トップギアが提案:戴冠式参列のロイヤルファミリーにはモダンな英国車に乗ってほしかった…10台



金ピカの馬車なんか、もう古くさいんだよ。ロイヤルファミリーのみなさんが、こんなモダンなブリティッシュカーに乗って現れたら、もっと世界にアピールできたのに…

ザラとマイク ティンデル:ランドローバー ディスカバリー


ザラはオリンピックで銀メダルを獲得した馬術選手、マイクはラグビーの元イングランド代表のキャプテンだ。そんな彼らにぴったりなのは?ランドローバー ディスカバリーしかないでしょ。過酷な状況でも泥まみれにならず、重たい道具が詰まった箱を引っ張り回すのに最適なデザインだ。さらに、この中にあるものはすべて、頑丈な厚手の手袋でも使えるように設計されており、素材は最悪の要素に耐えられるとされている。ロイヤルペアにぴったりだ。

プリンス ジョージ、プリンセス シャーロット、プリンス ルイ:LEVCタクシー


未来の国王とその弟妹は素晴らしく行儀が良いが、彼らは退屈な車の中で何時間も人に手を振ることを本当に望んでいるのだろうか?どんな子供でもそうなのだろうか?もちろん、そんなことはない。トップギアが提案するロイヤルおチビちゃんたち向けの退屈しのぎは、英国の高級ディーラー、クライブ サットンが豪華にオプション付けしたLEVCタクシーだ。このトリオがのびのびできるスペースがたくさんあり、ちょっといたずらしすぎたら背の高いドアに隠れることができ、群衆に挨拶したいときは広々としたガラスから手を振ることができる。また、素晴らしい布張りなので、ちっちゃなお姫様も快適に過ごせそうだ。

プリンセス ユージェニー:アストンマーティン DB10


結婚式は人生で最高の日だと言われる。それもそのはず、友人や家族、親しい人たちに囲まれ、食事やお酒など、基本的にすべての良いものに囲まれるんだから。中には、ボンネットの下にリボンが挟まったお父さんのサルーンを夫婦の乗り物として手に入れる幸運な人もいるけれど、ユージェニー王女ならみなさんの期待通り、王族にもう少しふさわしいものを手に入れたのだ。彼女は10台のアストンマーティン DB10のうちの1台を結婚式で使ったのである。『007/スペクター』でジェームズ ボンドが乗っていたクルマだ。世界で最も放映されるイベントの1つに参加するのであれば、これくらいスタイリッシュなほうがいいでしょ?

プリンセス ベアトリス:MINI クーパー SE コンバーチブル


王室というのは、国を代表して海外で多くの仕事をし、国旗を掲げ(文字通り掲げるわけじゃないよ、念のため。国旗を掲げる役割の人がいるからね)、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国について人々を温かく曖昧な気持ちにさせることが一般的な仕事だ。ベアトリスは数年前、ミニ クーパーに乗って英国を代表しているところを撮られた。そこで、私たちは彼女に、英国の象徴であるミニ クーパー SE コンバーチブルの新型、電気自動車バージョンで再登場してもらおうと考えた。ミニの最新限定モデルである電動ドロップトップなので、彼女の姿は簡単に見ることができるけど、静かに走るから、ノイズは聞こえない。

プリンセス アン:カラム ヴァンキッシュ シューティングブレーク


彼女は昔、リライアント シミターに乗っていたんだよ。1990年に消えてしまったイギリスの自動車メーカーだけどね。戴冠式のわずか数日前、初代アストンマーティン ヴァンキッシュのデザイナー、イアン カラムが「アストンマーティン カラム ヴァンキッシュ 25 シューティングブレーク」のレンダリングを公開した。ロングルーフのクーペがお好きな皇太子殿下にぴったりのクルマであることは明らかだ。見事で、素晴らしいV12を搭載し、彼女の愛する乗馬用具を安全に保管するのに十分なスペースがある。カラムの最新作なら、バッキンガム宮殿とトラファルガー広場を結ぶ、ザ モールを疾走するのもお手の物。

プリンス ハリー:ロータス エレトレ


遠くを拠点に、故郷に思いを馳せる?それなら、ハリーのクルマは、ロータス エレトレしかありえない。ロータス エレトレは、現代的でありながら、英国車であること、そして偉大な組織の一員であることを私たちに教えてくれる存在だ。そして、なぜかネット上では、直接乗ったわけでもないのに、このクルマに対して激しい意見を言う人がいる。このクルマは、パパラッチから逃げるのに十分な速さがあり、後部には彼の家族が乗れるスペースがたっぷりある。赤も似合うよね。

プリンセス キャサリン:ベントレー バトゥール


未来の女王は、ウィリアム王子の片割れとして初めて登場したときから、世界中を魅了している。彼女は、頭脳と優しさ、スタイル、機転を兼ね備え、王政の変化を象徴しているのだ。そんな彼女のために、私たちはベントレー バトゥールを選んだ。長い歴史を持つこのクルマは、新しい時代に向けて、古き良きものに生まれ変わるのだから。バトゥールの外観はベントレーの電気自動車の未来を予感させるものだが、3Dプリンターで作られたゴールドを使ったインテリアや巨大なW12モーターなど、古風でありながら現代的なタッチを備えている。プリンセスと同様、スタイリッシュでパワフル、そして上質なジュエリーを身にまとっているのだ。

プリンス ウイリアム:ケータハム 420R


ウィリアム王子の生涯は、伝統に従うこと、物事がどのように行われるべきかを学ぶこと、そして王政を忠実に守りながら、彼がいずれ統治することになる現代社会にふさわしいように少しずつ物事をアップデートしていくことに捧げられている。ケータハムも同じような仕事をしているところだ。セブンの歴史は王政とほぼ同じで、そのルーツはマグナ カルタまで遡ることができる(たぶん…できないけど)。現代のケータハムは、過去に忠実でありながら、適材適所で適切なアップデートを行い、そのライトウェイトかつファンな感じが現代でも通用できるようになっている。さあ、君主を420Rに乗せ、コーギーも忘れずに。そして、全開で楽しもう。

クイーン カミラ:ロールス・ロイス スペクター


カミラ女王は、握手や世間話をしたり、王室というステータスがもたらすどんな状況にも、凛とした態度で対応する姿をよく見かけるが、エレガンスさも捨てたものではない。ロールス・ロイスのような由緒ある自動車メーカーから期待されるすべてをミックスし、超スムーズで十分すぎるほどパワフルな電動ドライブトレインで現代性を取り入れたスペクターが彼女にぴったりな一台だ。でも、彼女はロールスの写真にあるような黄色くないものを選ぶかもしれないね。たぶん。

キング チャールズ Ⅲ:アストンマーティン ヴァルキリー


国王はイギリスのスポーツカーをこよなく愛することで知られている。長年にわたってさまざまなアストンマーティンを所有し、英国車と環境という2つのLOVEを結びつけるために、DB6を改造して余ったワインとチーズを作るときに出るホエー(バイオエタノールに精製される)で走るようにした。もしあなたが国のトップになるのであれば、その国の自動車産業の頂点に立つようなクルマに乗って、世界の他国を見下すべきだろう: "私たちこそが一番だ "と。アストンマーティン ヴァルキリー(上品なチーズとワインのパーティーの残り物で走るように改造されている)は、まさにトップギアのロイヤルの行列を騒がしく先導するクルマだ。ただ、彼の新しい帽子がキャビンに収まることを祈るばかりだ。








=海外の反応=
「アンドリュー王子は何を運転するのだろう?アイスクリームのバン?」
「リライアントロビンはいかがだろうか?」
「ブリストル ファイターとか」
「私ならハリーのためにMGB GTを選ぶけどな。素晴らしい選択だよ。よく考えたら、カリフォルニア仕様のMGB GT、つまり大きな黒いバンパーとスロットル式のエンジン出力のやつのがもっといい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59430/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ