キャデラック セレスティックはアメリカ的なラグジュアリーEVの方向性を打ち出した



これが市販仕様のキャデラック セレスティックだ。そして、出だしのたった一文で、すでにいくつかのことをクリアにしておく必要があると感じている。セレスティックは、完全なハンドビルドでカスタマイズされ、その贅沢さはまるで「華麗なるギャツビー」のようだ。そして第二に、このことはむしろ、電動高級車の設計と開発を終えたばかりの別の自動車メーカーを思い起こさせる。そこで、この記事では、部屋の中のモノグラムの象の名前をチェックすることなく見て見ぬふりで、全力を尽くしたいと思う。

そのためには、まずこの写真に写っている巨大で細長い象から始めるのが合理的だろう。私たちの名前は「マルチェロ」で始まり「ガンディーニ」で終わらないので、絶対的な判断は留保するのだが、セレスティックのフォルムには何かある、おそらく背面から突き出ている部分が、全体の効果をどこか狂わせている、とだけ言っておこう。

とはいえ、その効果はかなりのものだ。というのも、平均的なスクールバスのホイールベースに、巨大なファストバックのカムテール4ドアが乗っていて、パネルもホイールも意図的にアルミニウムで鍛造されているから。まあ、アメリカ製だからアルミなんだろうけど、実際の効果はだいたい似たようなものだろう。

さて、「意図的に成形した」というのは、プレスリリースのパクリではなく、キャデはセレスティックの作り方を少し工夫しているのだそうだ。一言でいえば 巨大で複雑なアルミニウムの鋳造である。一般的な自動車の30倍から40倍の数のプレス部品が必要だが、セレスティックのアンダーボディ全体を作るには、6個のアルミ鋳造部品があれば十分だ。

より少なく、より大きな部品を使うことで、セレスティックの製造に必要な溶接や接合にかかる時間を短縮することができる。エネルギーやエポキシ樹脂の使用量も削減でき、クルマを製造する人にも環境にも良いことだ。

また、構造的な剛性を高めることで、サスペンションのコンプライアンスを高めつつ、車体のコントロール性を維持することができる。セレスティックの111kWhバッテリーパックのシェルは、スーパーカーやバイクのように、エンジンやギアボックスのケーシングを応力部材として使用する「構造要素」を形成し、剛性を高めている。

つまり、EVに求められるように、セレスティックの足回りは、車軸の間にバッテリー、前後車軸の中心線上に電気モーターを配置したEVおなじみの「スケートボード」になっているのだ。可動部をほとんど捨てると、パッケージングがいかに簡単になるかに驚かされる。

キャデラックはまだ正式な出力とトルクの数字を発表していないが、おおよそ600bhpと868Nmとされており、必要量の2倍に相当するように感じられる。これは、必要量の2倍に相当する。また、「ラグジュアリー」というコンセプトの真価が発揮されたようにも感じられる。いずれにせよ、停止状態から「すみません、おまわりさん」まで、4秒のダッシュ力が期待される。最高速度については、キャデラックは記載していないが、同じようにパワフルで2.3トンのポルシェ タイカン GTSは249km/hに制限されているので、キャデラックがどの数字を選びたいかということになる。

ハンドリングの面では、セレスティクがどちらに傾いているかを見分けるのは難しいことではない。フロントとリアの5リンクアダプティブエアサスペンションに、マグネティックライドコントロール、アクティブリアステアリング、アクティブロールコントロールを組み合わせれば、文字どおり、大きく傾くことはないだろう。しかし、この大きなキャデラックが、キャデラックの壮大な伝統に則って、快適性を重視していることは明らかだ。タイヤも「乗り心地を重視」したもので、18PSIで走らせることができたが、キャデラックはもっと考えているようだ。

インテリアでは、映画館よりも多くのスクリーンが用意され、まるで「Her」や「マトリックス」のようなSFのシナリオに向かって突き進むような接続性を実現していることに驚くこともないだろう。しかし、インテリア全体の目玉は、a)厳密には外観だが、b)絶対的に巨大なスマートガラスの屋根だ。これは「世界最大の自動車用ガラス」だそうで、赤外線を反射して直射日光の下でも車内の温度を快適に保つことができるほか、4つの独立したエレクトロクロミックセクションがあり、乗客がそれぞれ好きなようにシートを明るくしたり暗くしたりすることができる。

しかし、それでも文句を言いたくなったときのために、AKGの38スピーカーシステムが用意されている。AKGのヘッドホンを数十年使っていると、その19倍のスピーカーで何ができるのか、という好奇心が湧いてくる。

セレスティックの生産開始は2023年末の予定なので、この好奇心はしばらく後回しにせざるを得ない。その場合でも、カスタムオーダーとなり、気まぐれや決断、空想癖のある購入者を、30万ドル(4,400万円)の基本価格と聞いたら、さらに遠ざけることになる。まるでロールス・ロイスのような話だが…。



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「キャデラックが(その価格帯で競争しようと)努力しているという事実は、認識され、称賛される必要があると思う。
正直なところ、あなた (または私) がそれを選択するかどうかは問題ではない。何をするかは、彼らが十分な数の人々がそうすると信じているという事実だ。これにより、これは一般的にはるかにエキサイティングな (そして希望に満ちた) コンセプトになる。
キャデラックは長い間「Halo」車を持っていなかった。最後に振り返ってみると、それは2人乗りのスポーツカーでした.そのことは、実際には「キャデラック」ではなかった。 CT6 は言うまでもなく、故障した Blackwing エンジンを搭載していたため、さらに悪化したんだ。
これについてエキサイティングなのは、それが私たちに伝えていることだ。トリクルダウンは贅沢なものになるだろうし、それを(彼らがスーパーサルーンを作るときに達成した否定できない事実の1つだ)彼らの絶対に驚くべきシャシーに加えれば、それは素晴らしいものになるだろう 🙏」
「おお。ああ、神様」
「おなじみのスケートボードデザインで、EVメーカー初のルーフライニングにバッテリーを搭載するのを待っている」
「Luxo-barges(豪華だけど燃費の悪いクルマ)というものは決して優れたものではない。ましてや、それをEVにすることは、それらを悪化させるだけだし」
↑「今まで見た中で最も無知なコメントだ。 「Luxo-barges」は、滑らかで、ヨットのように、完全に静かになるように意図的に作られている。これこそまさにEVの強みだ。
逆に、意味をなさないのは、EV パワートレインを搭載したすべてのスポーツカーだ。軽量で機敏に設計されているため (コンポーネントへのストレスが少なくなる)、減速、方向転換、安価な消耗品の使用が容易になる。したがって、それらに文字通り大量の重量を追加することは、バカバカしいんだ」
↑「彼らは高級SUVよりもはるかに優れている、それは確か」
「むくんだ、あのリアライト?醜い!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/55103/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ