ランボルギーニの2+2電動GTカーは10年以内に登場 エストーケみたいな外観にしてくれ、頼むぞランボ

 

ランボルギーニ初の完全電気自動車は、2+2のGTカーになる。これだけはご存じだろう。現在、ボスのステファン ヴィンケルマンは、10年後までには準備が整うだろうと語っている。

2024年のル・マン・デイトナのハイパーカー発表に続き、ヴィンケルマンは、アヴェンタドール、ウラカン、ウルスに続く4番目のモデルは、もう少し地上高のある2+2になるだろうと語った。「我々は多くのことに取り組んでいます」とヴィンケルマンはトップギアに語った。「もっと多目的な車になり、ウルスが完全電動化される前に登場する最初の完全電気自動車になるでしょう」

彼はまた、電気自動車がいかに自由に、もう少し過激なデザインになるかということにも言及した。「こういう言い方をさせてほしいのです。バッテリーの位置によって、思いがけないボディスタイルが生まれます。しかし、ランボルギーニのクルマであることは、すぐにわかるはずです」

「これは、私たちが維持したいことのひとつです。電気自動車の最初のアイデアを見ましたが、非常に有望です」と付け加えた。

新型車がランボの売り上げを伸ばすことは間違いないだろうが、それはヴィンケルマンの第一の目標ではない。彼はトップギアに対し、年間販売台数に上限があるかどうかについて、「限度があります」と語った。

「ブランドというものは、クルマの販売台数よりもずっと重要なものです。また、納車した台数よりも経営的な業績の方が重要です。4番目のモデルは、数を増やす機会を与えてくれますが、これは最優先かつ最も重要なことというわけではありません」と付け加えた。

ランボらしさも重要だ。「ハイブリッド化については(次期アヴェンタドールとウラカンの)明確なコミットメントがあり、実際にそれに沿ってクルマを作っているので、サウンド面でもパフォーマンス面でも不安はありません」

「フル電気自動車の場合、現在は縦方向の加速の話しばかりで、どの電気自動車にも非常に等しくなっていることがわかります。しかし、そういった現象の中に、ランボルギーニにとって都合の良いものは、現在、見当たりません。アイデアとしては、この中に入ってくる横方向の加速度があるかということです」

「電気自動車に欠けているハンドリング能力をいかに車の中に取り入れるかということです。私たちはそうできると確信しています」と付け加えた。

ハイブリッドの問題については、次世代ウルスがさらにパワフルなものになることは間違いないだろう。「私たちは、世代が上がっていくごとに、より高いパフォーマンスを約束しなければなりません。だから、ハイブリッド化が進めば、その前の世代よりも性能は上がるでしょう」

「2台のスーパースポーツカー(アヴェンタドールとウラカン)については、できるだけ長くハイブリッドであり続けたいと考えており、2030年以降もこれを維持するために、合成燃料がどれだけ役立つかを見極めたいと考えています」

この生きながらえる余地について考えてみよう。あるいは、以下のスペースを使って、ランボルギーニに、次期2+2がどれだけエストーケに似ている必要があるか教えてほしい。


=海外の反応=
「彼らがEVに全力を注ぐ前に、ICEモデルとしてのサルーンの登場を期待する。2+2 GTと呼んでいるのは、おそらく2ドアで、電気自動車のコンチネンタル GTの兄弟車であることを示唆しているのだと思う」
「信じがたい話だが、古いコンセプトのエストーケが、新しいEVに再利用されるとは」

「アストンマーティンのようなバイブを感じる…言ってみただけ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49391/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ