議論百出!マッドルッキングな新型BMW i7は巨大なスクリーンつき


日本のTVに一時は良く出てたセレブなお姉さまが所有していたのは'グッドルッキングガイ'。じゃあ、セレブなBMWファンが次に買うべきは'マッドルッキングカー'。高級リムジンは、技術やガジェット、機能がすべて。なのに…この場合は、見た目がどうしても気になっちゃうよね?新しいBMW i7が実際にどのように見えてくるのかわからないけど、慣れてくるのに時間が必要だ。

堂々としている。アグレッシブ。欲望に満ちた下品さ?BMWが今のデザインの方向性を気に入らない人がいても気にしないってことの、必要な証拠なのだ(証明の必要があればだけれど)。M3が物議を醸し、iXが奇妙で、そして今、i7が再びゲームを動かしているのだから。一番下にある「海外の反応」コメント欄を覗いてみよう。

さあ、ちょっと話を戻して、i7について説明しとこう。これは新しい7シリーズだ。メルセデス(ガソリンとディーゼルのSクラスを製造した後、新しいボディシェルで別のオール電動リムジン、EQSを作る)とは異なり、BMWは旧態依然としたスタイルを貫いている。1台の車を作り、バッテリーを搭載したものと搭載していないものを提供しているのだ。

そのため、7シリーズには直6またはV8エンジン(今回はV12なし)、あるいは純粋なバッテリー駆動のi7が設定される。ちなみに、英国で発売される7シリーズにはすべて充電ケーブルが装備される予定。プラグインなしの直6とV8エンジンは、米国と中国に限定される。一方、ヨーロッパでは新型のディーゼルエンジンが導入される予定だ。

i7はエンジンを積んでいないので冷却用の巨大なグリルは本来必要ないけれど、7シリーズと外観を共有しているため、巨大な鼻の穴になっている。BMWは、グリルをライトストリップで囲むことによって、それを特徴としている。ヘッドライトはLEDランニングライトの下に収納され、オプションでスワロフスキークリスタルの装飾が施される。

ナンバープレートはバンパーに収納され、バングル風の大きなトランクリッドが復活している。BMWのバッジは、バックカメラ用のポップアップウォッシャージェットをカバーするために、巨大なものとなっている。どの角度から見ても、非常に直立した、伝統的な政治家らしいサルーンであり、パンチの効いたディテールが施されている。

なぜか?BMWは、主要市場であるアメリカと中国がクローム、グリル、超アグレッシブなものを好むことを販売データが証明していると述べている。これは、ミュンヘンが(超富裕層向けビジネスのターゲットとしての)人々が望むものを提供することなのだ。今回はショートもロングも選べない。ワンサイズ上の7は、ロングホイールベースの旧型7より130mm長く、48mm広く、51mm背が高くなっている。迫力。


そして、ヘッドルームのスペースを向上させる3ボックスデザインは、EQSやテスラモデルSよりも滑らかかつスムーズではないことを意味するので、それは充電で同じくらい遠くまで行くことができないということでもある。102kWhのバッテリーは、約615kmの範囲を主張しているが、メルセデスよりも160kmも下回っている。

つまり、BMWは、充電ステーションに停めたままでも満足できる車である必要があるのだ。しかし、BMWは、これまで見たこともないようなマッドな車内エンターテインメントを搭載し、それを過剰に演出してしまったかもしれない。

オプションのシアタースクリーンは、31インチの16:9アスペクト8k解像度ディスプレイで、天井からモーターで降りてきて、後部座席の乗員を楽しませることができる。その際、ブラインドを上昇させ、映画館のような暗さを演出し、近くにいるドライバーの注意をそらすことができる。一方、ハリウッドのハンス ジマーによるサウンドトラックが流れている。彼は『インセプション』や『ダークナイト』のサウンドトラックを手がけた人物で、キーボードの扱いはお手の物だ。

シアタースクリーンは、リアドア内のタッチスクリーンパネルで操作し、Amazon Fireに接続して番組のストリーミング再生や、YouTubeなどの再生が可能だ。Bowers and WilkinsのサラウンドサウンドHi-Fiがそれをサポートしている。

その他の機能リストも膨大だ。ドアは電動で自動的に開閉する。ダッシュボードには「インタラクションバー」があり、選択したパーソナライズモードに応じてさまざまな色にライトアップされる。

シートとギアボックスの操作部はガラス製だ。助手席のシートを倒して折りたたみ、後部座席に広いスペースを確保することもできる(もちろん、誰も座っていないとき)。レベル3の自律走行にも対応している。とにかく盛りだくさんで、キリがないほど。

最後に、パワートレインのオプションについて説明しとこう。i7 xDrive 60はデュアルモーターで、合計544hpと744Nmを発揮する。0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は240km/hだ。その後、600psをはるかに超えるi7 M70 xDriveが登場する予定だってさ…。

電気自動車への準備はまだできてないって?米国と中国では、3.0リッター直列6気筒の735iと740iに48ボルトのハイブリッドモデルが用意される。その上の7シリーズには、最高出力544hpの760i V8が用意されている。まだディーゼルにこだわるの?ホントに?680Nm近いパワーと14km/L以上の燃費を誇る740dは2023年まで待たねばならないけど。

M760e xDriveは563bhpのパワーを持ちながら、ディーゼルを凌駕する燃費を実現する。

最近はデザインと新エネルギーのパワートレインが話題を独占しているようだが、これはBMWなんだから、乗り心地とハンドリングが良いことが前提だ。そのために、アクティブ・アンチロール・システム、4WD、4WSなど、いつものアルファベットの略語を搭載している。プロジェクトチーフのロバート カーレンベルグは「重量はありますが、本物のBMWのように走れる精密なクルマです」と言う。不思議なことに、旧7シリーズやiXのように、軽量化のためのカーボンファイバーをボディ構造に使わないことにしたのだそう。

というわけで、7はほぼすべての面であなたの欲望をカバーしてくれるはずだ。パワー、トルク、経済性、技術、そしてラグジュアリー。さらに、リサイクル素材や再生可能エネルギーの比率を高め、よりサステイナブルなクルマに仕上げられている。

しかし、最初の質問に戻ると、あなたはこの外観を克服することができるだろうか?


=海外の反応=
「無味乾燥な人のための無味乾燥なクルマ」
「じゃあ、これはメルセデスとアウディにとって、売上を伸ばす良いニュースなんだね…」
「今朝、私を笑顔にしてくれた皆さん、ありがとう(私は純粋に皮肉として通じることを願っている)。コメントの多くは、雑誌の「グッド、バッド、個人の感想」セクションに掲載されるべきものだ。残念なことに、ここでの私のコメントは、その「トップギア」という雑誌に掲載されてしまった。偶然にも、別の醜いBMWについてだったけど」
「ガレージの壁には巨大なMストライプが描かれているが、これはすぐに塗り替えなければならない。20台のBMWを乗り継いだ後、私は次の車を他で探すことになるだろう。これは大失敗だ! E38の7シリーズはデザインの傑作だったのに、これは下品としか言いようがない。マジ、ヤバイ!」
「BMWは、ここでのコメントを読んでほしい。BMWが2021年に過去最高の売り上げを記録した事実と比較してほしい。そのことを心に刻んでおいてほしいんだ…」
「バックショット(写真5)を見ると、不思議なことにアルファ 156の雰囲気がする。しかし、その写真で類似性はすっぱり終了した。ホイールを変えてもいいかもしれないね。もし私が子供の頃、これを見せてくれて、未来の車だと言ってくれたら、私は畏敬の念を抱いたことだろう。だが今、私は未来に生きていて、世界はひどいことになっていて、この車のフロントがそれをさらに悪化させている。それにしても…いい内装だ。20年後にオートトレーダーで3,000ドルで買うのが楽しみ」
「ロールス・ロイス ファントムのフロントを少し湾曲させて、グリルの真ん中にクロームを貼り付けたもの」
「サンヨンが作ったものが、最も醜いクルマだと思っていたのに。この車のひどさには目を見張るものがある。本当にひどい。明らかに私が間違っていた。双龍のデザイナーに謝れ。今、市場にこれ以上醜い車があるだろうか?もしそうなら、それは他のBMWだろうか?この車が中国の店頭で売られるたびに、会計士は革鞄の影で笑うことだろう」
「C4カクタスのライトをコピーし、ディーゼルエンジンも選べるした車ほど、「究極のエレクトリックラグジュアリー」という言葉がふさわしいクルマはないから」
「E36、E39、E38の後は、ほとんど醜くて欲しくもなら無いパロディ車ばかり! BMWは、センスのない中国人の顧客のために、私たちの頭の上に糞をするってのか!」
「クラークソンがジョージアでメイの8シリーズについて言ったように、"リアはトヨタに酷似している"。BMWのスタイリング部門はどうしちゃったんだろう?」
「見た目はすごく良いってわけじゃないが、なぜ皆さんがこれを嫌うのかがわからない。今出ている、他のほとんどのBMWよりも良く見えるということは、誰もが認めるところだろう。でも、これはもっと地味で、かなりクリーンな要素を持っている。あの大きさのクルマが持っているはずの箱庭っぽさを、そのまま受け入れている。
他の7シリーズと比べても、決して悪くはない。30年前と比べたら、比較にならないほど良いのは30年前のものだけだと思うけど、市場や安全上の理由から、今はずっと大きくしなければならないので、とても不公平な比較だと思うんだ。
あと、バングルの話をされている方がいらっしゃいますが 彼は、あの巨大なクルマに意味のない丸みを帯びたラインを入れて、フォーミュラを完全に変えてしまった人だと思う。私は彼の作品のいくつかは好きだが、彼は革命的なアーティストで、時に正しく、時に大きく間違っていた。彼の7シリーズは、彼の作品(賛否両論あるが、かなり良い)の中でも最悪の部類に入り、これは最近のBMW(かなり悪い)の中でも最高の部類に入る。
リアとサイドのデザインは良く、ヘッドライトはちょっとクールで、確かに個性的だ。他の10万ポンド(1,700万円)以上のBMWと間違うことはないだろう。グリルは…そうだね、私はグリルが好きではないけど、M3やM4よりもこちらの方がより理にかなっているね。
そして、最後に、7シリーズは見た目の良さを求めるものじゃあい。7シリーズのオーナーや、おそらく7シリーズのオーナーのスーツのように、真面目でくすんだ印象を与えなければならないんだ。これはそのための仕事ぶりだ。
もし、みなさんが本当にバングルを愛しているなら、当時、誰もがバングルを嫌っていたことを思い出してほしい。この新しいデザイン言語は、それほど良いものではない、とは思うけれど、BMWが毎年毎年、同じ古いデザインをダラダラとレンジでチンしているのを見るのは本当に嫌だったしね。(バングルのように)何か悪いものが出てくるかもしれないが、少なくとも何か新しいものが出てくる可能性はあるのだ」
↑「BMWには、いつも何か忘れ物があるようだ。BMWの新型車は、これまでも、そしてこれからも、物議を醸すことだろう。それは、(中国に限らず)大衆がデザインに関係なく愛しているからであり、実際の車が良いからこそ、ほとんどの人にとっても妥協が感じられるのだ。また、実際に乗ってみると、いつもよりずっと良く見えてくる。そして、10年後には、その時代の他の車と比べても、みんなが好きになっている。私はそれが同様にこのケースである場合、驚きではないだろう。今、後継の7シリーズだって、実は大丈夫に見え始めているんだ。
クライアントが何を求めているかというと、本来はあなたがおっしゃってることが正しい。見栄えを良くするのではなく、真面目でくすんだ感じにするのだ。前回の7シリーズのフェイスリフトは、巨大なグリルでそれを初めて裏切ったわけだが、今回はそれを超えて、もはや真面目でもなく、ダサくもなく、しかし、きれいでもない。少なくとも今のところの写真では。しかし、この手のクルマを買う人は、もはや微妙なものを求めているのではなく、他人に向かって成功を叫ぶようなものを求めているのだ。それに、まだ成功してないが、成功したように見せかけるための物には十分にお金をかけることができる人たちにとっては、十分に安いものなんだ」
「私は、大好きな3、5、7シリーズをそれぞれの世代で持っている。E36、E39、E38です。今でも大好きです。昔は乗り降りするたびにその美しさに見とれていた。それ以来、ほとんどのBMWは私の目を痛めるようになってしまった。非常に不細工、超不細工、メガ不細工など、様々なトーンの不細工がある。中国人のセンスのなさにはあきれるばかりだ。ドイツは、プトラースタンからの安いガスは欲しいが、ロシアが計画するヨーロッパへの侵攻は望んでいないようだ! その結果、BMWは、味気ない#$%^&&*のために、忠実な長年のファンを失ってしまったのだ」
「私はこれが好きだ。このようなデザインは、とても魅力的。今、ほとんどの新車がそうだ。少なくとも私にとっては。写真で見ると、ちょっと醜い。でも、実際に見てみると、納得できる」
「フィアット ムルティプラを二度と馬鹿にしない!これからは約束する」
「ダッシュボードに接着された2つのiPadが、きちんとデザインされたダッシュボードの代わりをしていることを除けば、インテリアはなかなかいい。
しかし、外観は。この「ノートルダムの鐘」のカジモトみたいなのはなんだ?」
「馬鹿げたスプリットヘッドライトや、今まで見たこともないような最悪のグリル、画面過多など。それらは簡単な問題だ。このクルマは全体的にプロポーションバランスが悪く、ラインや面の変化のコントロールや秩序がなく、3トンくらいありそうな感じ…。それに比べると、バングルのBMWの全作品が傑作に見える。BMWのデザインは、「どんな注目も良い注目」という狂気と好戦の海で迷子になっているのだ。それは私を憂鬱にさせるけれど」
「驚くほど支離滅裂なんだ。まるで、すべてのパネルに異なるデザイナーがいて、誰ひとりとして会話したことがないかのよう。現代的な薄型のランニングライト。時代遅れの堂々としたクロームグリル。不必要にスポーティなフロントスプリッター。なぜかボンネットが膨らんでいる。当たり障りのないスラブサイドのウィングとドア。2000年代半ばのスバルに装着されたアフターマーケットホイール。そして、しわくちゃの紙の上でデザインされたようなリアエンド。
せめて内装だけでも…いや、それもひどいな。ルーフが見えなくてよかった。ルーフもきっと、やらかして失敗したんだろう」
「このクルマには救われる点が一つもない。外装も内装も最悪だが、アメリカ人と中国人は絶対に気に入ると思う。正直なところ、彼らはそれを維持することができる」

ピックアップ

アーカイブ