最後どーしてこうなっちゃうの!?BMW 7シリーズの変遷


新型が登場したっていうことで、BMW 7シリーズの全世代をご紹介。すごくカッコいいけど、最後、なんでこうなっちゃうの?ちなみに、トップギアは、これを読んだ後の中古車情報サイトでの時間の浪費については責任を負いませんので、あしからず。

BMW 7 シリーズ [E23]


その正体は?
ビッグBMWの元祖サルーン。1977年に発表されたこのクルマは、ポール ブラックによる時代を超えたデザインをベースに、「ニューシックス」時代のBIMMERを引き継いでいる。BMWの「シャークノーズ」時代の証拠がここに示されているのだ。BMWは、この車が「あらゆるパワーステージで比類なき洗練とパフォーマンスを発揮する」と語っている。もちろん、そのとおりだ。

この大きなラグジュアリーサルーンが、現在の3シリーズよりほんの少し長いだけだったとは、おかしな話に聞こえてしまう。

どんなエンジンを積んでいたの?
2.5リッターから3.5リッターまでの直列6気筒エンジンがあり、後者は最高級の745iであった。1980年に登場したこのモンスターは、時速141マイル(227km/h)を記録した。

BMWは何台製造したのだろう?
9年間の生涯で27万台以上が製造された。

BMW 7 シリーズ [E32]


その正体は?
BMW、本格始動。最近のBMWはキドニーグリルが大きくなっているが、その変貌は80年代から始まっている。1986年に登場した7シリーズは、ワイドなグリル、クラシックなツインラウンド・ヘッドライト、そしてブラッホのデザインよりもアップライトなスタンスが特徴であった。

どんなエンジンを積んでいたの?
直6が2基、V8が2基(後期)、そして「1945年以来、ドイツの自動車メーカーで初めて採用された」5.0リッターV12が搭載された。最高出力300bhp、最高速度249km/hのラグジュアリーサルーン、750iがそれである。

BMWは何台製造したのだろう?
1986年から1994年にかけて、BMWはこのE32を約31万台生産した。上のスライドをご覧になった方は、上の車より多いことになっているのがわかるよね。

BMW 7 シリーズ [E38]


その正体は?
お好きな中古車情報サイトに探しに行く可能性が高い車。これはBMWの古典的なシンボルである。BMWはE38に搭載された技術的なハイライトをたくさん記しているが、とても正しいエクステリアとなっている(キドニーグリルがE32よりワイドになっているのも面白い)。

どんなエンジンを積んでいたの?
たくさんある。7シリーズで初めてディーゼルエンジンを搭載したのは、もちろん直6で、後にV8が追加された。この世代ではもちろん750iがパワーアップして復活し、BMWは750hLと呼ばれる水素バージョンも試験的に導入した。

BMWは何台製造したのだろう?
1994年から2001年の間に、約32万7000台のE38が幸運な家庭を築いた。ほら、あなたは中古車情報サイトに古い740iを探しに行くんでしょ?

BMW 7 シリーズ [E65]


その正体は?
元デザインボスのクリス バングル氏のディレクションでデザインされた7。彼の名前は聞いたことがあるかもしれない。それまでのBMWとは一線を画し、「未来」の到来を告げるデザインは、ドイツの大型サルーンに匹敵するほどの革命的なものだった。新しいヘッドライト。オフセットされたトランクリッド。より大きくなったキドニー(テーマがあるのだろうか?)。傾斜した、ほとんどファストバックのようなリア。当時も今も、その姿はワイルドだ。

ロータリーコントローラーで約700もの機能をカバーするiDriveも、BMWとして初めて搭載された。このモデルにはLWB(コードネームE66)と、「ハイセキュリティーバージョン」(E67)があった。

どんなエンジンを積んでいたの?
標準的な6気筒、8気筒、12気筒のユニットがあり、中でも6.0リッターV12エンジンをフロントに搭載し、440馬力以上を発生させたモンスター760iは圧巻であった。

BMWは何台製造したのだろう?
E65は2001年から2008年の間に約34万3,000台が製造された。

BMW 7 シリーズ [F01]


その正体は?
BMWの元デザイナー、カリム ハビブによって施された、より「ありきたり」なヘッドライトとリアの処理という、少なくとも目印になるものとしては、その前に登場したものよりもわずかに控えめな存在である。2008年から2015年の間、現役で活躍した。

どんなエンジンを積んでいたの?
すべてのシリンダーをすべてのレイアウトで構成する通常のラインアップだが、F01は7erとして初めてハイブリッドパワートレインを搭載した。当初はV8+電気モーターでスタートし、後に直6ターボ+電気モーターにダウンサイジングされた。その他、6気筒、8気筒、12気筒のモデルがあり、レンジトッパーはなんと6.0リッターのV12ツインターボである。その出力は540psを超える。

BMW 7 シリーズ [G11]


その正体は?
本当に巨大なグリルになった。ただしそれは2019年にノーズに接ぎ木されただけだが。2015年に登場したG11 7シリーズは、CFRPとアルミニウム、スチールを組み合わせた複合ボディを軸に、もう少し保守的なものでスタートした。BMWの革新的な「i」カーで初めて見られたヒット作である。

どんなエンジンを積んでいたの?
どんなエンジンを搭載していたのでしょうか?
ガソリンとディーゼル、そして3.0リッターターボ6とEモーターを組み合わせた745eハイブリッドがあった。しかし750iには、当時としてはまったく新しいV8、つまり2019年にBMWが設計した真新しい8気筒が搭載され、520bhpを発揮するようになった。

そうそう、2019年。この年のフェイスリフトでは、X7からグリルがもたらされたのである。そしてあとは、よく議論されるように…。

BMW 7 シリーズ [2022-]


その正体は?
これが新型i7。世界中から、相当な数の意見が出ている。

どんなエンジンを積んでいたの?
電気とハイブリッドだけ。詳しくはこちらで。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/04/48381/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ