北米のフォードEVのドライバーがテスラのスーパーチャージャーを利用可能に

長期的にNACSを採用し、アダプターを提供

フォードは、テスラの北米充電規格(NACS)技術を採用するという大胆な決断を下した。この決定により、フォードのEVドライバーは米国とカナダでテスラのスーパーチャージャーを利用できるようになり、現在使われているCCS(Combined Charging System)ポートから離れるという興味深い一歩を踏み出した。

ということで、2024年初頭から、マスタング マッハ-E、F-150 Lightning、E-Transitバンのドライバーは、22,000以上のDC急速充電器を使用できるようになる。この数字は、フォードのブルーオーバル(BlueOval)充電ネットワークにすでにある10,000台あまりも含まれたものだ。

当初、ドライバーはNACSケーブルに対応するアダプターを使用してDC急速充電を行う必要がある。また、充電を開始して料金を支払うには、FordPassまたはFord Pro Intelligenceコンパニオンアプリが必要だ。

しかし、フォードは、車両に2つの異なるポートを取り付けるのではなく、長期的にはNACSポートを車両に統合し、2025年からアダプターの必要性をなくす計画となっている。

テスラが開発したNACSプラグとソケットは、使用するピンの数が少ないため、より細身で軽量だ。それに比べ、CCSプラグは不格好な塊である。消費者にとっては扱いにくく、アクセス性にも大きな問題がある。また、タイプ1とタイプ2のポートを組み合わせ、DC充電を行うために後付けされているため、NACSのように充電中に多くのデータを送信することもできない。

フォード Model eのチーフ・カスタマー・オフィサーであるMarin Gjajaは次のように述べている: 「テスラのスーパーチャージャーネットワークは信頼性が高く、NACSプラグは小型で軽量です。 全体として、お客様に優れた体験を提供することになります」と述べている。

テスラは2022年春、「テスラコネクター」を「NACSコネクター」と呼ぶようになると発表した。テスラは、自動車の販売と同時に充電ネットワークを構築することで、民間・公共を問わず他のネットワークがまだ及ばないレベルの信頼性と一貫性を実証しているのだ。

フォードの社長であるジム ファーレイは、次のように述べている。「これは、米国とカナダで最大の急速充電器ネットワークにかつてないほどアクセスできるようになる当社のお客様にとって、素晴らしいニュースです」

「急速充電への幅広いアクセスは、EVブランドとしての当社の成長にとって絶対に不可欠であり、この画期的な合意は、人気のマスタング マッハ-EとF-150ライトニングの生産を拡大し、2025年から始まる一連の次世代EVを発売する準備を進めているときに実現するというタイミングになりました」

また、テスラの充電インフラ担当シニアディレクターであるレベッカ ティヌッチは、「私たちは過去10年間、旅行の自由を可能にし、テスラオーナーに充電の信頼を提供する業界トップクラスの充電ネットワークを構築してきました。フォードオーナーやNACSを採用する他の電気自動車を北米にある数千のスーパーチャージャーに迎え入れることで、世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速させるという使命を果たすことができることを嬉しく思います」と述べた。

=海外の反応=
「電動化にもかかわらず、フォードがマスタングをあきらめないことを聞いて嬉しく思う」
↑「フォードがテスラとゴールドディールを結んでいる。すべての電気自動車の利益は、より多くの成功につながるだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/60072/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ