甦れ!幻のコンセプトカー:シトロエン カリン

シトロエンには、きっとすごいデザイン戦略があったんだろうな…

実際には、全く逆。カリンは大胆な未来のビジョンではなかった。むしろ、シトロエンはその年には何も見せたいものがなかったようで、誰かがデザイン部門に送られてきて、何かを急いで作ってくれないかと頼まれたのだ。それは走行可能なものである必要すらないものだった。だが、クルマの設計者は手を抜かず、カーブを捨てて、小さな子供が怖がるような台形の怪獣を作った。シトロエンブランドの影響は、シトロエン SMで見たことがあるようなフロントとリアのライトと、少しの間、会社のトレードマークだった、隠しリアホイールだけだった。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/08/24337/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ