速さを考えると、今年の終わりにはこのクルマはさらに甘美なものになっているかもしれない。どうぞ、お楽しみに。

=海外の反応=
「ルックスは旧BRZより良い。昔のWRXと同じペダルセットを採用しているのには少し面食らった(でもあのペダルは素晴らしかったので不満はない)。ペダルが下ヒンジ式ペダルのように自然に足に沿うことができるダブルヒンジ式アクセルを、上に取り付けたままにしておいてほしいね」
「フロントがジャガー Fタイプ、リアがホンダ シビックというお馴染みのデザインで、見た目はちょっと古いけど、グレイトっぽいね。このSUVだらけの世界で、この2台が成功することを願っている」
「少数派かもしれないけど、スバル版とGR86は顔の向きが違うような気がした。このグリルの方がスバルっぽい」
「市場調査では、GT86の見た目を10%悪くしてほしいと言われたのだろうか?」
「はっきりさせておきたいんだけど、これらのどっちか1台とGRヤリスを持っていれば、最上級のテスラ モデル 3が買えるってこと?」
↑「現実的には、そうはいかない。ランニングコストと減価償却費を考慮しなければならないから」
↑「テスラの減価償却費は、長期的にも短期的にも、この2台を合わせたものよりも安いでしょ?電気もお金がかかるけど、ガソリンほどじゃないよ」
「今まで見た中で最高のインテリア。見てよ、あのギアスティック、本物のハンドブレーキ、美しいクライメートダイヤル、あのボタン!これで本物のアナログメーターがあれば完璧なんだけど」
「予想外だったのは、いつものクルマのウェブサイトを見ているネット民たちが、発表日はGReat(GRとGreatをかけている)な日だとずっと前から言っていたから…。しかし、ようやく車を見ることができて嬉しい。醜いディスプレイと煩わしいタッチスクリーンを、クルマの他の部分と同様に実際に機能するものに変えてくれるチューナーがいることを期待しているよ」
「見た目はいいんだけど、ちょっとつまらない」
↑「そうかも。少なくともやり過ぎなスタイルではないと思う」

アーカイブ

subscribe RSS