史上最高のバスケ選手だったマイケル ジョーダンのACシュニッツァー改造、*マニュアル*のV12 BMW 850iがオークションに

史上最高のバスケ選手だったマイケル ジョーダンのACシュニッツァー改造、*マニュアル*のV12 BMW 850iが売りに出される。かつてバスケットボールの神様が座ったのと同じシートに座るチャンスが到来した。

マイケル ジョーダンの古いBMW 850iがBring a Trailerのオークションに出品されている。「マイケル ジョーダン」という名前に聞き覚えがあるとすれば、それはジョーダン氏が1996年の『スペース ジャム』という比類なきバスケットボール映画の主役だったからという人もいるだろう。

また、ジョーダンは史上最高のバスケットボール選手であり、6度のNBA優勝と6度のファイナルMVPを獲得している。彼はまた、NBA史上初の億万長者でもあり、車マニアでもある。

彼が所有する、あるいは所有する個性的な車の数々や、NASCARチーム(23XI レーシング)のオーナーであるという事実だけでなく、1991年にBMW 850iを新車で購入したことがあるから!しかもマニュアルのBMW 850i!ロイヤル エアネス(王族)の純粋な気品はいつも通り漂ってくる。

MJはイリノイ州でこの8シリーズを手に入れた。5.0リッターV12と6速マニュアル ギアボックスが組み合わされ、クリーム色のレザーに「モーリシャス ブルー」のメタリック塗装が施された美しいボディに収められている。

ACシュニッツァーのボディキットと17インチのシュニッツァー ホイールが装着されている。その審美的な魅力については、まだ議論の余地があるけれども。車内には、オンボードコンピューター、カセットステレオ、クライメートコントロールなどの贅沢装備をコントロールするボタンがたくさんある。もっとも、エアコンは機能していないらしいが。セレブな元オーナーの冷たさが氷のようにクールだというのに。ま、それは、関係ないか。

V12の走行距離はわずか48,280kmで、そのうち35,405kmは現オーナーのもとで追加されたものだ。最後にオイル交換をしたのは2023年5月で、工場で詰め込まれた296頭の馬の力のほとんどはまだ残っているだろう。マグナフロー製エキゾーストも装着されているため、サウンドはもう少しフルーティーなはずだ。もう一度言うが、その改造についてはまだ意見が割れている。

オークションは数日後に終了し、この記事を書いている時点の入札価格は70,023ドル(1,012万円)。数日後には跳ね上がるのだろうか?

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「あぁ、古き良き時代、BMWの一流車には、3倍のシリンダーを冷却するための4分の1サイズのグリルがついていた。チューナーボディキットは、一見しただけでは気づかないほど繊細だな」
↑「同意。このキットはとても繊細で、カーブやラインを影で隠す色に助けられている。私ならホイールを他のものに変えるだろうけど、それ以外は素晴らしい仕様だよ」
「ボディキットとホイールは、正しく、繊細で、かなりクールだ。できることならすぐにでもこれを所有したいし、僕は改造車通なんだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66333/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ