BMW M:ツインクラッチオートは終焉を迎え、M2が最後のMTの見込み

Mパフォーマンスカーのトランスミッションの未来とは

BMW Mの未来はオートマチックだ。え、何って?私たちはトランスミッションについて話しているのだ。Mに関する限り、ツインクラッチギアボックスは終焉を迎え、マニュアルも長い命は残されていない。その後、シングルスピードのEVが登場するまでは、トルクコンバーターのみとなることが予想される。

もっとも、私たちはマニュアルの終焉を予言しいた。発売されたばかりのM2が、最後のマニュアル車となる可能性が高い。数年後にはM2コンペティションが、4年後にはフェイスリフトが、そしていずれはM2 CSが、そして2030年頃にはM2が最後にタイヤを燻らせるまで、徐々に姿を消していくことだろう。

そして、今迫ってきたのは、ツインクラッチギアボックスの終焉だ。この評判の高いインスタントシフトなギアボックスは、現在BMW Mカーには採用されておらず、今後も復活することはないだろう。昨年、M4 CSLが他のM3/M4シリーズと同じ8速オートマチックを搭載して登場したとき、そのように予想することができたが、今回、BMW Mの開発責任者であるダーク ハッカーがそのことを確認した。

BMW Mの開発責任者であるダーク ハッカーは、トップギアに対し、「BMW Mの観点からすると、最近のダブルクラッチは廃止されました」と語っている。「現在はマニュアルかオートマチック、そして将来的にはオートマチックの電動化をしていきます」

私が彼に投げかけた質問は、なぜツインクラッチではなくオートマを選んだのか、というものだった。その答えは、あまり嬉しくないものだった。「M5では、オートマチックトランスミッションだけでなく、他の要素についても大きな議論があった。というのも、操縦性や駐車のしやすさ、ペダルから足を離しても転がらないなど、多くの反応があったからです」

つまり、DCTよりもオートマチックの方がゆっくりとした移動や緩やかな操作には向いているということだ。しかし、ハッカーは「オートマチックはダブルクラッチよりも性能がいいのです」と言い切る。「M4 CSLではシフトチェンジが速く、逆に新型M4 GTRのレーシングカーにもこのオートマチックが採用されています」とハッカーは言う。しかし、最新のM4 CSLに乗り、遅れたシフトダウンとかすかに波打つシフトアップを経験した人なら、F80 M3などのツインクラッチギアボックスほどクリーンで即時性が高く、満足のいく使い心地ではないことが分かるだろう。

マニュアルギアボックスを電動化するのはどうでしょう?「できるかもしれないが、それはししません」では、マニュアルはM2とともに滅びてしまうのでしょうか?「それは、BMWだけの決定ではなく、サプライヤーの決定でもあるのだ。周囲を見渡せば、マニュアルギアボックスのサプライヤーの未来の数は減少していくのがわかるだろう。だから、将来的に可能性があるかどうかはわからない。将来的というのは、6、7年先の予測ということです」

新型M5は、来年には登場するはずだ。噂では、ハイブリッドになるらしい。ハッカーは、メルセデスの不評を買ったAMG C63との比較については語ろうとしなかった。だが、ハイブリッド化されたツインターボV8が4輪を駆動するという、XMと同様の技術構成になると考えて間違いないだろう。オートマチックであることは許せるが、2.6トンもの重量がないことを祈るばかりだ。

というわけで、これでおしまい。現在のMカーは、M2を選んだ場合(あるいは480bhpのM3マニュアルを提供している地域の場合)、マニュアルギアボックスを搭載することができる。次のMシリーズにはオートマチックギアボックスが搭載されるだろう。その次のクルマはオートマチックギアボックスになり、その次のクルマはレバーがないものになる可能性が高いだろう。


=海外の反応=
「BMWは、電動パワーステアリングに切り替えたときから、回復しなかったんだ。私は、最後の偉大なMカーは1Mだと思っている。いつか1台を所有し、エンジンをS54B32に交換したい」
「バサースト12hrのレースエンジニアが、数年前にツインクラッチは新しいエンジンの大きなパワーナンバーに対応できないから、ストールコンバーターを搭載した美しいクルマばかりになると言ってた。ヒルパーキングでのオートロールバックも見逃せない。
私はマニュアルギアボックスを心から懐かしく思うだろう、いつも車を運転することを好み、車に運転されることを好まないのだから」
「将来のBEVのMは4桁の馬力を持っていると噂されているので、ツインクラッチオートマチックとスティックマニュアルは無意味だ(すべてのBEVにそうであるように)。現在のMは、最も大きく、最も重く、AWD、オートマチックで、ラップタイムを記録している」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60619/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ