フォードが800馬力のDRS搭載マスタング GTDでGT3 RSを蹴散らす

GT3 RSを蹴散らす、究極のサーキット対応800馬力超のフォード マスタングが登場。30万ドル(4,630万円)のDRS搭載マスタングGTDで欧州最高峰のスーパーカーに挑む。

「このクルマの背景にある私たちのアイデアとは、レースカーをそのままストリートに持ち込めるようにすることでした」と、フォードのボス、ジム ファーレイは、彼自身のガレージで新型マスタングGTDのラッピングが剥がされるときに言っていた。「実際、レースでは非合法とされているものを追加しています」

これはもう、実に期待できそうである。まずは、これを見てほしい。そう、これはマッスルカーにDRSリアウイングが装備されているのだ。

しかしまた、これはもはや我々が知っているようなマッスルカーではない。「我々はマスタングシェルビーなんかが大好きなんです」とファーレイは言う。「でも、このクルマはそういうものじゃありません。AMG GTブラックシリーズや911 GT3 RSのためのものです。ル マンだけでなく、ストリートカーでもそんなライバルを打ち負かしたいんです」

うわっ。フォードの本気発言だ。では、GTDはそれをどう裏付けるのか?

まず、フロントに巨大なドライサンプ式5.2リッターV8スーパーチャージャーが搭載され、7,500rpmを超える回転数で800bhpを超えるパワーを発揮する。バランスオブパフォーマンス規制のおかげで、このモデルにインスピレーションを与えたマスタング GT3レーシングカーよりもはるかにパワフルだ。このエンジンはカーボンファイバー製ドライブシャフトに接続され、リアにマウントされた8速デュアルクラッチ式トレメックギアボックスを介して後輪を駆動する。重量配分は50:50に近いはずで、全体の幅は標準的なマスタングより10cm以上広い。ドア以外のほとんどのパネルはカーボンファイバー製だ。

しかし、ここからが本当にエキサイティングなところで、ちょっとだけオタク寄りになることをお許しいただきたい。GTDは、マルチマティックのアダプティブスプールバルブ ダンパーテクノロジーを採用し、油圧作動式デュアルスプリングレート&ハイトを備えている。つまり、昔のフォード GTと同じように、トラックモードにするとマスタングGTDの車高は40mm近く下がるということだ。トランクがないのは、インボードリアサスペンションのセットアップ、油圧制御システム、トランスアクスルの冷却システムで占められているからだ。そう、これはちゃんと真面目なマスタングなのだ。

他にわかっていることは?20インチの鍛造マグネシウムホイールの下には、ブレンボ製カーボンセラミックブレーキが隠れており、アクティブリアウイングはフロントグリル後方の油圧制御フラップと組み合わされてダウンフォースを管理している。巨大なリアディフューザーも装備され、アクラポヴィッチ製のチタン製エグゾーストシステムとミシュラン製カップ2 Rタイヤが装着されている。

軽量化のため(そして通常の場所にトランクがないため)、リアシートは取り外され、わずかながらラゲッジスペースが確保されている。室内にはレカロ製シートが装備され、ロッキード マーチンF-22ラプター戦闘機の古い部品から作られた3Dプリントのチタン製パドルシフターも装備されている。とてもクールだ。

GTDは、アレンパークにあるフォードの基地にある風洞トンネルの裏側に隠された秘密のガレージで、ほんの一握りの人々によって作業された、本当に時間外の、スカンクワークス的なプロジェクトでもあったようだ。とはいえ、スーパーカーを凌駕する性能についてフォードが現在騒いでいることを考えれば、GTDの存在に気づくのはおばあちゃんでもすぐわかるほどだろう。少なくとも、ニュルブルクリンクのラップタイムを気にしている人ならそうなる。チーフエンジニアのグレッグ グドールがTGに語ったところによると、目標はグリーン ヘルで7分を切るラップタイムだという。ちなみに、新型911 GT3 RSは6分49秒3というとんでもなく速いベンチマークを記録している。

通常のマッスルカーとは一線を画している。そして、通常のマッスルカーの価格設定からも逸脱している。台数に限りがあり、製造の大部分をマルチマティックが請け負うため、価格は30万ドル(4,360万円)からとなる。

フォードはまだ正確な台数を確認しておらず、イギリスやオーストラリアには導入されないが、ヨーロッパには導入される予定だ。道路を逆走する国でも、それほど長く待つ必要はないだろう。生産は2024年末に開始される計画になっている。

マスタング GTDはGT3 RSを倒し、フォードにとってまた新たなジャイアントキリングとなるのだろうか?

フォードが方針転換:バンやSUVに特化し、量より質を追求していく

北米のフォードEVのドライバーがテスラのスーパーチャージャーを利用可能に

「この動画、2024年ルマン候補のマスタング GT3のレーシングカーなんだけど、公道バージョンも作った方がよさげ?」by フォードCEO




=海外の反応=
「GTDと言われても、グリルにちょっと赤いパイピングが施された生ぬるいディーゼルのVWを追い越すのに苦労する」
↑「ああ、アメリカ人は海の向こうで何が起こっているかなんて気にしないんだ。カマロの特別仕様車をSSと呼ぶくらいだし」
↑「その名前に問題があったのは2箇所くらいで、代わりにスーパースポーツと呼ばれているだけ」
「有名なグランツーリスモのディーゼル🥴か」
↑「それでもこのマスタングのスペックは悪くない…。このGTDシェルビー500または最新のRTXの間を取った。本当にこれが好き」
「この憂鬱な時代に、まだエキサイティングな車を作っている人がいることが嬉しい」
「現代において、こんなばかげた、信じられないようなものを承認させることができることに驚いている。フォードは私の期待をはるかに超えている。GT3 RSが目指すべきハードルはとても高いけど、コーナーではマスタングを粉砕し、ストレートではマスタングが先行するような気がする。フォードのDCTが旧型GT500の7速やC8のDCTと少しでも関係があるなら、速いがPDKの速さではないだろう。マスタングはかなり重くなるだろうが、ワイドタイヤとダンパーのトリックがその質量を隠すのに十分かどうか。けど、全体として、とても興奮している。もしBMWかどこかがこのような車を作ったら、それはプロトタイプでしかないだろうし、エンジニアたちは10年間それで遊んでから、その間に何ができたかを教えてくれるだろう」
「(シェルビーのように)サーキットを走るにはうるさすぎるだろうから、速さを知る前に出入り禁止になるだろうね。
クルマは良さそうだが、ちょっと高すぎるかもしれない。欧州車と同じくらい速いかもしれないが、この金額なら、人々は試行錯誤を重ねた欧州車を選ぶだろう」
↑「サーキットのオモチャのために30万ドルも懐に入ってないなら、マスタングなんて買えないよ」
↑「マスタングが通常そのような会話に登場するほどのブランド力を持たないことは同意する。しかし、マスタングが本来のパフォーマンスを発揮することを前提にすれば、欧州車ではないという理由もあって、マスタングは売れるだろうと思う。はっきり言って、欧州の自動車メーカーを中傷しているわけではまったくない。ただ、その領域でパフォーマンスを発揮するアメリカ車は、アメリカ市場でうまくいき、その価値を保つ傾向があるということだ。そのような車はめったに現れないから。ヨーロッパでは売れないかもしれないが、率直に言って、そんな必要はない。アメリカだけでも、良くも悪くも億万長者やカーコレクターがたくさんいる。
必ずしもそうとは限らないし、私が間違っている可能性もある。ただ、フォードがここでもそれほど苦労することなく成功するのが見えると言っているだけだ」
↑「フォードがこれをEUで合法的に販売できるとは思えないし、純粋にアメリカのためのアメリカ車だ」
「これは素晴らしいエンジニアリングの実践だと思うが、これを買うことを考え始めるには、ポケットに金があるような重度のフォードファンでなければならない。30万ドルであれば、フォードは独自の名前でまったく新しいスーパーカーを作ったほうがいいのではないか(フォードが使える名前もいくつかある、 例えば、フォード コブラ/フォード サンダーバードが思い浮かぶ)、このためにマルチマティック(GTの開発・製造にも携わっている)と提携したことを考えると、別のミッドエンジンスーパーカーを製造するという考えは、ある時点ではテーブルの上にあるかもしれないが、どこかで棚上げされるか、延期されるかもしれない」
「私は2019年モデルのマスタングGTファストバックを所有していたが、それはコヨーテ3 V8モーターを搭載した素晴らしいものだった。しかし、私は内装プラスチックの「デルシースーツケース」的な品質と折り合いをつけることができなかったので、すぐに売ってしまった。低廉なレンタル価格でハイヤー市場をリードしたいのであれば、このアプローチでもいいのだが、30万ドルと公道での合法性を考えれば、ステージ1のチューニングを施した、おそらくより速いBMW M8 3ドアを手に入れることができる。どちらのシートに座りたいかは明らかだ」
↑「排気音はどうだろう?このビーストの音は小声のようで、絶対にエピックだ!M8にアフターマーケットのエキゾーストを付けても、マスタングのようなサウンドになるとは思えない。フォードのエンジニアは、スタイリングとあのサウンドで、今、本当に最高の仕事をしている」
↑「それな!私はマスタングGTのサウンドが好きだったから、このGTDモンスターがどんなものか想像できる。でも、自由に "スイッチオフ "できるクルマもありがたい。いつまでもうるさいクルマだとね…」
↑「いや、その通り。君が年をとったということではないんだ。僕でさえ、いつも吠えているのではなく、静かで低いうなり声が必要だと感じることがある!特に高速道路での長距離ドライブや、仕事で疲れて帰ってきたときなど。でも、音を小さくしたり消したりするエキゾーストモードがあると思ったのだが...どの程度静かなのかはわからない。自分にとっては、高めのギアで低速で加速しているときに、低回転域でトルクフルなエキゾーストが鳴り響くことの方が重要」
↑「ちなみに、先月買ったBMW M850iカブリオは、ジキルとハイドのような性格だが、GT3やGTDの代替にはならない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62898/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ