ロールス・ロイス初の電気自動車「スペクター」は、初代シルバーゴーストのように「エモーショナルなクルマ」


ロールス・ロイスの駆動方式として、電気モーターほど適したものはないだろう。1900年、CSロールス自身がこう言っている。「電気自動車は完全に無騒音でクリーンです。匂いも振動もありません」ただし、先見の明があったのか、彼はインフラストラクチャーへの懸念があると付け加えている。120年の歳月を経ても、ロールス・ロイスのガソリン車は、2011年の日産 リーフのパワートレインほどスムーズで静かでレスポンスの良いものにはなっていない。さらに言えば、2015年のテスラ モデル Xのような、パワフルで重く、長距離走行が可能で、充電も早いクルマもある。しかし、この状況は変わりつつあるのだ。1年後には、この素晴らしい100%エレクトリックのスペクターが、最初の顧客のもとに降り立つ予定だ。そこでトップギアは、ロールス・ロイスのボス、トーステン ミュラー エトヴェシュに、質問をした。「なぜ出遅れたのですか?」彼の答えは力強いものだった。「お客さまはいつも、まずロールス・ロイスでなければならない、次に電気自動車でなければならないとおっしゃっていました」

ロールス・ロイスは、そのような顧客の志向を熟知している。その数は増え続けているが、まだそれほど多くはないのだ。ミュラー エトヴェシュは10年前から、彼らがEVについてどう考えているかを尋ねている。「以前と今を比べると、お客さまは大きく変わりました。平均して7台の車を所有し、多くの人がすでに電気自動車を所有しているのです。電動化に関するフィードバックは、全般的に非常にポジティブです」だからスペクターは、爆発する液体のホースではなく、充電ケーブルというアイデアを彼らに紹介する必要はないのだ。

ロールス・ロイスは2011年に、102EXという、ファントムを改造したデモプロジェクトまで作っている。私はそれを運転したことを今でも覚えている。それはロールス・ロイスの二乗であり、静かで、滑らかで、心地よいものだった。「これは、ロールス・ロイスというブランドが掲げるものにぴったりです。私たちは、エンジン音や大きな排気音によって定義されるものではないのですから」しかし、102EXの航続距離は、充電時間が長いのと同様に短かった。「10年前も、お客さまが受け入れる準備がなかったわけではありません。バッテリー、推進力、さらに重要なのはソフトウエアなどのテクノロジーが、適切なレベルではありませんでした。しかし、今では、ロールス・ロイスのようなクルマをつくることができるレベルになっています。妥協は一切ありません。より大きな車、スペース、十分な航続距離、そして適切な充電が可能になります。そして、最新のソフトウェアにより、使いやすく、インタラクティブなものとなっています。また、内燃機関自動車を改造するという妥協もありませんでした」

ロールス・ロイス初の電気自動車は、SUVではなくクーペであることが嬉しい。「スペクターは、私たちにとってシルバーゴーストと同じくらい重要な存在です」40/50馬力のゴーストが登場したのが1906年だから、おそらく彼は軽々しくこんなことは言わないだろう。「これはロールス・ロイスの新しい時代の始まりであり、お祝いが必要なのです。ファストバッククーペはエモーショナルなクルマです」その仕事は事実上、2016年以来ラインナップから姿を消した、華やかなファントムクーペを置き換えることだ。

スペクターは、完全にフルサイズのロールス・ロイスだ。つまり、本当に大きい。そのホイールは23インチで、レンジローバーがゴルフに見えるほどの大きさである。一回の充電で515km(WLTP)走る。もちろん抗力は重要で、BMWの専門知識をベースに、果てしなくCFDと風洞テストを行うことによって、Cd値0.25に抑えられた。素晴らしい仕事だが、その大きさを見てほしい。まだ、空気を押し流すのにかなりの時間がかかりそうだ。さらに、2,975kgの無積載時の重量も考慮しなければならない。それでも、スペクターは0-100km/hを4.5秒と謳っている。これは、前後合計593ps、900Nmのモーターがもたらすものだ。

しかし、何よりも重要なのは、このクルマは素晴らしく退廃的なものだということ。

ロールス・ロイスのように振る舞うだけでなく、スペクターはロールス・ロイスのように見えなければならないのだ。ギリシャ神殿のようなグリルとスピリット・オブ・エクスタシーのマスコットは、確かにその顔を持っている。ただし、通常のものとはちょっと違う。グリルはロールス・ロイスの中で最も幅が広い。しかし、冷却用のV12がないため、乱流抵抗の低減を優先し、ほとんど空気を通さない。夜間はベーンがダウンライトで照らされ、ローリングシアターを盛り上げる。一方、その頂点には、エレノア ソーントンのイメージを新たに解釈し、風に向かってより前傾姿勢になったものが鎮座している。その両側には、ファントムクーペで最後に登場したスプリットヘッドライトがある。上部のブレードは常時点灯し、その下にはメインヘッドライトが謎めいたスモーキーな暗闇から浮かび上がる。

ボディの表面は、まったく自信に満ちている。周りを見渡すと、比較的フラットな面を持ち、特徴的なラインがほとんどないクルマばかりだ。それはとても難しいことで、ほとんどが弱々しく、もろく見えてしまうのだ。しかし、スペクターの平面はまさにそれを克服しており、一枚岩のような強さを感じさせる。わずかに存在するラインはナイフのようにシャープだが、表面の強度が高いため、単なる曲げ板ではなく、金属を削り出したソリッドなブロックのように見えるのだ。クロームメッキの装飾も同じように、切り出され、磨かれた塊のように見える。ドアの取っ手も、銀行の金庫室にあるような重厚なものだ。

さあ、ハンドルを引いてみてほしい。ロールスらしく、ドアはリアヒンジ式で、そのまま出入りできる。外観と同様、内装も実にロールスらしい。そして、さらに上を行っている。こんなの他のメーカーにはない。2003年にグッドウッド時代が始まって以来、すべてのロールス・ロイスがこの自信に満ちたシンプルさを身にまとい、従来の自動車用語にほとんど頼らない家具のような存在になっている。オーナーであれば、触感のよい物理的なクライメートコントロールとiDriveコントローラーにお気づきだろう。アナログ文字盤をシミュレートしているとはいえ、計器類は初めてスクリーン上に表示される。このメーターは、購入者が指定したファブリックやレザーにマッチするよう、色を変更することができる。

この写真のクルマは、かなりワイルドな内装だね?シートには、ロールスがラペルと呼んでいる、コントラストを強調するディテールのオプションを提供する布張りのダーツがある。ドアには、「スターライト」機能、つまり5,876個の小さな明るいドットを付けることができる。また、広大なウッドパネルを選ぶこともできる。助手席側のダッシュボードにも、スターライトのパネルが装着されている。

完全な4シーターだ。「2+2ではないんです」とミュラー エトヴェシュは強調する。スペースは贅沢なもので、友人を連れてきたくなるかもしれない。しかし、これはクーペであり、運転手付きで乗ることはないだろう。では、オーナーはどのように使うのだろうか。彼は、オーナーが平均して7台のクルマを持っていると指摘する。このクルマは通勤用ではない。たまの旅行、娯楽、夜遊び、あるいは「ちょっと行ってみようか」というときに乗るのだそうだ。私はかつて、ファントムクーペでフランスの果てまで1日で行ったことがある。これ以上のクルマはないと思うのだが、それでも実態は、決して贅沢とはいえない早起きと、ガソリンスタンドのスナックの食べすぎだったんだけどね。実際のロールス・ロイスのオーナーなら、そんなことはしない。途中、ホテル・シャトー・ド・ポッシュに立ち寄り、そこにはもちろん充電器もあった。自宅と職場に充電器がある。という具合に。つまり、スペクターの航続距離は、WLTPで515kmで、十分すぎるほどであることは間違いないだろう。ロールス・ロイスの初期の言葉を借りれば、"十分(enough) "だ。「オーナーはロンドンからエジンバラまで一気に走ることはありません。私たちのクルマは、決して航続距離を重視しているわけではないのです」V型12気筒のロールス・ロイスは、515kmも走らない。「ガソリンタンクを大きくしてくれと言う人はいなかったんです」

「外観と同様、内装も実にロールスらしい。そして、さらに上を行っている」

バッテリーはBMWの最新セルタイプを使用しているが、パックはスペクターのフロアに合わせたユニークな形状になっている。モーターもBMW製で、レアアースを使用せず、高速回転でも効率の良いEESMタイプだ。スペクターの構造は、グッドウッド社独自のアルミニウム・アーキテクチャーを採用したバージョンである。純粋な電気推進は、ファントムで最初に発表する前に、それを構想したときの概要の一部だった。スペクターは、エアスプリング、ホイールの振動を抑えるレゾネーター、アダプティブダンパー、可変ロール剛性、4輪ステアリングを採用している。しかし、彼らが最も誇りに思っているのはハードウェアではなく、それをすべて制御するアルゴリズムであるというが、実際に試してみるまでは、それがどれだけうまく調整されているかはわからない。

価格は「カリナンとファントムの間」、つまり100万ポンド(1.7億円)の3分の1、ここから先はオプションの依頼でどんどん上がっていく。

そこで、ミュラー エトヴェシュに利益について聞いてみた。V12エンジンのクルマと同じコストで電気自動車をつくれるようになった、と言うのだ。つまり、V12エンジン車より儲からない電気自動車を売るのは、ビジネス上よろしくないというのが、ミュラーの指摘だ。だから、スペクターが登場するタイミングは、単に技術的に可能になったということだけではないのだろう。BMWやRRのエンジニアには、もっと信頼がおけるし、これまではその必要がなかっただけだ。ボスが指摘するように、ロールス・ロイスは年々ガソリン車の販売台数を増やしている。「急ぐ必要はなかったのです」

今、その時が来たのだ。買い手は電気自動車を欲しがっているし、お金にもなる。何より、ロールス・ロイスの基準で、実現可能なのだ。そして実際、その外観は、それ以上のものだという可能性が高い。

スペック

全長×全幅×全高:5,453mm×2,080mm×1,559mm
ホイールベース:3,210mm
車両重量:2,975kg
パワー:593ps
トルク:900Nm
加速:0-100km/h 4.5秒
航続距離:515km





みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「RRの価格なら、もう少しパフォーマンスと範囲が必要だ。理想的には、3 トンもの重さがなければ…」
「私はデザイナーとして、形状の進歩の必要性を理解している。しかし、プロポーションが正しく、ディテールが正しい場合もある。それを「改善」することは非常に困難だ。ここはそうだと思う。彼らができることは、既存のクーペ シャシーのデザインにスポーツを追加しようとすることだけだった。私の意見では、それが機能したかどうかはわからない。確実に知るには、上から 3/4 の正面図を見る必要があると思う。しかし、色はさておき、彼らはインテリアで釘付けにした。より多くの特許取得済みのきれいなライトと、ダッシュの「ゲージ」は本当によくできている」
「平均的なシュコダが新しいロールス・ロイスよりもよく見える奇妙な時代」
「正直なところ、RR は電動パワートレインが最も適しているブランドだ。

彼らは何十年も権力の数字を隠してきた
彼らはあなたが自分のギアをシフトさせることは決してない
彼らは「スポーツモード」を作ったことがない
彼らは彼らのクルマでレースしようとする貧しい若者を訴えた (ダカールだよ)
彼らはあなたに適切なタコメーターさえ与えないが、代わりに「パワーリザーブ」ゲージを与える

彼らの車に ICE パワートレインを搭載することは、彼らにとって面倒だったに違いないと言っても過言ではない。これでもうやらなくていいので安心してほしい」
「なんと不器用で怠惰なデザインで、まるで彼らが BMW と RR の掘り出し物箱に根を下ろし、何かを組み合わせたかのよう」
「全体的に見栄えの良い車だ。これとキャデラック セレスティクのロード テストの比較が見たい」
「決して航続距離を気にしていなかった、というのは嘘だ。初期の RR は、航続距離、信頼性、豪華さにこだわったものだった。また、ガソリン車の航続距離について文句を言う人はいない。満タンにするのに 5 分しかかからないからだ。市場にいる人々が(ICE後もまだ存在する場合)、この何千万円ものクルマを手放すことになるだろう。RR が 6 年目にバッテリー パックを回収して交換できる場合を除いてね」
↑「ヘッドライトは7シリーズを連想させるが、偶然だろうか?」
↑「偶然じゃない。実際、この車のほとんどは 7 シリーズ、ゴースト、ファントムからできている」
「素晴らしいけど、3トン?」
「後部の 4 分の 3 の角度はぎこちなく見え、ドアの前端には特大のハンドルがあり、ミラーとの関係は明らかに乱雑に見え、グリルのプロポーションは間違っている。ギリシア神殿の特徴は、黄金比に従って建てられているため、「正しく」見えることだ。これはそうではない。どれもEVだからというわけではなく、ただのデザイン的にダサい気がするだけだ」
「生産初年度はすでに完売間違いなし」
「iPhoneみたい。高価な感じがするけど、醜く見える」
「最近、みんなが奇妙なシトロエン カクタスのヘッドライトのセットアップを行っているのはなぜ?」
「まさかこんなことを言う日が来るとは思わなかったけど、EVのBMWはグリルが少し小さい?平らにならないようにするには、何センチか下げる必要があるようだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54859/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ