「グランツーリスモ7」のポルシェ ビジョン GTは10年後の電動レーシングカーの姿を予告する

グランツーリスモにコンセプトモデルが登場するのは久しぶりのような気がするけど、復活した。その方法とは?これはポルシェにとって初めてのものであり、豊富なコレクションに加えて、ちゃんとホイール付きで戻ってきた、Uターンモデルでもある。

1997年に初代『グランツーリスモ』を手にした私たちは、PlayStation 1のグレーの蓋の下にディスクを丁寧に挿入し、ワクワクしながら数多くの車を見て回ったことを鮮明に覚えているだろう。だが…ポルシェがない。その代わりに、「ルーフ」と呼ばれる奇妙な形をしたクルマがあったっけな。

そう、ポルシェは長年、ニード・フォー・スピードとの独占契約により、公式にはフランチャイズに車を提供していなかったのだが、この5年間でそれが変わったのだ。2017年にはポルシェのクルマがGTに参戦し、今回、その友好関係をさらに強固なものにするかのように、ポルシェ ビジョン GTコンセプトが登場したのである。

ポルシェのブランド&パートナーシップ部門のボス、デニズ ケスキンは、「コンピュータゲームのために明確にデザインされた初めてのポルシェ」とTGに報告する前に、「当時のあの決断のせいで誰も解雇されなかったと思うよ!」とジョークを飛ばした。

完全な電気自動車であることは想像に難くありませんが、その製作には2年以上の歳月が費やされている。デザインは可能な限り純粋で、視覚的な重さはすべて取り除かれ、ポルシェの初期の356や550のスポーツカーを思い起こさせるような高さになっていると聞いている。

エクステリアデザインを担当したインゴ バウアー シェインヒュッテは、「過去の他社のビジョンGTカーを見ると、とてつもないものがありました」と語り、「車というよりも戦闘機のような超ハイパーカーでしたね」と述べている。

「ドイツ人は真面目な人が多いので、カーデザインも真面目に考えています。だからこそ、数年後に道路を走っている姿を想像できるような、リアルな感覚のものを作ろうと決めたのです」

ミッドエンジンのようなデザインは、完璧な重量配分を示唆している。また、ケイマンや911でおなじみの官能的なフェンダーは継承されているが、フロントの両サイドにはヘッドライトがない。

バーチャルな世界では、ヘッドライトの高さについて道路やレースの規制を受ける必要はない。 これにより、個性的な外観と空力的な可能性を大きく広げることができる。その代わりに、「宝石のような」細長いユニットが車の下方に配置されている。ライトとホイールアーチの間、そしてビジョン GTの側面を流れる空気を見てみよう。つまり、ピクセル化された空気のようなものだ。

「ポルシェの魅力は、その純粋なデザインにあります」とGTの山内一典は言う。「また、エンジニアリングの専門性という点でも、我々とポルシェは同じ完璧主義の哲学を持っています。レースへの情熱を共有し、車の未来を見据えています」

ポルシェによれば、ビジョン GTは10年後の電動レーシングカーの姿を予告したものであるが、ミッション R コンセプトの足元を少しばかり踏みにじっていることになる。しかし、ポルシェのEVレーシングカーが2台登場する月は、かなり良い月だったと言えるだろう。

また、バーチャルな世界では、他の可能性も広がっている。ドアはなく、フロントヒンジ式のキャノピーが垂直に跳ね上がっている。これはもしかしたら、ジェット戦闘機のようなビジョン GTなのかもしれないね。

室内にはシートはなく、レーステックス製のスエードパッドが車体に貼り付けられ、代わりにペダルが前後に移動する。ステアリングホイールはアナログとデジタルが混在しており、純粋にデジタルの世界のために設計された車にしては不思議な感じがするが、まあいいだろう。これは、ポルシェが現実の車では実現できないようなことでもある。

実際、ビジョンGTの全体像は、「制限なし」のスクラップブックのようなものだ。ポルシェが917レーシングカーのために開発したスプリットアクティブリアウィング機能は、ルールブックで禁止される前に久々に登場した。キャノピーは指紋で操作できる。フローティング・ヘッドレストは、ヘルメットをかぶっているかどうかに応じて調整される。ポルシェのデザイナーたちは、通常は法律家や財務部門によって抑制されている空想を実現しているのだ。

しかし、果たしてそれが製品化されるのだろうか?インゴは「ロードカーとは関係ありません。純粋にグランツーリスモのためのものです」と言う。「もちろん、将来のクルマに搭載される可能性のあるデザイン要素は常に存在します。私たちがコンセプトカーを作るのは、自分たちを鼓舞し、新しいことを試し、デザイン言語を発展させるためです」

「グランツーリスモ7」がプレイステーション4および5で発売される2022年3月には、ポルシェ ビジョンGTに乗ることができる。さて、あなたはどのパーツの市販化を最も期待する?

=海外の反応=
「ポルシェは合理性を重んじる会社なので、自由に夢を描いてこそ、見栄えのするハイパーカーを作ることができるんだ。もちろん、機能的にも優れていなければならないが」
「ポルシェが昆虫みたいな目つきを完全に捨てて4ライン・ライト・シグネチャーになることを願っている。じつは私はどちらも好きなんだけど。うまく調和していると思うから。記事を読むまでは、次の918をそのまま再現したような車だと思っていたけど、とてもかっこいいね」
「私の言葉では表現しきれないほどの傑作」
↑「他の似たようなコンセプトに比べて、少なくともこの作品にはきちんとした完全な機能を持ったコックピットがあることに同意。どっちも、塗装が好き;0)」
「このヴィジョン GTのいいところは、完全には無茶にならないところだ。製品化はされないにしても、ロードカーに近いものになりそうな雰囲気がある。これは、918の後継車が間違いなく登場するという状況下ではエキサイティングなこと」
「待って…あごが外れたよ。とにかくさ、ねえ、ポルシェ?あなた方が電動化に熱心なのは知っているけど、完全に電動化する前に、918とカレラGTの後継車として、最後の内燃機関を作ってくれない?もし、このコンセプト・マスターピースからデザインのインスピレーションを得ることができれば、それはそれで素晴らしいこと」
「ポルシェの力作だね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ