穴狙い中古車ハンター必見!トップギアが選ぶ、穴場な130万円以下の中古車23台

トヨタ セリカ GT-Four

中古車市場というものは、楽しくて、よくできていて、1万ポンド(130万円)以下の買いやすい価格にも拘らず、優れた掘り出し物であふれている。例えばマツダ ロードスターやボクスター。5代目ゴルフ GTI。そして、このどれもが悪い選択ではない。しかし、その代わりに、その計画をソーシャルディスタンスが取れる最も論理的な推定になるよう、考えてみよう。 他のみんながいるところに群がってはいけない。離れた男になる。少なくとも6フィート(1.8m)離れているように。
トップギアが求めているのは、ただの130万円以下の中古車ではない。値段だけだと、ひどいものになる。例えば、フォード アングリアのような。あるいはもっと悪趣味なものなら、ソビエト連邦のいろんなクルマもある。そういった場所では、モータリゼーションという交通手段を持っているだけで(収容所で雪の中で腰まで浸かっているわけではありません)、特権であった。クルマは一般的に醜く、粗悪に作られており、死んだラバと同じくらい信頼性の高い労働者だった。さらに悪いことに、トライアンフ TR7を掴まされてしまうこともあった。
そこで、トヨタ セリカ GT-Fourで、正しい方法で基礎を固めよう。これは(投機家がこの記事を読んで、すべてを台無しにしちゃうまで)トップギアが考えることができる最も幸せなベン図の重なりの中心に存在している。トヨタの信頼性、適度な価格、希少性、性能、歴史、そしてわかりやすい特性の欠如。
普通のセリカと混同しちゃダメだ。GT-Fourは、255ps、フルタイム4輪駆動システム、そしてトヨタの(少しだけ策を弄してきた)ラリーチームの技術の数々を搭載した、ラリーのホモロゲーション・スペシャルモデルだった。
また、あなたがクルマオタクとして十分な年齢ではない場合には、実際の世界ラリー選手権では、ランチア・デルタ・インテグラーレと首を並べて競合していたという説明が必要だろう。そして、おそらくもっと重要なのは、これまでで最も偉大なアーケードゲームであるセガラリーでの活躍だ。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/06/22407/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ