マクラーレン F1が残存している国はあるのか?日本は何台?



ゴードン マレーはかつてトップギアに、マクラーレン F1について本当に気に入らない点を8つ挙げた。彼はそれらをリストアップし、もしまた画期的なハイパーカーを作る機会があれば、それらを修正することを誓った。(てなわけで、GMA T.50.)。

それ以外の人たちにとっては?そう、マクラーレン F1は今も完璧な存在だ。1987年にマクラーレンに引き抜かれたマレーは、当時ブラバムのF1デザイナーだったが、当時のボス、ロン デニスから「世界が見たこともないような最高のスポーツカーを作ってほしい」と依頼された。

マレーは、後にこのようなエキゾチックなプロジェクトの業界標準となる技術と素材を用いて、可能な限り純粋なドライビングエクスペリエンスを実現することに着手した。F1は、カーボンファイバーとアルミニウムのモノコックシャシー、ピーター スティーブンスによるカーボンファイバーのボディワーク、そしてF1のためにBMWが製作した自然吸気V12が特徴であることは有名だ。

F1のオーラをさらに高めていたのは、精緻な素材選び、最高速度よりもドライビングプレジャーを追求した特異性(もちろん当時は世界最速のマシンだったが)、そして狂気のV12エンジンだけでなく、その希少性であった。マクラーレンF1は全部で106台しか製造されなかったが、このたび、アメリカのクラシックカー向けの特殊保険を扱っているハガティが、世界に残るマクラーレンF1の所在をトップギアに伝えてきた。

「ハガティが現存する全てのマクラーレンF1を詳細に分析した結果、イギリスとアメリカがその所在地の大半を占めていることが分かりました」と、ハガティUKプライスガイドのエディター、ジョン メイヘッドは語った。しかし、もう少しデータを掘り下げると、興味深い線が浮かび上がってくる。

つまり、アメリカには25台のマクラーレンF1があり、設計・製造されたイギリスには18台しかないのだ。しかし、この数字は64台のロードカーのもので、レギュラーF1、5台のプロトタイプ、3台のF1 GTが含まれている。もちろん、マクラーレンはレース用のバリエーションを数多く製造しており、それらを考慮すると、数字はかなり大きく変わってくる。

「英国が40台、米国が30台でポールポジションを獲得しています」と、メイヘッド氏(レース用F1の内訳は、F1 GTRが28台、F1 LMが5台、そして「XPLM1」1台である)。

興味深いことに、マクラーレンのF1は6台が破壊され、ブルネイのスルタンはロードカー3台とレースカー4台の計7台を所有しており、オーストラリアとシンガポールはともにF1が1台ずつ領内にあるという。

マレーは、彼のゲームを変えるようなハイパーカーについて気に入らない点がいくつかあるかもしれないが、ひとつだけ気に入っている点がある。「F1は、これまで生産された中で最も価値のある英国車として、英国のトップコレクターが手に入れるべき車でもあります」と、メイヘッドは語った。その詳細については、以下の表をご覧いただきたい。意外と、日本にもあるんだね…。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎
=海外の反応=
「ハガティのデータには追加調査が必要だ。 ここでは説明されていない、過去 2 年間の最近のトランザクションがいくつかあることは間違いない。 また、英国に居住する F1 のいくつかには、別の場所を本拠地と呼ぶ所有者がいる」
「記事の引用: 「1987 年にマクラーレンに引き抜かれたマレーは、当時ブラバムの F1 デザイナーだったが、当時のボスであるロン デニスから、世界がこれまでに見た中で最高の量産スポーツカーを作るように依頼された」

ウィキペディアのマクラーレン F1 ページの「設計と実装」から:

「ゴードン マレーは若い頃から3人乗りのスポーツカーを考えていた。マレーが1988年にイタリアGPから帰国する飛行機を待っていたとき、彼は3人乗りのスポーツカーのスケッチを描き、それをロン デニスに提案した。 彼は究極のロードカーを作るというアイデアを売り込んでいた。このコンセプトは、同社の F1 の経験と技術に大きく影響され、マクラーレン F1 を通じてそのスキルと知識を反映するものだ」

そして、ロン デニスやマクラーレンがゴードンを「引き抜いた」という考えについては…まあ、それは誇張のようなものかもしれない。 マレーの名を冠した BT46(B) である「ファンカー」は、1978 年の南アフリカ グランプリから、バーニー エクレストンがチームを率いていた 1979 年までレースに参加した。 1980 年代初頭、F1 のさまざまな変化により、ブラバムは着実にランキングを下げていた。 レースの給油は 1984 年に禁止される。 1985年、彼らはピレリと契約したが、これは悪い決断だったことが証明された。 1986年、ネルソン ピケがチームを離れてウィリアムズに移籍。 1986年はシーズン最悪のシーズンとなった。ドライバーのエリオ デ アンジェリスがテスト中に死亡した。 BT55 は単に仕事をこなせず、チームがポイントを獲得したのは 1 回だけだった。 マレーはシーズンの終わりにマクラーレンに移籍したが、それは難しい決断ではなかった。

言い換えれば、紙の記録を見ると、マクラーレンはマレーとかなり大きな賭けをしていた、ということ。

彼が「引き抜かれた」ことが示唆するのは、むしろ、ブラバムが彼を引き留めるために必死に戦っていたことを意味する。 歴史はそうではないことを示唆している」
「6人のデストロイヤーは誰?」
↑「6 台のうち 2 台はプロトタイプだった。XP1 は、ナミビアでの初期の暑い天候下でのテスト中に、BMW のエンジニアの手による事故で破壊された。 もう 1 つは XP2 で、F1 の生産を認定するために英国で行われたクラッシュ テストのために犠牲になった。

その後、4 つの生産 F1 が別々の事故で失われた。 シャシー 004 は、ブルネイでマクラーレンの整備士によって取り消された。 シャシー 010 は、BMW の CEO であったベルント ピーチェットリーダーの手によってドイツで破壊された。 シャシー 017 は英国でクリストファー ドーズによって墜落した。この事故により、3 人の乗員全員が死亡した。 最後に、シャシー 033 は、所有者から引き渡されてから 1 週間後に、アウトバーンでの事故により取り消された」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56341/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ