ベントレーがダイバーシティとインクルージョンにフォーカスし、最も多様性に富んだ高級車メーカーを目指す


ダイバーシティとインクルージョンの意味とは?

ベントレーモーターズは、ダイバーシティとインクルージョンの戦略をビジネスの中核に据え、CEO直属のチームを新設・拡大することを発表した。D&Iは人事部だけの責任から、機能横断的なコミュニケーション部門に属し、会長兼CEOのエイドリアン・ホールマークと人事担当取締役であるカレン・ランゲ博士の共同指揮下に置かれる。

ここで、ダイバーシティについてはなんとなくわかっているが、インクルージョンについてはまだ馴染みがない、という人もいるのではないだろうか。「インクルージョン(Inclusion)」とは、多様性(ダイバーシティ)の考え方の一つで、企業や組織が、様々なバックグラウンドや人種、性別、年齢、能力などの違いを持つ社員やメンバーを受け入れ、尊重し、活用することを指す。つまり、多様性を認めるだけでなく、それぞれの人材を活かし、組織全体として成果を出すことを目指す考え方だ。例えば、人材採用やキャリア開発のプロセスにおいて、ある特定のグループに偏りがないように取り組んだり、すべてのメンバーが意見を出しやすい環境を整えたりすることが挙げられる。

この再編は、アウトリーチ、採用、後継者育成、カルチャー、開発に焦点を当てたベントレーのD&I戦略の5つの柱の展開を加速することを目的としている。 この戦略の鍵となるのは、ベントレーがダイバーシティ&インクルージョンに関する理解を職場に定着させ、次世代の製品を成功に導くため、未来のタレントやクリエイティビティ、アイディア、お客様を理解し、開拓し、惹きつけることをサポートする従業員のダイバーシティ・ネットワークを確立することだ。

現在、多様性のさまざまな側面から5つのネットワークが構築されており、従業員の10%以上に相当する約500人の同僚が積極的に参加している。ベントレーは、クリエイティビティとイノベーションの推進には多様な経験と視点が重要であると考え、2025年に管理職の多様性を30%に高めるという目標を設定し、そのためのロードマップを策定しているところだ。

今回の組織再編の一環として、ウェイン・ブルースはコミュニケーション&D&Iの責任者 に就任し、D&I戦略がその職務範囲に加えられた。レポートラインはエイドリアン・ホールマークとカレン・ランゲの両氏になる。

D&I担当であるアン・ヘレナ―は、人事部門から異動し、コミュニケーションチームのウェイン・ブルースとともに、D&I戦略の実施と組織全体への定着を支援する。サステナビリティ・コミュニケーション担当のステファニー・ラックナーは、D&Iチームの3人目のメンバーとして、引き続き社内外のD&Iコミュニケーションをリードする。

会長兼CEOのエイドリアン・ホールマークは、今回の戦略的変更について、次のように述べている。

「私たちは、ダイバーシティが成功をもたらし、様々な経験やクリエイティビティ、インクルージョンの範囲を広げることで、事業戦略やイノベーション、意思決定において、協力し合うことができるようになります。私たちは、ダイバーシティがビジネスの根幹をなすものであり、それゆえ、組織のあらゆる領域に関わる中核的な機能であるべきだと信じています」

「私たちは、誰もが自分の可能性を最大限に発揮できるようサポートされる、豊かでインクルーシブな文化こそが、私たちのビジネスを前進させるのに役立つと信じています。そのため、新しく結成されたこのチームと密接に協力しながら、世界で最も多様性のある高級車メーカーになるという目標を達成できることを確信しています」

「2020年に発表されたビヨンド100戦略では、ベントレーが持続可能なラグジュアリーモビリティの先駆者となるための道筋が示されています。ベントレーは、2030年までにエンドツーエンドでカーボンニュートラルを目指すことを表明した業界初の企業であり、ラグジュアリーカー業界において、プラグイン電気自動車を始めて導入し、ベントレーの工場は4年連続でカーボンニュートラル認証を受けた高級車工場であり、自然に対するプラスチックのネットゼロ認証を取得した最初の企業です」

「しかし、ビヨンド100戦略は持続可能性だけではありません。ベントレーはまた、お客様やお客様が注文する400億通り以上のコンフィギュレーションが可能な車と同様、個性的で多様な従業員がいる、最も多様性に富んだラグジュアリーカーカンパニーになりたいと考えています」

「ベントレーは、あらゆる形態の偏見や差別を許しません。人種、年齢、性別、経歴、性的指向、国籍、民族性、精神的・身体的障害、信条にかかわらず、あらゆる形態のダイバーシティとインクルーシブを支援するために取り組んでいます」

「ベントレーのミッションはシンプルです。グローバルな顧客基盤を反映したビジネスを展開し、中でも、すべての従業員が安心して本来の自分を発揮できる環境で働けるようにすることです。このことは、豊かでインクルーシブな文化、つまり、バックグラウンドに関係なく、誰もが自分の可能性を最大限に発揮できるようにサポートされる文化こそが、次の100年に向けてベントレーを前進させるのに役立つという理念を反映しています」







トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58290/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ