日産が2030年までに15車種の新型EVを投入 4台のEVコンセプトカーの中で、どれが好き?

日産はコンセプトカーが大好き。これはすでに知られていることだ。しかし、今回は1台ではなく、4台のコンセプトカーを同時に公開するという、とんでもないことをやってのけたのである。

1つ目は、すでに発表されている「チルアウト」コンセプト。これは、次期クロスオーバー車「アリア」に搭載されるCMF-EVプラットフォームをベースにした「モバイル・ヘブン」だ。バイフォールドドアはともかく、このコンセプトカーは最もオーソドックスなもので、おそらく日産が近い将来、サンダーランドの工場でこのような車を製造する予定だからだろう。

残りのすべては、日産の将来の固体電池技術を採用している。この技術は、2028年までにコバルトを使用せず、1kWhあたりのコストを現在と比べ65%削減し、一般的なエンジン車と同じくらいのコストで製造できるようになると考えられている。

グレーのマックスアウトは2人乗りのコンバーチブルで、低重心でボディロールが少ないため、コーナーでのダイナミックな走りが可能だと製作者は語っている。また、助手席をフラットにすることで、荷室のスペースを広げることができるという。

また、オレンジのSurf-Outは、どこにでも行けるピックアップトラックで、サーフボードを積むことができる巨大な荷台を備えている。最後に緑の「Hang-Out」は、移動中に仕事をしたり、シアタースタイルのシートレイアウトで映画鑑賞をしたりできる、移動式のリビングルームというコンセプトだ。

性能やバッテリーの大きさなどの情報はまだないけれど、アリアに搭載されるのと同じe-4ORCEデュアルモーターパワートレインを採用していることは分かっている。

これは、今後5年間で電動化に2兆円を投資する日産の「アンビション2030」計画の一環として行われるものだ。10年後までに15台のバッテリーカーを含む23台の電動化モデルを販売し、販売台数の半分以下を内燃機関で賄うことを目標としている。

当然、バッテリーの生産量も増加させていく。日産は2026年までに年間52GWh、4年後には130GWhの生産量を目指しています。また、2030年には、「ほぼすべての新型車」に次世代ライダーシステムが搭載され、ある程度の自律走行が可能になる。

COOのアシュワニ グプタは、次のように語った。「私たちは、長年にわたるイノベーションの実績と、EV革命の実現に貢献してきたことを誇りに思っています。私たちは、新たな目標に向かって、魅力的な提案を通じてお客様を惹きつけることで、EVへの自然な移行を加速させるために、率先して行動していきます」

=海外の反応=
「アリアを納期通りに生産することも、競争力のある価格で生産することもできない。デザイナーにスパナかホウキを与えてやってよ」
「この4つの中で最も興味深いアイデアは、2つだけ:黒のオープンカーとオレンジのピックアップワゴン」
↑「でさ、この2つは最も作られない可能性の高いものなんだよね」
「バッテリーの耐久性はどう?それとも、普通に、あるいはハードに使って7、8年で交換が必要になるのだろうか?たとえ蓄電装置として再利用されるものがあったとしても、100%リサイクルできるのだろうか、それとも50%しかリサイクルできないのでだろうか?」
「レンダリングでないもの?ドローイングは、実際に何かを作ることよりも、より主張の少ないもののように感じる。これは私の年齢によるものかもしれないけれど」
↑「では、メーカーはレンダーを作らなければいいのか?それはどういう理屈なんだい?何が問題なのか?
これが役に立つのは、あの3つの動くコンセプトカーや、あのSF的なものを作ることができなかったからだ。私ならそれを勧めなかっただろう。むしろ、新しい奇妙なアイデアを盛り込んだクレイジーなレンダリングや、将来の市販車にかなり近いワーキングプロトタイプの方がいい。これのワーキングプロトタイプに何の意味があるのか?今回、彼らはこうすることに決めたんだし、別にもうコンセプトカーや市販車を作らないわけではないのだから。あなたは本当にくだらないことで文句を言うのが好きだね」
↑「それはコメントを書いた側の不満ではないと思うし、ある程度同意せざるを得ない。これは、歴史や地理などの授業で退屈しているときに描いた落書きに相当するもので、空港のラウンジでジンやライ麦を浸したナプキンに描いたハイテクなスケッチのことを指している。最近では、毎日のように制作することができるので、1週間後にはこのようなポートフォリオをまとめることができる。それは具体的なものかだって?そうではない。その中に座って、感じて、体験できる?ありえない。コンセプトやプロトタイプとして実際に形になるまでは、そのコンセプトに対するコミットメントや裏付けは微塵も感じられない。このような時代は終わった。これからは、別のスケッチを作成すべき。これだと、ぬるい紅茶に多量の砂糖を入れたようなミーハーな社会から、疑似的に肯定的なフィードバックを得るだけだ」
↑「いや、少なくなったと感じると言っているんだ。それは図面だ。エンジニアリングの費用をかけずに、比較的簡単に展開でき、それ以上の意図を持たずに行うことができるから。私が気になるのは、それが実現性を必要とせず、手っ取り早くニュースのアクセス数を稼ぐために使われることだと思う」
↑「ああ、私もひどく古い人間なのかもしれないが、私にとってコンセプトとは、美しい写真だけでなく、少なくともローリングプロトタイプでなければならない…。写真なら構わないが、コンセプトとして成立しているかどうかの証明は、パワートレインや内部がどんなに未来的であっても、誰かがそれに座ることができるかどうかにかかっていると思うんだ」
「コンセプト。彼らには良いコンセプトがある。デザインのアイデア(コンセプト)をテストするためにフィーリングを出している。中にはただ楽しいだけのものもあるね、白い床のように…。これは良いコンセプトだ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ