フェラーリ、ブレーキが効かない可能性で23,500台以上のリコールを発表



フェラーリのブレーキが効かないというのは、過去に苦虫を噛み潰した顔をされることでランキングをつければ、かなり上位に食い込む可能性がある。そして、約23,500人のフェラーリオーナーがこの問題を自ら発見する危険にさらされており、フェラーリがこの問題を改善するためにリコールを開始したと知っても、あなたは驚かないことだろう。

そして、23,555台のフェラーリが影響を受け、リコールが1つや2つのモデルに限定されないことも、同様に驚かないだろう。F430、488 ピスタ、FF、ローマ、612、カリフォルニア、F12、ポルトフィーノ、F8、GTC4、そして限定生産のF60アメリカまでが対象となるのである。さらに悪いことに、ラフェラーリも例外ではないらしい。

NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)が「ブレーキフルードが漏れて、ブレーキの一部または全体が機能しなくなる可能性がある」と説明しているのだから。

しかも、その原因はブレーキフルードのリザーバーキャップという、たった1つのプラスチック部品にあるのだから腹立たしい。ブレーキフルードは吸湿性があり、空気に触れると水分を含んですぐに沸騰し、すぐに使えなくなることを考えると、これは奇妙なことだ。でも、私たちは機械の技術者ではないので、後で専門の誰かが説明してくれるかもしれないね。

いずれにせよ、フェラーリのキャップ(ブレーキフルードのキャップで、ブランド品の金づるではない)は、必要なときに排気せず、リザーバー内に真空を作り、それが何らかの形で漏れにつながっているのだ。密閉されたシステムに通気孔が必要なことも、真空が漏れを生むことも、ほとんど理解できないが、ブレーキフルードの不良より悪いのは、ブレーキフルードがないことだということは理解できる。そして、その結果は…そう、いつだって苦虫を噛み潰した顔をしたくなる憂鬱な瞬間なのだ。



=海外の反応=
「ブレーキキャップはすべて通気性があり、ブレーキシステムは密閉されているが、真空でシールドされているわけではない。ブレーキパッドが摩耗すると、ブレーキフルードは減少する。真空状態になり、負圧によりシステム内の密閉性が損なわれ、漏れが発生する可能性がある。ブレーキフルードが循環していないと、ブレーキパッドの磨耗によりフルードが減少する。ブレーキフルードは循環していないため、リザーバー内の上部だけが直接空気に触れているが、時間とともに水が溜まり(フルードが水を吸収するスポンジのような役割)、これがブレーキフルードの経年劣化の主な原因となるため、定期的な交換が必要だ」
「つまり、あなたはフェラーリを運転してディーラーに行き、そこでプラスチックのチューブを交換され、そして家に帰るのだ。大したことはない」
「エアベントは、作動油の容量の温度誘導の変化に関係するものだ。このため、定期的に交換する必要がある」
↑「温度変化に反応するリザーバーは可能だろうか、それともその柔軟性が加圧を混乱させるのでだろうか?どうせ換気するなら…。これは面白いディテールだね。今まで考えたことがなかったよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52893/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ