甦れ!幻のコンセプトカー:シトロエン カリン

カリンのコンセプトを思いついたのは、どんな美しくて、歪んだ頭脳の持ち主なのだろうか?

その心境までを語ることはできないが、このクルマをデザインしたのはイギリス生まれのデザイナー、トレバー フィオーレだ。もともとトレバー フロストとして生まれたが、60年代にミラノのスタジオ「フィッソーレ」で働いていた時にイタリア人の母親の姓を名乗っていた。キャリアの中で彼はTVRやジャガーなどの控えめなデザインを数多く手がけ、最終的には1980年にシトロエンに入社し、コンセプトカー「カリン」や「ゼニア」を製作した。1990年にシトロエンを退社したが、その後は名を聞くことがない。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/08/24337/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ