HKS R32も登場!グッドウッド2021で’胸アツ’だった13のシーン

「グッドウッド2021は、ちゃんと見られていない」…大丈夫。トップギアが'胸アツ'な13のシーンをまとめてあるよ。所有者たるリッチモンド公爵は、大馬力の庭園ジャンボリー「フェスティバル・オブ・スピード」を開催することができた。政府がこのイベントを試験的に許可したおかげで、世界中から車の軍隊がやってきて、みんなが楽しめるように彼のドライブウェイに火を入れることができたのだ。あなたが同意してくれるかはわからないけど、グッドウッドで濃縮果汁なクルマを見ることは、コロナ禍のモヤモヤを吹き飛ばすために必要なことなのだ。

旧い日産スカイラインがショーをほぼ独占

長い年月と技術革新を経てもなお、ゴジラは横たわることなく休息をとる。80年代、日産のR32スカイラインは、4シーズンで29レースに出場して29勝を挙げ、すべての競争相手を打ち負かしたことから「ゴジラ」と呼ばれるようになっていた。先日のBTCCでは、ジェイク ヒル選手がHKSカラーのマシンで4WDのモンスターを走らせ、48秒96のタイムを叩き出し、ライバルたちを圧倒したが、その姿はとても素晴らしいものだった。

めっちゃ速くてめっちゃスペシャルなマクラーレンがショーを席巻

皆さん、2021年のグッドウッド最速の車をお届けしよう。マクラーレンの720S GT3Xだ。基本的には、720S GT3をレースグリッドと、レギュレーションの厳しい世界から外し、すべての要素を明らかに数ランクアップさせたマシンだ。タイムドシュートアウトの決勝では、ロブ ベルがストリッピングとスティッキータイヤを装着した720Sを45秒01でドライブウェイに送り出し、最も近いライバルであるトラヴィス パストラーナが駆るスバル WRX STIに1秒以上の差をつけた。

キメラのランチア 037のレストモッドは美しい先祖返り

グッドウッドの日まで、私たちはキメラ アウトモビリの037レストアモデルのレンダリング画像しか見たことがなかった。しかし、北イタリアのクーネオにあるキメラ アウトモビリは、実物を持ってきて、誰もが見られるようにカバーを外してしまった。そして実際に見てみると、これまで彼らが発表してきた写真というピクセル単位の夢よりもさらに素晴らしいものだった。小さくて、素晴らしく設計されていて、運転したくてたまらなくなるのだ。ハードだし。EVO37と名付けられたこのクルマは、80年代のグループBにインスパイアされた037ロードカーのドラマと感情を、より現代的なものの快適さと技術に結びつけることを目指している。これこそ、自動車ファンが心底欲しがっていたものだ。

トラヴィス パストラーナが乗り込んだ

昨年、ケン ブロックからジムカーナのバトンを受け取ったトラヴィス パストラーナは、私たちを圧倒した。今年は、グッドウッドに862bhpのスバル インプレッサ WRX STIを持ち込んでレースに挑んだのである。当然のことながら、彼は頭から「恐怖」の導火線をブチッと引き抜いているにもかかわらず、コミットメントは欠かさなかった。2輪で有名になった人にしては悪くないやり方だと思わない?

ケニー ブラック+雨+エルバ=スパイシーなドリフト

815psのマクラーレン エルバは、非ハイブリッドのマクラーレンとしては最もパワフルなモデル。しかも、後輪駆動だし。ウィンドスクリーンもない。スウェーデン人のケニー ブラック(元インディ500ウィナー、グッドウッド・ヒルクライムのチャンプ)がハンドルを握り、ウエットな状態で走らせると、かなりの見応えある挙動に変わった。クルマって、上手い人が乗ると、息を吹き返すんだよね。

アストンマーティン ヴァルキリーのサウンドは、まったくもって輝かしい

アストンマーティンの頭脳的なプロジェクトであるヴァルキリーは、グッドウッドでちょっとした画期的な出来事が起きた。それは、私たち一般人が初めて、このクルマが怒って走っているところを見ることができたということ。つまり、最高出力1,000bhpの6.5リッター自然吸気V12エンジンが10,500rpmのレッドラインに達する音を初めて聞くことができたってことでもある。この音を実際に聞けば、きっとあなたの耳も喜ぶに違いない。

かつてないほど'電気'な空間も

今年のフェスティバル・オブ・スピードでは、電気自動車がこれまで以上に大きな役割を果たした。丘の上を静かに登っていくクルマもたくさんいたし、それだけでなく、「エレクトリック アヴェニュー」(エディ グラントの曲名を使わせてもらったから、請求書がポストに入っているはず)では、リマックからハッチバックまで、あらゆる電気自動車が展示されていた。

かつてないほどテクノロジー満載

グッドウッドは年々変化してきている。以前のようにピムスのカクテルを飲みながら自動車を楽しむ日ではなく、より企業的な、よりモーターショー的なものになっている。しかし今年は、テクノロジーという別の業界にも足を踏み入れた。そう、空飛ぶ車、自律走行車、ジェットパック、そしてドアを開けることができる恐ろしげなアニマトロニクスの犬まで登場したのだ。これは英国のCESに対する答えというべきものでしょうか?それともガーデンカーショー?以下にご紹介していこう。

アルピナのエアバッグはほんとに開くんだ

グッドウッドといえば、モールコムでの転倒がつきものである。このトリッキーなオフ・キャンバーの左コーナーは、これまでも多くの人を干草の中に落としてきたが、今年も同様。最初にぶつかったのは、愛車のアルピナ B8で、エアバッグが作動するほどの勢いでわらに頭突きを食らわせた。幸運にも全員が無事だった。

ジェネシス上陸

フィル コリンズのドラムロールをお願い…って、もう若い人は知らないよなあ、「ジェネシス」ってバンド。とにかく、現代自動車のプログレッシブ・ロック・プレミアム・ブランド、ジェネシスが英国に正式に上陸した。グッドウッドをお披露目の場として、韓国企業は欧州限定のジェネシス G70 シューティングブレークを展示した。しかし、自動車はパッケージの一部にすぎない。ジェネシスは、車の購入、整備、所有にまつわるすべての部分を贅沢なものにすることに熱心だ。果たして、ドイツの老舗に対抗できるのか?今後の展開に注目したいと思う。

GT3 ツーリングは'欲望'の宝庫

モーターショーが開催されないため、新型車を見る機会が少なくなっている。そのひとつが、先日発表されたポルシェ GT3 ツーリングだ。幸運なことに、ポルシェはいくつかのクルマを持ってきてくれた。そして、このウィングレスのGT3は、見たらますます欲しくなってきたよ。

ロータス復活

ここ数週間はロータスにとって大きな出来事があった。6万ポンド(920万円)、400bhpの新型ロータス エミーラを発表しただけでなく、今年のFoSの主役でもあったのだから。また、今年のFoSのリードメーカーでもあり、過去のカタログからすべてのグッズを持ち出してプレイしまくってた。さらに、2000bhpの電気自動車エヴァイヤをはじめとする、近々発売される予定のものも。リアタイヤを一瞬にして燃やすことができることがわかったよ。

イーサン ハント登場

サイン帳に落書きしてもらいたければ、リッチモンド公爵の芝生をうろうろするのがいいだろう。そこには、防火用のパジャマを着た自動車業界の王族や、時折現れるセレブの姿があった。今年は、Mr.'ミッション・インポッシブル'も様子を見に来ていた。ウィンブルドンの決勝戦に行く前に。そしてユーロの決勝戦へ。彼はどんな一日を過ごしたのだろうか。

=海外の反応=
「あのHKSスカイラインが!?コレ、欲しい!」

アーカイブ

subscribe RSS