新型レクサス LMの最上位スペック、350h Takumiは英国で2,000万円超 LC500より高いのか…

新型レクサス LMの英国での価格が明らかになった。最上位スペックはなんと2,000万円オーバー。V8のLC500より高いのだ。


4月にレクサスがイギリスとヨーロッパに投入すると発表した新型フラッグシップMPV、レクサスLMのニュースをお届けしたのを覚えているだろうか?もちろん覚えているはずだ。

とにかく、レクサスはこのLMの価格を明らかにした。ここからは、腰を据えてご覧いただきたい。前輪駆動のエントリーレベル、LM 350hは89,995ポンド(1,635万円)。全輪駆動を望むなら92,995ポンド(1,690万円)、最高仕様のLM 350h Takumi(やはり全輪駆動)なら112,995ポンド(2,050万円)が必要だ。高級ミニバンに2,000万円以上って…。V8のLC 500より高いじゃないか。

だが、LMの外観はとても気に入っている。エクステリアのスタイリングはちょっと挑戦的だが、コンセプトとしては素晴らしい。室内は同等のSUVよりもはるかに広いスペースが確保され、1990年代のLSサルーンにインスピレーションを得たらしいから、素晴らしいはずだ。

350hの全バージョンには、247bhpを発生するハイブリッド化された2.5リッター4気筒ガソリンエンジンが搭載され、Takumiトリムには後席乗員用に48インチのワイドスクリーンモニターが追加されると聞いている。

MPVに2,000万円を投じる準備はできてる?
新型レクサス LBXはLFAのスピリッツを継承するゲームチェンジャーになり得るか?
レクサスとマークレビンソン、2つのラグジュアリーブランドが25年間の提携を続けてこられた理由
レクサスの佐藤プレジデントがTGに語った:LFAの後継EVはマニュアルギアボックスを搭載する可能性アリ
=海外の反応=
「神様🙈🤣」
「こんな"ケツ "が醜いクルマに "馬鹿 "が "金 "を払うんだ」
「これ1台でハイヤー業を始めようかな」
↑「VWは数年前、マルチバンを非常に豪華な仕様で作ってた」
「デザイナーとして言うけど、これはおそらく、私がこれまで見た中で最もストレートで醜い車だ。これが何人もの人の手を経て生産が承認されたなんて信じられない」
「なんという醜態…」
「市場で最も醜く、最も高価なバンに違いない。あのグリルを見てよ!私が設計者だったら、雇用主にそれを認めさせられるかどうか自信がない。あと、いくらっつったっけ?」
「この値段で防弾仕様だといいな」
「非常にニッチな製品であることは間違いない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61873/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ