920万円、400馬力の新型ロータス エミーラが、英国のスポーツカー純粋主義者を動揺させている

新型ロータス エミーラが、英国のスポーツカー純粋主義者たちを動揺させている。それは、小さな爆発音だけで駆動する。ハイブリッドでもない。ロータスが電動化できないとか、足を引っ張っているからじゃない。ロータスでは、来年には、電気自動車を搭載した「ライフスタイル製品」(クロスオーバー)が登場する。2025年にはアルピーヌと共同で電気自動車のスポーツカーを発表する予定にもなっている。そういう背景とは逆に、エミーラはガソリンエンジンしか搭載していないため、今すぐにクラシックが味わえるものだと呼ぶにふさわしいクルマだ。また、見た目の美しさも魅力のひとつとなっている。

ミッドエンジンの2シーターで、ロータスはそういう車をたくさん作ってきた。しかし、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラがこの世を去っても、そのどれにも代わるものではない。この車は日常的に使うことができる。しかし、日常的なものではない存在であることも願っている。だって、特別なのだから。

6万ポンド(920万円)以下で発売されるこのクルマは、ポルシェ 718のライバルであり、アメリカだとコルベットの下のラインに相当するだろう。大胆な野望だね。

エミーラのデリバリーが始まるのは来年からで、最初はV6から。4気筒のオプションはその数ヵ月後になる。そのため、今のところロータスは出力や統計についてはまだ謎に包まれているんだ。しかし、わかっていることは以下の通り。V6は、エキシージやエヴォーラに搭載されているトヨタベースの3.5リッターV6をスーパーチャージしたもの。4気筒は、AMGの過熱式2リッターターボのバージョンになる。

トランスミッションは、マニュアル、オート、DCTの3種類が用意されているが、どのエンジンとどのトランスミッションが組み合わされるかについては、明言を避けられている。旧型車ではV6にマニュアルとオートがあった。だから、DCTは4気筒用だと考えていいだろう。

ロータスによると、出力は360bhpと400bhpで、0-100km/hの加速は4.5秒になるとのこと。しかし、ロータスはどちらの出力がどちらなのかを言わないことで、みんなに気を揉ませている。なぜなら、エヴォーラのV6とメルセデス A45Sの4気筒という、私たちが知っているクルマでは、どちらのエンジンも420bhpを超えているからだ。

4気筒はより軽量なクルマで、よりハードコアでサーキット走行に適したオプションとして位置付けられる。V6は、ラップタイムよりも大切なものがあると考える人のためのエンジンだ。V6は、これまでも素晴らしいエンジンだった。スーパーチャージャーのおかげで、低回転域から瞬時に立ち上がり、中速域では大きなバリトンを響かせ、そして鮮やかレッドゾーンを目指す。6速マニュアルトランスミッションには、ロータスのエクスポーズドリンケージが採用されており、美しさとシフトアクションの両方でゴージャスな雰囲気を醸し出している。

エンジンやトランスミッションだけでなく、サスペンションも2種類用意。いずれもステアリングアシストは電動ではなく油圧式で、指先の感覚を大切にするため、多少燃費が悪くても大丈夫という人向け。ツアーサスペンションは、より快適な乗り心地を提供してくれるので、一般道での走行に適している。また、ダルい感じいnはならないよね?

しかし、もしあなたがサーキットに行ったり、滑らかな道路の近くに住んでいたり、あるいは「ダイナミックな能力とフィーリングを向上させるために、少し硬めのセットアップ」を気にしないのであれば、あなたのオプションはSportになります。引用符を使ったのは、これまでのところ、彼らの言葉しかないからだ。しかし、彼らの言葉はいつも大げさではないことがわかっている。ホイールはすべて20インチで、タイヤはサーキット走行を重視するドライバーのためにミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2をはじめとする特別に開発されたものだ。

ロータスは、アルミニウムの押し出し材を接着して車の構造を作った先駆者である。エミーラでもそれは同じだが、すべての寸法がこれまでの車とは異なっている。特に、私はこの言葉が好きじゃないんだけど、車幅が一回り大きくなっている。

幅が広いということは、サーキットではロールが少なくグリップ力が高いということだが、田舎道では逆走してくるトラックに遭遇する可能性があるため、注意が必要だ。アルピーヌに比べて圧倒的に長く、広く、パワフルなクルマである。しかし、重量は1.4トンと重く、V6エミーラはアルピーヌ A110のSバージョンと比べて、パワートゥウエイト比での優位性はない。しかし、V6エミーラにはV6が搭載されているからね。これは嬉しいことだ。

=海外の反応=
「Evijaのデザインがそうでなかったのに対し、なぜこれが僕の心に響いたのかはよくわからないけれど、僕はこのデザインが好き。テールランプについては、実際に見てみないと分からない部分もあるが、全体的にはとても良いデザインだと思う。インテリアは、これまでの取り組みから大幅にステップアップしているようで、一見したところ、きちんと装備されていて集中しているように見える。ちょっとマセラティっぽいなとは思うけどね。MC20を少し思い出す。ダイナミック的にはどんなものになるのか興味がある。ロータスがあの重量をどれだけ処理できるのか…それ次第では、これは僕の購入候補になるかもしれない」
↑「僕はマクラーレンのアルトゥーラを考えたけど、そうだね、今はMC20も見えてきたよ」
↑「また、2010年に発表されたエランのコンセプトを採用しているかもしれない」
↑「ほとんどの点でキミに同意。エヴィアはあまりにも誇張されており(必要に迫られているのかもしれませんが、意見は変わらない)、これまで見てきた大胆なカラーリングはその問題をさらに悪化させている。エミーラのデザインの多くは、翻訳されることで、より繊細で威厳のあるものになっているようだ。リヤランプも気になるよね。上のラインははっきりとしていてシャープだが、丸みを帯びた下の部分が上の部分の下に入り込んでいるように見えて、私には奇妙に見えてくるんだ」
「エヴォーラよりもはるかにまとまりのあるデザイン。走りも同じようになれば、大きなWINだ」
「すっげー、イイ!」
「ぱっと見はF8 トリブートかと思うほど、8桁台の価格のクルマのようでとてもいい感じ。唯一気に入らない点は、インフォテイメントがどのように統合されているかということだけど、これは…期待どおりじゃない。もっと多くのメーカーが回転式スクリーンを採用すべきだと思う。特に、生々しいドライビングエクスペリエンスを求めるクルマでは、それが文字通り妥協のない方法だ」
↑「ボタンやダイヤルではなく、運転に集中したい場合の指令は音声で行うべき」
↑「理想を言えばね。しかし、音声認識・言語処理技術は、各自動車メーカーでばらつきがある。この分野の技術がいかに難しいかを考えれば、驚くことじゃないんだけど。ハイテク企業は何十億もの資金を投じてこの技術を完成させようとしているけど、誰も完璧にはできていない」
「最初はSF90やF8に似ていると思いましたが、最近はほとんどの車が同じように見えるな。エヴォーラはロータスの中でも特に使い勝手が良かったので、エヴォーラの後継モデルのように思える。新しいものになるはずなんだけど、僕にはそうは見えない。
エンジンは素晴らしく、400馬力のV6(マニュアルでもオートでもOK)は、重量が1400-1500kgになるので、ケイマン GT4のライバルになる。同じような重量、同じような出力だけど、ロータスはサーキットよりもロードを重視している感じで、GT4はその逆だ。
4気筒エンジンは、A45のエンジンとトランスミッション(おそらくSではないバージョン)を搭載しているので、385馬力+DCTで、最も軽いオプションになるはず。問題は音だ。エヴォーラには世界で最も良い音のエキゾーストがあり、A45の音はまあまあだから、ロータスがそのうち1つのエキゾーストデザインを採用すれば、もっと良い音になるかもしれない。内心では、これが電気自動車かハイブリッドであってほしいと思っている。
ライバルは?A110だと思うが、その理由は決定的に小さいから。ケイマン S/GTSはフィーリングと品質、そしてもっと重要なのはイメージ(一般的なポルシェ購入者)による。ケイマン GT4との戦いを見るのが楽しみだけど、V6はおそらく負けるだろう(エヴォーラがいつも負けていたので)、4気筒は音にかかっている。
この車はとても魅力的だが、私は、この車を電子制御にして、1200-1400kgの重量にすることを大々的に推進すべきだったと思う」
「V6、生きてたか!」
「MC20のように見えるのは悪いことではないけれど、非常に重く、どっしりとしていて、いかにもロータスらしくない。エヴォーラ/エキシージ/エリーゼを見ると、柔道選手のように俊敏で軽快な印象を受ける。これは文字通り、そして美的にもヘビー級のやつだよ」
「ロータスには脱帽した。ミニ・エヴァイヤのスタイリングは、まるで2倍の値段がするように見えるし、V8やV12ではなくV6を採用したことも、かつてのような問題にはならない。なぜなら、スーパーカーメーカーもV6を採用しているからだ。この価格で真っ向勝負できるのはコルベットだけだが、ハンドリングや製造品質ではコルベットに軍配が上がるだろう」
「最新のフェラーリよりは断然格好いい(値段も4分の1)が、軽くないのは確か」
「この製品がショールームで販売され、公道に出ることを期待している」
「現在の地球上で最も価値のあるもの」
「エヴァイヤに比べて少しクールな印象を受けるが、エヴァイヤの方がより美しいと思う」
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ これぞ、車だ!!! 本物の正真正銘の車だ!!! ピストンがあって、変速できるギアが付いたトランスミッションがある。僕は恋に落ちた。見た目も素晴らしいし、どちらのエンジンも確かな選択だと思う。C43をC63に交換したばかりなので、日常的に使うクルマは決まっている。今度はスポーツカーが欲しいんだよね。C8コルベットは驚くべき成果を上げているが、ギアスティックはない。僕はいつもロータスを欲しかった(家族はイギリス人)。ロータスは、電気自動車になって売り上げが落ちてしまう前に、財源を確保したいと考えているようだね」

アーカイブ

subscribe RSS