新型BMW コンセプト MXには、怒るっていうよりは無関心状態になったんだ

BMW Mは来年50歳。これは大変なことだ。私は、M部門の製品、特にその中核モデルであるM3を、GT部門のポルシェ、ルノースポールのホットハッチバック、V8ミッドエンジンのフェラーリと並んで、パフォーマンスカーの世界の4本柱として位置づけられている。

だから、Mのビッグファイブを象徴するようなクルマが、BMW コンセプト XMという、はっきり言っておかしなグリルと無意味なパワーを持ったやりすぎなSUVであることに、憤りを覚えるのは当然だろう。しかし、私は怒ってもいないし、がっかりもしていない。驚いてさえもいないのだ。

実際のところ、私はこの件に関して、ある種のアンビバレントな感情を抱いている。BMWとMは最終的に、莫大な利益と膨大な宣伝効果が得られるとわかっているものを作っている、ということだ。正直、アウディ、BMW、メルセデス、ポルシェなどが、電気自動車の未来を売り込もうとしている一方で、2トンの巨大で有り余るパワーを持つ車を発売していることには腹が立つが、車は明らかに売れているし、これらの企業は金儲けをしているのであって、世界を救う慈善団体ではない。

M部門の最初のモデルであるスーパーカー「M1」以来の独立したモデルは、プラグインハイブリッドの高級クロスオーバー以外の何物でもないはずだ。私はそう思う。また、ドライバーに焦点を当てたスポーツカーのようなモデルにすべきでだろうか?その通りだ。

しかし、今回のコンセプト MXのように、そうではないという事実は、私を無気力に肩をすくめさせ、「これはM4 CSLの資金源になる」という、初代カイエンが登場した際に911 GT3を思い浮かべて目をつぶって以来、延々と借用・修正されてきたマントラに、ますますゾッとする感情から離れられなくなっているのだ。

ただ、ひとつだけ気になることがある。それは、ファストカーの礎を築いてきた企業の明らかな後継プロダクトが、なぜシュコダ コディアックに似ていなければならないのか、ってことなんだ。

=海外の反応=
「やっぱさ、どっからどう見ても究極に醜いクルマよ」
↑「わざと不細工にしているんだと思う。おそらく、話題性を上げるための唯一の方法だと思ってるんだ」
「コディアックに意地悪しないで。炎上騒動を起こし、無料で宣伝するためにやっているのだと思う。問題は、それが壊れたレコードみたくなってしまうことで、それ以上の怒りや大々的な報道は起きない。ただ、スターになることを目指して自分自身を傷つけた車が、空に届かなかっただけなのだ。まず、プリウスがそういう状況になり、BMWもそれに続いたので、何か見栄えのするものを売らなければならなくなることを期待している」
「そう感じているのは、ステファンさん、あなただけではない。私たちだって、かつての偉大なメーカーを見限りつつある。歴史は絶滅した品種を懐かしく振り返るだろう」
「シュコダのコディアックは完璧なデザインで、よくぞとりあげてくれた!トップギアGJ!と思ってる。XMは、奇抜なアングルの寄せ集めのカリカチュアだ。大型グリルへの批判を受けて、「世間体を気にせず、自分たちのやり方でやる」と考え、さらに特徴を強調したのだ。一言で言えば'グロテスク'」
「このコメントは不評を買うかもしれない。いくつかの点でこの車はM1の後継車だが、自動車ファンが好むものではない。M1が作られた時代は、「未来的」という言葉がスポーティで軽快という意味で一般に広く受け入れられていた時代だった。高級車であっても、AMラゴンダやモンテヴェルディなど、低いスタンスの車が多かった。しかし、今ではそのようなことはない。今日では、快適さが第一で、性能は第二だ。規制や単純な市場の圧力により、車はとんでもなく大きく、重くなっている。例えば、アイオニック 5はハッチバックに1.3倍のズームを適用したものだ。したがって、パフォーマンスSUVは、エンジニアリングのバックグラウンドを持つ私たちにとっては不可解かもしれないが、現在の一般的なパフォーマンスカーのアイデアを表現する形として、完全に理解できる。シュコダに似たラインについては、XMはネオキュービズム・スタイルの影響を強く受けているようだ。ちなみに、チェコは世界で唯一キュービズム様式の建物がある国なので、チェコのデザイナーはネオキュービズムも好きなよう(何世紀にもわたるガラス製造の歴史を彷彿とさせるクリスタルのような構造と相性が良いですが、余談だけど)。そして、今回のクルマは、デザインの「言語」が現在の主流とは異なるため、表面的には似ている。また、バッジスノッブの影響を受けているようにも見える。コディアックのデザインは、一般的にアピールするには十分に臆病に作られているが、非常に良いデザインだ」
「それは、20年前、30年前と比べて、車に大金をかける人のタイプ、買い方、所有することへの期待が変わってきたことを反映している。たとえこの車を定価で買ったとしても、気分的には、原材料をレンタルしているようだ」
「非常に特別なデザインで、注意が必要。言うなれば、非常に特別な必要性がある」
「デザインを学ぶ学生たちが素敵なモデルを作ってインスタグラムにアップしているのを見た後に、実務で車のデザインをしている人たちがこのような作品を作っているのを見ると、腹が立つ。中国で作られている車を見たって、これよりもずっと良いものがあるよ」
「これは、「モダンアート」が車の世界に適用された場合に起こること。何でもありで、美しさとはアーティストが言ったことがすべてだ。やりすぎで、ちょっとした寄せ集めのようなものであっても、実際には気に入ったアイデアがいくつかありがち。正直なところ、シュコダ コディアック(他の方がおっしゃっているように、まったく問題のないデザイン)とどう似ているのか?両方ともSUVであり、すべてのSUVが漠然と同じ形をしているという事実以外、わからない。シュコダの方がもっと伝統的で、調和がとれていて、誇張されていない」
「シトロエン派の人たちは、BMW派の人たちにXMが何を意味するのか、どのように見えるべきなのかを示してほしいと思う」
「これはシュコダにとっては不公平なことで、実際には2代目サンヨン(双龍)ロディウスに近い外観になっている」
「フロントがアップになった写真は、広角レンズで撮った鼻デカ犬のスナップのように見える」
「ハイブリッドSUVがメーカーの収益に貢献していることは理解しているので、企業にそれ以外のことを期待するのは馬鹿げている。しかし、なぜ、なぜ、あんなに不細工でなければならないのか?」
「コディアックの方がはるかに格好いいね :-)」
「ピクサー映画のキャラみたい」
「ほら、これが一貫したデザインだ。どの角度から見ても醜いという点で一貫している」
「皮肉なことに、このコンセプトはアメリカで導入された。この国は、非常に疑わしい趣味を持つ人々が、狂ったように金を使う国だ。そして、EDの肥満男性は、シックな魅力を必要としており、大きくて幼いSUVが媚薬となる」
「ポルシェは実際に、彼らが主張しているような、純粋なマニュアル車、回転数の高いNA車を作っている。ポルシェのスポーツカーを買う人のほとんどは、GTカーを買うわけではないけれど、買う人がいるために存在しているのだ。それに対して、BMWは何を作っているのだろうか?BMWの最後の許容範囲の見た目は2シリーズと5シリーズで、2はより疑問を感じさせるものになっている(個人的には新しいデザインはほとんど気に入っている)が、5シリーズは肥大化した船のようなものだ。BMWはこれらのSUVの化け物を「偉大なドライバーズカーに資金を提供する」ためだと正当化することはできない」
「LEDヘッドライトをより小さく、より強力にすれば、ポップアップライトのようなごちゃごちゃしたものを使わなくても、よりスマートで先鋭的なクルマになると考えていた。しかし、デザイナーはその小さなヘッドライトを車の前部の巨大な崖の中に埋めてしまうのである。そして、自分たちが何をデザインしていたのか、コーチラインの途中で忘れちゃうっていう…」
「正直なところ、コディアックよりもRAV-4の要素が強く、特にホイールアーチ周辺や全体的なスタンスに特徴がある。グリルについては、「批判されればされるほど大きくする」というBMWとの頑固対決になっているようだ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ