ベントレー コンチネンタル GT試乗:スポーティかつ快適、伝統的でありながらモダンという真の二面性は、どのライバルよりもGTに適しているということだ

30,052,000-41,063,000円
いいね!
新たな運動能力、内外装のデザイン

イマイチ
もしかして、その…漂うような感じが少しなくなった?

概要

どんなクルマ?
ベントレーのタイムラインには、BCと呼べる重要なポイントがある。BCが表すのは、紀元前ではなく、初代Continental GT以前、ということだ。この2ドアクーペがなかったら、今日のベントレーはなかったかもしれない。高級車セグメントをまったく新しい時代へと導いているような自信に満ちているのも、この初代コンチネンタル GTがあるからに他ならないのだ。

ベントレーほど、持続可能性や多様性、その他あらゆる地球や環境に良いことを声高に語るブランドは他にない。そして、そのことを支えるような説得力あるコアモデルがあれば、その信ぴょう性は高まっていく。現代で最も成功した高級車なのだろうか?おそらくそうだろう。

コンチネンタル GTは第3世代に入って、ブランドの中心的存在であり続けている。SUVのベンテイガがセダンとGT以外のモデルで大金を稼ぎ、バカラルやバトゥールのようなハンドメイドのスペシャルモデルがインスタグラムを沸かせる一方で、ベントレーとは何なのかを体現している、象徴的な存在だ。2018年の発表以来、トリムレベルとスペシャルエディションがラインナップの幅を広げている; Sとスピード(Speed)バージョンはパフォーマンスをカバーし、アズール(Azure)とマリナー(Mulliner)のイテレーションは豪華さを追求しているのだ。

見た目はいいんじゃない?
最新のコンチネンタル GTは、特に横顔がハンサムだ。重量配分を改善するために前輪を前方に移動させ、エンジンをより低く、よりシャシーの後方に配置している。実際、重量の55%は依然として前輪に載っているが、ボディだけで先代より80kg軽くなり、新型コンチネンタル GTの車重は「わずか」2.2トンになった。

しかしベントレーは、その重い縁石重量が、そのクルマの走りの特徴である路面を突き崩すような安定性と勢いを実現するのに役立っているという事実を隠していない。重さは承知の上だし、むしろ意図的なのだ。

テクノロジーのサポートは?
ベンテイガでデビューしたパワフルな48V電気モーターは、とりわけサスペンションの制御に使用され、フロントとリアのアンチロールバーのアクチュエーターがボディのロールに対抗してくれる。40:60の出力分割は完全に可変となり、100%のトルクが可能な限り後輪に供給され、燃費と排出ガスに貢献する。

エンジンは2種類から選択可能で、どちらも8速ギアボックスを介して4輪に電力を供給し、無作法な振る舞いをしたくなったら、ローンチコントロールシステムを介して4輪にフルパワーを供給する。

最も安価なV8エンジンは4.0リッター、ツインターボで、最高出力550ps、0-100km/h加速4.0秒、最高速度318km/hを発揮する。より軽快なサウンドトラックとフロントアクスルの軽量化により、最もスポーティな選択肢となる。

しかしその上には、完全に引退しようとしているビッグボーイの6.0リッターW12エンジンが鎮座している。このエンジンは旧型コンチネンタルGTから受け継いだもので、実際、2003年のコンチネンタルGTの発表に貢献した。ベントレーはこれを「世界で最も先進的な12気筒エンジン」として変更を施し、軽負荷時にはシリンダーが停止し、最高出力659ps、最大トルク900Nmを1,350rpmから4,500rpmまで発生する。パフォーマンスも向上している: 0-100km/hは3.7秒、最高速度は335km/h。

そうだ。VWグループのクルマを飾る最後のW12が欲しければ、このコンチネンタル GTのW12に今すぐ注文を入れたほうがいい。残り少ないし、新たに余剰となった工場の手と製造枠は、ほぼ間違いなくハイブリッドバージョンに再配備されるだろう。

切ないけれどスマートにお別れするには、3,800万円を超えてコンチネンタルGTスピードにアップグレードするのが一番だ。このエンジンはコンチの前身モデルにも存在し、驚くなかれ、もう少し威勢がよかった。しかし今、ベントレーはこのモデルに独自のキャラクターを与えている。4輪ステアリング、新しい電子制御式リミテッドスリップディファレンシャル、AWDシステムのリアトルクバイアスが追加され、これまでで最もスポーティな、そして最もドリフト可能と思われるGTに仕上がっている。

すべてのGTで、フルマトリックスLEDライト、12.3インチのセンタータッチスクリーン、WiFi、ヘッドアップディスプレイ、ナイトビジョン、650Wステレオ、21インチホイールが装備される。価格は約3,000万円からで、アストンマーティン DB11、フェラーリ ローマ、ポルシェ 911 ターボなどと直接競合することになる。

結論は?
ベントレーは、よりアスレチックで、スポーティで、迅速で、有能なコンチネンタルGTという、顧客の要望を実現した。オーナーが最も重視するパフォーマンスとハンドリングは、初代と比べれば、まるで別物だ。48Vエレクトロニクス、長いホイールベースとエアサスペンションは、ダイナミクスに鮮明さをもたらし、直線パフォーマンスの大幅な向上に見事に対応している。

快適性とくつろぎはおそらく5%低下したかもしれないが、ダイナミズムは50%向上している。そして最も重要なことは、その能力と挙動がベントレー コンチネンタルGTによく合っているということだ。妙に賑やかなGTカー部門にはライバルが多いが(生活費の危機がない層がいるんだよね)、ベントレーのような魅力的な威勢で距離の問題を飲み込むライバルはいない。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/61771/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ