ケン ブロックの新動画エレクトリカーナ:アウディ S1 e-tron クワトロ フーニトロン

正式名称は「アウディ S1 e-tron クワトロ フーニトロン(Hoonitron)」で、非常にシンプルな前提のもとに作られた、長ったらしい名前である。このマシンは、ケネス(ケン) ブロック氏の「エレクトリカーナ」ビデオ用に製作された100%電気駆動のドリフトマシンだ。

もしかしたら、このマシンに見覚えがあるかもしれない。というのも、ケネスは現在、アウディとコラボレーションしており、彼の最初のマシンは、モータースポーツファンが熱狂する、パイクスピーク スポーツクワトロ S1のオリジナルモデルっていう大砲を参考にしたいと考えたのだ。

並べてみると、オリジナルの箱型フレームは明らかに巨大な手動式ジュースプレスにかけられ、フーニトロン(いい名前だよね)は、よりスムーズでスマートでありながら、おなじみのサインを受け継いでいることがわかる。アウディ デザインのボス、マーク リヒテは、それを実現するのに長い時間はかからなかったようだ。「S1 パイクスピークを現代的に、電気自動車として解釈することです。最初の図面から最終デザインまで、わずか4週間という非常にタイトなスケジュールでした」と、リヒテは語っている。

自分たちの愛すべきアイコンが、デジタル視聴者向けに電動のタイヤシュレッダー(タイヤを切り裂くほど激しくドリフトする)として生まれ変わったことを、ファンたちがどう受け止めるかは未知数だが、その結果は目を見張るものがあるはずだ。現段階では、フーニトロンが全輪駆動のために各車軸に電気モーターを搭載し、「豊富なパワー」を備えていることだけが伝えられている。ってことは…[両手を広げて]こんなに?そうだ。

FIAが定めた「完全な安全基準」を満たしたカーボンファイバー製のシャシーに収まっている…。そんなところだろう。加速の速さも(おそらく「とても」)、最高速度も(おそらく「かなり」)、パワーやトルクの数値もわからない。

ただ、ケンが新しいドライビングスタイルを採用せざるを得なくなったクルマだということだけはわかっている。先月ドイツで行われた短いテストについて、「内燃機関やトランスミッションを使ったさまざまなクルマに慣れてはいるが、ここでは新しく学ぶことがたくさんあった」と彼は語っている。

「停止状態から右足だけで150km/hでドーナツ状にスピンするのは、私にとってまったく新しい経験です。僕らの仕事は、クルマと僕がお互いに慣れることに集中していたんだ」と付け加えた。

エレクトリカーナは、数ヶ月以内にオンラインで公開される予定だ。「フーニトロンは、我々の歴史の次の章を書き、ジムカーナ・ストーリーを未来へと導いてくれるんだ」と、ケンは語っている。

未来といえば、ケンは次のビデオにどんなアウディを使うべきだろうか?私たちは、小さなA2に一票を投じる。

=海外の反応=
「かなりイケてるね」
「これ、すごそう」
↑「両車を並べた写真が大好き。古いクルマは過去の伝説的なモンスターで、簡単に忘れることはできないから。この「アウディ S1 - フーニトロン」は、「アウディ クワトロ S1 パイクスピーク」に対するオマージュとして製作されたワンオフカーだ」
「パイクスピークに持ち出す姿はかっこいい」
↑「ジムカーナシリーズでは、すでにフーニコーンV2を使った「パイクスピークでのクライムカーナ」があったけど、ケンはいつもオリジナルで、過去のセッションを繰り返さないんだ。だから、彼がこの新しいフーニトロンをどこで使うのか、本当に興味深いのだ」
「戦車とか使うと、ICEのダイハードたちが少しは目を覚ますだろうから、期待してる」
「自動車メーカーは、EVをかっこいいと思わせるために、本当に残業しているんだよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42863/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ