F1を引退するキミ ライコネンは変人なのか?トップギアがご本人に直撃


永遠に続くものなどない。キミ ライコネンのF1キャリアもそうだが、時にはその不可能なことが現実になるのでは、と思えることもあった。21のGPで優勝し、341回という驚異的な出走回数を記録したキミは、常にファーストネームで呼ばれており、フェラーリのワールドチャンピオンとしては最も新しいドライバーだ。もっと多くのレースに勝つべきだったかもしれないし、タイトルを獲得するべきだったかもしれないが、ひとつ確かなことは、キミはあまり気にしていないということだ。

じゃあ、キミは何を気にしているのか?きっと、あなたが思っている以上に多くのことを気にかけているのだろう。今週末、ザントフォールトで開催されるオランダGPの前に行われたインタビューでは、引退を表明してから初めて、トップリーグでの18シーズンに及ぶレースキャリアに幕を下ろす気持ちを、トップギアに少しだけ心を開いて語ってくれた。ここでいう「心を開く」というのは、相対的な表現で、ということだが。

「いいレースができたし、達成したことには満足しているんだ。もちろん勝ちたいし、勝つのは簡単なことじゃない。楽しかったし、自分のやり方でやったから、たとえ変えられたとしても、何ひとつ自分のやり方を変えることはできないよ」

そうだね。キミはF1界のフランク シナトラだ。忘れてはならないのは、F1史上最もパワフルな2人の人物-マクラーレンのロン デニスとルカ ディ モンテゼモーロ-のもとで、彼らが最も一つの考え方に取り憑かれている状態のときにレースをした男だということだ。そのミーティングの様子を想像してみてほしい。キミのフィンランド人の前任者であるマクラーレンのミカ ハッキネンと親しかったデニスは、おそらくフェラーリの社長がマネージメントしていたよりも、彼独特の北欧的なやり方をよく理解していたのだろう。

実際、2007年にスクーデリアのタイトルを獲得したにもかかわらず、モンテゼモーロは2010年にキミがチームのためにレースをしないように違約金を支払い、後任のフェルナンド アロンソに道を譲って、彼のサバティカルやWRCやNASCARでの課外活動を早めたことは、いささか時間の経過とともに忘れ去られている。

2012年にキミがロータスのドライバーとしてF1に復帰したとき、私はヘレスでのメディア発表会のホストを務めた。彼のことをよく知っている私は、夜のスポンサー・ディナーでは、プレスの前ではなく、チャットショーのような形でもう少し饒舌になってくれたほうが助かるのだが、と強く提案した。しかし、単刀直入なフィンランド人と一緒にソファに座っているのは耐えられない。彼は、もっとコミュニケーションをとることに同意し、その約束を守った(確かに、グレアム ノートンはあまり心配していなかったかもしれないが、予想以上にうまくいったのだ)。

それ以来、さまざまな出会いがあった。最近では、数週間前にFCAのミラノ近郊のテストコース「バロッコ」で、崇高なアルファロメオ ジュリア GTAとGTAmをテストしていたときのことだ。本来であれば、彼がリアタイヤを燻らせている間、私は彼の横に座る予定だったのだが、マスクをしてワクチンを2回打っていても、コロナという状況はそれを許さなかった。というか、彼はそんなことをしていられなかったのだろう。

30分のインタビューをお願いしたところ、15分に短縮されたが、サーキットに到着したときには、そのわずかな時間も6分に短縮されていた。さすがはF1、メディアへの義務を果たすのも100分の1秒単位なのだ。

結局、チームの広報がキミを引きずり出す前に、私はキミから約9分間の話を聞くことができた。彼は午前中、イタリアのモータースポーツ・プレスからの予想される質問に答えていたので、私は別のことを試してみることにした。午前中、私が彼の名前をグーグルで検索したときに「他の人も検索している」というバナーの下に表示されていた、いくつかのランダムな質問をしてみたのだ。

おそらく、「なぜキミ ライコネンは変人なのか」という質問には、高速のアンダーステアやタイヤのコンパウンドの話は含まれていないからだろう。それは、懐かしいポップマガジン『Smash Hits』がやりそうなアプローチのように思えた。あるいは、チャンネル4の「ポップ・ワールド」に出演していた偉大なるサイモン アムステルのように、見事に破壊的なアプローチをとっていたかもしれない。

TG:キミ ライコネンとは良い人ですか?

KR: (笑)誰に聞くかによると思う。自分自身には何の問題もないので、それが一番のポイントだと思うよ。

キミ ライコネンとは変人ですか?

うーん。もし100人に聞いたら、そのうちの何人かは私のことを変人だと言うだろうね。ロンドンのヒースロー空港に行って人に聞いてみたら、間違いなく私のことを変人だと言う人がいるだろう。誰かにそう言われたことはあるかって?私の声でそう言われることはよくあるよ、うん。

なぜキミ ライコネンは有名なのですか?

(スマイル)クルマをドライブしてるから。私はいつも、同じことをしていても、他の人たちと同じように普通の生活を送ることができれば、それは完璧だと言ってきたんだ。でも、もし選択肢があるとしたら、私は "名声を得ない"という選択肢を選ぶよ。

なぜ人々はキミ ライコネンを好きなんでしょうか?

(ちょっとムッとして)なぜ私がこれに答える必要があるんだい?私は自分自身を貫くことが多い。自分にとって正しいと思うことをしているんだ。時々、上司は同じように考えていないけど、私は気にしない。私は、自分のやり方で物事を行い、幸せになる必要があると思う。幸せであれば、物事はうまくいくものだよ。

有名人が昔のツイートなどに釣られてしまうことはありますか?このようなことを考えますか?(これはグーグル検索では出てこなかった質問)

最近の人生は、残念ながらちょっとファッキンなんだ。狂気の沙汰だよ。何を言っても、それが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。それは問題じゃないけどね。

でも、あなたのインスタグラムは素晴らしいですね。家族の生活を愛しているようですね。(これもグーグルじゃない質問)

私の兄には子供がいますが、私の子供が生まれる前から一緒にいるのが楽しかったな。もう少し頻繁に家にいたほうがいいのかもしれないけど、彼らはそれに慣れていますからね。私は1週間留守にすることもあるけど、その後は戻ってきて、1週間ずっといることになる。多くの人は、1週間を通して子供を見ることはないよね。私の娘、リアンナはとても頑張り屋さんなんだ。彼女は妻のミントと私に苦労をかけている。彼女は今、ゴーカートに挑戦したいと言っていて、私は彼女に挑戦させることを約束したよ。

…と言って、彼は去っていった。キミはこの騒動に驚かないかもしれないが、F1は彼がいなくて寂しいだろう。とか言ってたら、なんと、キミはコロナに感染してしまい、オランダGPは欠場し、代役はクビサが務めるという。一日も早い復帰をお祈りします。

=海外の反応=
「この質問に対して一言以上回答が得られたってのがすごいよ」
「娘が跡を継ぐかもしれない」
「私は56歳のアメリカ人で、F1はインディアナポリスで開催されていた時以外は全く見たことがない。Netflixのシリーズで、レース関係者の舞台裏を描いたソープオペラを見た。ある意味では、このドライバーが、サーカスやピエロのショーのようなものから距離を置きたいと思うのはわかる。しかし、彼はあまりにも一方向に振れるので、確かに奇妙に見えるし、人間的な感情を表に出さないことを表すぴったりな心理学用語があるのではないだろうか。もし彼が匿名性を望むのであれば、アメリカではほとんどの人が彼に気づかないと思うよ。イギリスのサッカー選手で有名な人がいると聞いたことがあるけれど、こちらでは彼が外出していてもほとんど知られていないだろう」
↑「「感情を表に出さないことを心理学的に表現」…それがフィンランド人ということ」
↑「Netflixのドライブ・トゥ・サバイブ」について1つだけ言わせてもらうと、F1の認知度を高めたり、マーケティングを行ったりするのは良いのだが、彼らが作り出すドラマはかなり不正確でもある。残念なのは、わざわざ作らなくてもいい本当のドラマがたくさんあることだ。例えば、ノリスとサインツのライバル関係は存在しなかったし、彼らはとても強い友情で結ばれていて、今でもそうだ。
キミについては、彼はメディアが好きではないので、ほとんど何も言わず、何が起こっても気にしないことで有名だ。つまり、彼は最も好かれているドライバーの一人なのだが、しかし、彼は奇妙な人間なのだろうか?メディアと話したがらない彼を変だと思う人もいるかもしれないが、私はそれがごく普通のことだと思う。常にインタビューを受け、それを世界中の人々が見るというのはどうなんだろう?彼が変だと思われているのを見たのは初めてだ。私はそうは思わないけど、彼を変だと思う人がいるのもわかる」

アーカイブ

subscribe RSS